« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/21

のんびり小ピークを

110121011101210211012103 なんだか最近寒さが身にしみて朝がツライ(笑)
でもこんなときのために8時過ぎに家を出ても行けるコースをとっといたのだ。
 
まずはあの鉄塔目指していくど~!!<1>
 
小1時間後、鉄塔直下に。直下ってなかなか入れないよね?<2>
 
 
110121041101210511012106 尾根を登る作業道をたどってゆくと巨木の下に崩れた祠が・・・・・・そっと手を合わせた。
 
611m峰を越え<3>、700m圏を過ぎ、西へ巻いていく作業道を見捨てて尾根をあがってゆくと小広い場所にでた。キモチいい!!<4>
 
そのまま上がってゆくと登山道にぶつかり、正面に三ノ戸山頂上が見える。
 
 
110121071101210811012109 見た目以上に登りづらい急斜面をこなして三ノ戸山809mにて昼食。<5>
 
早茹でフェットチーネにミートソースというお手軽メニューだ。せめてパルメジャーノは奮発ね。
 
エネルギー満タンで北に向かって赤久奈山923mへ。霜柱が落ち葉を持ち上げていた。<6>
 
 
110121101101211111012112 赤久奈山からの帰りは陽も低くなって色調が変わってきた。のんびり尾根上の登山道を歩く。
 
途中、古里駅への道を分けたあと、登山道を離れてズマド山へ向かう。北峰<7>から急坂をくだって三角点のある南峰<8>へ登り返す。植林に囲まれて展望はないピークだった。がっくし。
 
そこからずるずる滑る急坂を南東におりて登山道に合流<9>し、川井へと降った<10>
 
 
狭いエリアの小ピークをいくつも連ねて歩いてきたので解説風に書いてみました~。地図を追っていくのも面白いでしょ?

| | コメント (0)

2011/01/16

雪でてんやわんや?

110116011101160211011603 今日は初詣クラブツーリングだった。目指すは那珂湊だ。
 
ところが大泉から外環道に乗ると「草加~三郷チェーン規制」だの「トンネル出口ユキ」だの脅しをかけてきた。
 
トンネルって和光のトンネルか!?と怪しむがずっとドライだし快晴だし、ともかく双方向から入れる新倉PAに入って、対向からきたトラックやバスの運転手さんに話を聞いてみると、曰く「常磐道は吹雪みたいだった」、曰く「外環はもう走れるんじゃ・・・」
 
いずれにせよ雪雲は過ぎてるのだから融ければってことか・・・・と走り始めると、草加から東は確かに濡れてる。スリップしてガードレールに刺さってるクルマも複数いた。出口ランプでメットをはずしてコッチを見てるライダー数名もいたけど、ランプを降りる日陰のスロープでクルマが立ち往生してる気配で、そんなら本線走ってたほうがよっぽど安全じゃんか!!
 
果たして集合地の守谷SAでは4台の先行メンバーが待っていた。
 
 
110116041101160511011606 ともかく集まったメンバーで出発だ。そこからUターンして帰ろうにも上り車線はまだ日陰で真っ白だしね。
 
常磐道も全線チェーン規制がかかっていたけど、実際には濡れてるだけ。恐らく管理車輌が改めて走って確認しないと規制解除もできないのだろう。
 
手足凍らせながら北上して那珂湊へ。その街中のほうが危なかった。日陰の融け残りと、雪かきで車道に投げた雪が。
 
 
110116071101160811011609 食事は、観光市場のゴミゴミ感を避けて外の久楽という店に入ってみた。
 
皆さんが特選海鮮丼を頼むなか、目光のフライに心奪われてしまい定食をオーダー。返す刀でメゴチ天丼もオーダー!
 
ちなみに、僕のダブルオーダーに気づいた店主らしき方が、重複してしまう小鉢とデザートをわざわざ差し替えてくださった。こちらは承知の上でダブルオーダーしてるのに・・・・・・ダブルオーダーが多い僕だが、こういう例は初めてだった。そんな細やかなことされちゃうとまた来なきゃ~と思うべな。
 
おなかいっぱい、干物も買って帰路につく。バイクは融雪剤で真っ白だ。
 
ハプニング含みの雪見ツーリング、寒かったがオモロかった!

| | コメント (4)

2011/01/14

こっそり回ってます

0102 今年初になる中華そばみたかに行ってきた。まずは裏メニューの油ワンタンからスタートした。ちなみに油そば・油ワンタンを頼むと、食後ドンブリに残ったタレにスープを注いでくれる。
 
・・・で、去年気づいたのは
残った少しのタレに多めのスープを注いでもらうと、いつも食べるラーメンよりもかなり薄めの味になり、実はベースになるスープがめっちゃうまいことがわかるのだ。
 
実はうまいという書き方はプロに対してまったくもって失礼なんだけど、江ぐちのころからドンブリにザーッと化学調味料(ファンは魔法の白い粉なんて愛をこめて言っていた)をぶちこむ様子から、僕もスープはそれなりだんべと思っていたのだ。いや申し訳ないことで。
 
