« ひさびさの至福 | トップページ | 朝酒会オフ会 »

2010/10/30

赤指尾根敗退

101029001101029002101029003   いつも雲取山や七つ石の帰りに気になりつつ歩いてないのが赤指尾根(あかざす)のルートだ。今日は下から行ってみることにした。

情報を集めると深山橋のさきにある25000地形図の破線は現在は使われていないのだとか。そこでまた別のルートから入ってゆく。最初ははっきりした道があった。
 
 
101029011010290210102903 道形は明瞭だが、倒木が多くなる。どの道も倒木はあるが、ここのはまったく整理されていない。誰も歩いてないのかな?

赤指の支尾根の南斜面をななめに登ってゆくと沢にあたった。狙っているルートは外してないようだ。だけど沢にかかる木橋は崩れてるうえに朝までの雨でヤバそう。おまけに橋の手前の倒木がやっかいなので、足場がありそうなので橋の下を渡る。やれやれだ。
 
 
101029041010290510102906 最初に迷った分岐はセオリー通り上の踏み跡を追う。枝が多い倒木をやっと越えたらその先の雰囲気が怪しくなって、また倒木を越えて下の道に戻る。(あとから思えばこのルートが正解)

下の道はしっかりしてたが、やがて倒木が大挙して待ち構えていた。ウソ~ン!(笑)
倒木下面には苔が生え、古いもののようだ。てことはここは廃道か・・・・。

その後、薄い踏み跡を左にわけたあと高修寺らしきものが先に見えたのだけど、ヤブと急斜面で道すら消えた。
 
 
101029071010290810102909 先の薄い踏み跡に戻って登ってみたが、これまた廃屋のトタン屋根のうえをグスグス歩くはめになったり・・・・・・だけど高修寺や廃屋があるのだから、地形図のルートは生きてるのでは???

ザレた斜面を登り植林に接すると、ようやく981m峰の北の鞍部が明るく見えてきた。最後の急斜面を気合で登って赤指尾根にたどり着いた。

三等三角点のある尾平山まで1時間半と見積もってたのに2時間半かかってしまった。腹もペコペコである。タイ産スープカレーに冷凍チキンと湯で戻したほしいいをブチこんで食す。
 
 
101029101010291110102912 食べてるあいだもガスが昇ってきては流れてゆく。静かで気持ちいい。じっとしてるとさすがに寒い季節になった。

おなかいっぱい。午前の2時間で歩きのほうもおなかいっぱい(笑)
ほんとうは赤指山まで行って峰集落に降りるつもりだったのを、半分以上残して降りることにした。

静かな尾根歩きを少し味わう。途中、バキバキドスン!という音が聞こえたのは熊棚から熊が落ちた音?と以後は上も見て歩く。そして尾平山の北西にある1104m峰から急な支尾根を留浦(とずら)へ降りた。

結局1500m四方のなかを歩いただけでおなかいっぱい(笑)
また攻めてやる!!

|

« ひさびさの至福 | トップページ | 朝酒会オフ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひさびさの至福 | トップページ | 朝酒会オフ会 »