« イタメシ~音楽~山靴 | トップページ | ひさびさの至福 »

2010/10/16

久々のルマンで廃校など見にゆく

101015011010150210101503 また八ヶ岳のまわりをウロチョロしてる。

以前、天狗岳の帰り道に静かな小さな池を見つけた。「これは秋になったら写真撮りにこよう」と狙ってたのだけど。狙いすぎるとダメだね、下界が晴れてても山に近づくと雲が分厚くなったり・・・・ 紅葉もまだ部分的だったし。

1時間ほど粘ってから、腹の虫の命ずるままに40km。杖突峠を越えて高遠へ走った。
 
 
101015041010150510101506 某ピアノバーの常連さん、サウンズラボのOさんから教えていただいた「ますや」に入る。

まずは高遠そば。焼き味噌をそばつゆで溶いて、大根おろしとネギを投入。味噌と蕎麦の共演は病みつきレベルの美味しさだった。ちなみに1人前にザルが2枚出る。

超粗引き十割の「抜き」も1枚いただいた。ほんのり緑色で薫り高い!!ツブツブ感としっかりした歯ごたえ。こちらは箸の先に藻塩をチョンとつけてから食べる。あぁ・・・・・あぁ・・・・・うまし。
 
高遠からまっすぐ戻らず、芝平へ抜ける道に向かう。
 
 
101015071010150810101509  芝平(シビラ)はかつて一度廃村になった。その象徴として廃校になった三義小学校芝平分校が残る。先のOさんやピアノマスターがここで様々なアーテイストを集めて野営をしたりするらしい。ジャズ・オペラ・バレエといろんなひとびとが一夜を共にする。
僕も誘っていただいたけど休日が合わないしアーテイストじゃないし(笑)

ちなみに廃村と決定されると行政はライフラインの整備を完全にストップするので荒廃も一気に進んでしまうのだそうで、しかも地図から地名も消えるらしい。寂しい徹底ぶりだ。
でも今日もログハウスを建ててたり、どうやら人が戻ってきて電気も来るようになったらしい。赤カブとすれ違ったので郵便も来るようだ。
 
行ってみたらほんとに何にも無くってイイとこだった。あそこでも生活が成り立つという羨ましい人はぜひ住んだらいい。そういう人はあそこの静けさを壊すほど多くないだろうから。
 
芝平から先、芝平峠までの3~4kmはダートだった。
まあ登りならルマンでもイケるだろうと突入。いちおう、前にルマンで川上村から登った大弛峠よりひどくなければ大丈夫だろうという基準がある。アレはずいぶんひどかったが(笑)
 
 
1010151010101511 芝平峠から杖突峠まで雰囲気のいい林道を走り、杖突峠の茶屋から八ヶ岳を眺める。これは今年入手した畦地梅太郎さんの版画「杖突峠」に通じる眺めだ。
 
最後は小淵沢駅まで走り、予約しておいた駅弁をゲット!
 
一度買いそこねたので恥ずかしながら予約した(笑)
「元気甲斐」は2段重ねの豪華版でありながら1300円。昔テレビ番組で開発したものを値上げせずに作り続けているらしい。
 
「うまい甲斐」は甘い馬肉が載って950円。お上品なあじわいの元気甲斐よりも僕はこっちのほうが好みです。それになんつってもガツガツいけるしビールにも合うしネ!

|

« イタメシ~音楽~山靴 | トップページ | ひさびさの至福 »

コメント

massiさん、毎度です!

こないだアフリカツインで初めて走った「杖突峠」を思い出して、
突発的なコメントです。。。。

massiさんの愛機ルマンの画像を見ていたら、
往年の「HONDA スーパーホーク系」との面影とダブり、
懐かしさがこみあげてきましたよ。

何処の国のメーカーであれ、
昔のバイクにはウットリするくらいの美しさが感じられますね。

そういう意味もあってか、
私も愛車とのツーショットは滅多に写真に撮りません。

オッサンは写真映りが良くないんで・・・・(笑)

投稿: 富山の兄弟 | 2010/10/16 21:55

富山の兄弟さん、お晩です!

芝平峠から杖突峠に向けて走ってたら千代田湖に出て、「あれ?これ最近どっかで聞いたことあるよな?」って・・・・・帰ってからブログチェックしてナットク(笑)

ホーク、懐かしいですね♪
高校のとき友達がホーク(ホーク2だったかも)の写真を授業中眺めててみつかったんですが、先生が「オレはオマエの担任じゃないから忘れてやる。仕舞え」と言ったのを思い出しました。

そうそう、僕らオッサンは写真に写らないでおきましょう!(笑)

投稿: massi | 2010/10/18 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタメシ~音楽~山靴 | トップページ | ひさびさの至福 »