 
0405 先日、体感アーティスト立松さんが上野の大道芸の帰りに店に寄ってくださった。
画像のごとく40kgの荷物満載で毎日国立と上野間を往復してるのだけど、リアのリムがブレーキで減ってしまって穴が開いたので交換してきたとスゴイ話をされる。 年間走行距離はだいたい12000kmだって・・・・・・
 
その朝の通勤はシューズカバーつけて靴下ダブルにしても足先が凍ったようになってしまったので、さて立松さんはどうしてるのかな?と見てみると、なんとサンダルだった!!(サンダルといっても自転車用なのでビンデイング付きだ)
 
毛糸靴下を重ねてるとおっしゃってたけど、そんなの風を通すでしょ~~!!相当冷たいはずだ。いや~驚いた。ちなみに国立の一軒家在住の立松さんは自宅で冷暖房を一切使っていない。それも驚くよね。
 
 
110114011101140211011403 そして今日、第三京浜保土ヶ谷PAに飛び込むと、メーターが99996kmを指してる。おっともうすぐだね。
 
でもその後、横浜新道から横横道路へと分岐合流を繰り返すうちに、僕が気づかないままメーターはこっそりと10万kmを越えていた。左端のゼロは20年くらい前にイチに座を譲って以来のお出ましだ。そして今日三浦の浜でひさびさの陽光を浴びている。
 
三浦海岸では「漁火亭」へ。
あいかわらず気配を隠した店で、やってるのかどうかわからない。気配がないのに地元のヒトやタクシーの運ちゃんが次から次へと入ってくるのがココのすごいとこだ。刺身定食(大)750円とシコイワシ唐揚げ(小)250円を完食するまで10分ちょいの悦楽に浸る。
 
 
110114041101140511011406 午後は魚を買いに三崎へ移動。三崎では1本裏に入ったとこにある「まるいち」がお勧めだ。
 
三崎には大規模な産直センターもあって人の流れはそっちに行くけど、鮮魚を買うならやっぱし元気のいい小売店で買うのがよろし。
 
最後に町田の「ばろんどーるカフェ」に寄った。今日もおいしいエスプレッソをいただく。
 
ちなみにばろんどーる店主のKさんは、昨年なんとT3カリフォルニアを手に入れてしまった!! もともとオフロード大好きなのでメットがご覧の通りだ。マイナーなモトグッチのマイナーなカリフォルニアにオフロードのメットで乗るという超マイノリティーの偉業を成し遂げられた(笑)
   
どうも最近個性的な知り合いが多い(笑)

| | コメント (0)

2011/01/06

雪景色満喫 (天狗岳 2)

110104011101040211010403 夜中のうちに雲がかかったようだ。
 
小屋の朝食は6時、食後準備を終えて玄関におりると単独の方が2人出発したあとだった。 これから登ろうという方も陽射し待ちのつもりかノンビリ構えてるので「お先に~」と出発した。ときに-12℃。 雪質はよく、グリップがいい。アイゼンなくてもいけるぐらいだった。
 
 
110104041101040511010406 「徐々に冬型が強まる」という予報だったが、幸いたいしたことはない。
 
それでも稜線では一定に吹き付ける西風が、そよ風とは言いながら肌刺す冷たさだ。
 
東天狗の特徴である突起「天狗の鼻」の西側、夏も巻き道を無視してまっすぐ岩場に取り付いたが、今回もついつい素直にまっすぐ取り付いてしまう。(ただキケンが危ないので今回は途中から巻き道に降りた) 
 
 
110104071101040811010409 8:30、5ヶ月ぶりにやってきた天狗岳・・・・・・やっぱり冬景色は格別だ。先行の方は登る途中ですれ違ったので頂上独り占め♪
 
遠景は御嶽山・浅間山が特にキレイだった。北アルプスは槍の穂先だけが見えない。
 
お隣の西天狗が「往復40分だよん」と誘ってる・・・・・・が(何時のバスに乗るか)と葛藤しながらとりあえず降りることにする。
 
 
110104101101041111010412 降り始めると皮肉なもので上空の雲が切れて光が強くなってきた。
 
(あちゃ~もうちょっと上にいればよかったかにゃ?)と後悔しかけたが、天狗の奥庭に広がる白い原生林が輝いてるのを見たら満足~。
 
 
110104131101041411010415 もうここを降りたら見えなくなるというところで天狗岳を振り返る。
 
さて、樹林帯に入って中山峠に向かいながらまだ葛藤してるのは(11:35のバスか14:55のバスか?)だ。JRのUターン混雑がイヤなので午前のバスに乗りたいが、間に合わないと温泉があるとはいえ3時間の時間潰しをしなきゃならない。だったら中山かニュウに寄り道するか?
 
