« 来年の話で鬼に笑ってもらおう | トップページ | 宇都宮餃子 »

2010/09/18

ひさびさに奥多摩、七つ石山

100917011009170210091703 あまりに暑くて足が向かなかった奥多摩。ひさびさに登るのは七つ石山だ。今回は登り尾根という名の尾根を登る。
 
取り付いてすぐ祠があった。地面はやわらかく、ほとんど踏まれていない感じだが、メインルートだった時代もあるのだろうか?
 
尾根をたどってゆくので急登もあり、大柄な僕はかがんだりしゃがんだりしないと抜けられない箇所もありだ。やがて1054m、小袖山には山名標があった。
 
 
100917041009170510091706   一応1本道の尾根なのだが西に東にと首をふる。なのでコンパスと高度計を見ながら進む。
 
1274m峰は、あとから「やっぱりアレだったのか」と追認。

1200m圏にあがるとカモシカもシカもいた。カモシカがそそくさと立ち去ったあとを見たら何か倒木をかじってたらしい。樹皮がなくて解らないが水分を含んで柔らかい(ブナかな?)。美味いのかなあ?イヤな匂いもないのでかじってみようかと思ったが・・・。
 
 
1009170710091708_210091709 その後も「どこを通るの・・・」倒木にふさがれて大きく巻いたり、地形図にないコブも多くアップダウンが続いたが、キレイな広尾根もあり静かでいいルートだ。
 
ルートのさいごは堂所で一般登山道に合流。こちらなら2時間15分かかるのを3時間30分かかった。わりと消耗したが、まだここから七つ石山頂までは高度差500m。高尾山に登るくらい・・・・・ナハハ。
 
 
100917101009171110091712   途中、ご神体の巨岩を背負った七つ石神社にお参り。将門伝説にかかわる巨岩が7つ並んでるので山名がついたという。
 
いまでも修験の方が来られるようでお札が納められていた。古は今日通った登り尾根を歩いたのだろうか?ちなみにここでも神様の僕べは山犬らしい。
 
 
100917131009171410091715    ちょうど5時間で七つ石山頂に到着!休まず歩き続けたので終盤はけっこうキツかった~。

エスプレッソを淹れて大休止。三鷹台のパン屋リトルバイリトルでいつもの黒パンがなかったので、ギッシリ系のパンを3種類選んで買ってきた。途中もこれをかじりながら歩き続けてたのだ。クランベリー入りのが甘くて美味かったナ。
 
 
100917161009171710091718   降りは一般登山道をゆく。登りルートのアップダウンが続くタフさとは比べ物にならない整備された道だ。(あ~あ、単調でつまらないな)とチラッと思うが、朝のルートを通る体力はもはや残されてない・・・(笑)

ちなみにちょっぴり紅葉も。主に落ち葉だけどね。
 
奥多摩駅に戻って、「天益」というお店に入った。実はたまたま知り合った方に教えてもらったのだ。 17:40、すでに常連さん3人が盛り上がっていた。手作り餃子を食べながら話を聞く。
 
今年は熊が多いらしい。多いっても熊は繁殖に時間がかかるのでシカみたいに増えない。だから多いというのは出没が、だ。いつもいく豆腐屋さんでも、この餃子屋さんでも、鶏を盗りにきたツキノワグマの話が出た。奥多摩のちょっとした話題になってるようだ。

去年はどんぐりが豊作だったのに今年はさっぱりなんだって・・・・。だからクマが里に下りてきてるという。1年でこうも変わる、自然の難しさだ。
 
電車の時間を見ておいとました。家に帰ったらカラダのあちこちから小枝や葉っぱが出てきた。


注意::
今回のルートは一般に登山道として使われていないルートですので、参考にならないように詳報しないよう書いてます。ですからこの記事を難易度の基準にせず入山にあたってはご自分の判断・責任のうえでお願いします。

|

« 来年の話で鬼に笑ってもらおう | トップページ | 宇都宮餃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年の話で鬼に笑ってもらおう | トップページ | 宇都宮餃子 »