 
11010416_21101041711010418 結局降る(帰巣本能、泣)
 
黒百合ヒュッテの前のベンチで装備を仕舞いながら黒パンをモグモグ。これはリトルバイリトルさんで行動食用にフルーツ&ナッツを多めに焼いてもらったSPなのだ!カットしといてポケットに忍ばせておくのだけど、ジプロックとかに入れればいいのに、乾燥ラーメンの具の空き袋に入れてたりして・・・・・・ちょっとカッコ悪い。
 
黒百合平から渋の湯バス停までは50分、無事間に合った。
50分で降りられたのは路面状況がよかったからで、いつもそうはいかないだろう。夏ならまずムリだ。ともかく2日間いろんな条件に恵まれたな。コンデイションよすぎ(ゼイタクな弁だけど)
 
順調な行程の中で、唯一の失敗といえば・・・・・・
帰り電車待ちの茅野駅前のラーメン屋でオーダーに迷ったあげく、いかにも八ヶ岳帰りですという姿で「八ヶ岳ラーメン」というメニューを注文するという、なんだか恥ずかしい態に陥ってしまったことか。 
 
ベタすぎるだろ 

| | コメント (0)

2011/01/05

雪山で聞く天空の音楽 (天狗岳1)

110103011101030211010303  3日、八ヶ岳の登山口の一つ、渋の湯にバスで到着。8月にはカリフォルニアでやってきたが、今はムリ~。
 
黒百合平へ向けて歩き出す。クリスマス前は雪が無くて凍結状態だったらしいが、年末までの雪で歩きやすくなった。雪の巨人に囲まれて、テントを背負ってた夏より短い2時間で到着する。
 
 
110103041101030511010306 時間に余裕があるので山小屋をスルーして中山峠を北に少し登り、天狗岳を見に行く。 
 
このころは雲に覆われて、風も冷たい、耳も痛い。いつものパターンならここでエスプレッソを淹れ始めるところだけど、20分もジッとしてたら寒くてしゃ~ないので撤退~。
 
 
110103071101030811010309 黒百合ヒュッテは1000円増しで個室を使えるのでゼイタクした。ヒト嫌いのつもりはないんだけど、やっぱり好き勝手にできる空間が必要みたい・・・(笑)
 
ちなみに個室は火の気がないのだけど、厨房の上にあるせいかやけに暖かく、寝るのもアンダーウェアだけで羽毛かけ布団1枚で済んだ。
 
 
110103101101031111010312 ヒュッテのご飯は正月バージョン!

7時からは正月イベントのフォルクローレのコンサートがあった。このコンサートはケーナ奏者長岡竜介さんが30年前八ヶ岳縦走中に黒百合ヒュッテに泊まったことを契機に始まったそうだ。

ケーナ・チャランゴ・サンポーニャ・・・よかった。短めのケーナ2本を使った曲は、なんだかジワッと涙が出そうになって焦る・・・・コンサートが終わって、タバコを吸いたい数人とともに外へ出てみると風も無く満天の星だ。雪をかぶったシラビソの原生林もシンと静まりかえっている。この無音の世界に天空の音楽が溶けていったんだなあ・・・・。

と、しみじみ感じいってみたが、無風とはいえ-12℃・・・そそくさと暖炉のそばへ戻ったのであった。

| | コメント (0)

2011/01/02

1月

1101020111010202 元日の朝は4時帰りになってしまったので、とてものこと走れず、今朝ようやくひとっ走りしてきた。
 
定点けやきは10時ころのもの。まだこのとき人通りはほとんどない。神明社には地元のごくわずかな方がポツリポツリ参拝されてる。
 
 
 
 
110102031101020411010205 小金井公園の定点。
 
1日なら恒例の小金井マラソンをやってて賑やかだが、今日走る人は少ない。
 
広場では家族連れが凧揚げをしてる。風が無いから全然上がらないけど・・・・・・・
 
ユーカリの旦那にも新年のご挨拶。
 
 
1101020611010207  井の頭公園定点。
スワンボートがたくさん出ている。日差しが暖かく、のんびり散歩の人が多い。
 
池の弁天様もパラパラと人がくる程度でとっても平和だ。吉祥寺のお参りはやはり八幡さまのほうが人気あるようだ。
 
 
 
1101020811010209  お地蔵さまにもご挨拶。
 
ちょっぴり正月っぽいお供えが。
 
でもこのハットは誰が置いたん??(笑)
なにげに似合ってるけど・・・。

| | コメント (0)

2011/01/01

新年

010101
 
 
「勧酒」 干武陵

君に勧む 金屈巵

満酌 辞すべからず

花発いて風雨多く

人生別離に足つ


「勧 酒」 井伏鱒二 訳

コノサカヅキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトエモアルゾ

“サヨナラ”ダケガ人生ダ



正月を迎える前にスラックスがキツくなってしまったmassiです

みなさん今年もよろしくです!コノサカヅキヲ・・・・もいつも通りです

今年もあれこれ頑張ってみます

皆さんもよき時、よき日を過ごせますように
 
010102

| | コメント (2)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »