« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/27

ハゼにふられて食べ歩きダ

釣り友meimeiさんが金曜休みをとってくれたので夏ハゼ釣りに月島へでかけた。えーどえーどの大江戸線にゆられて、まず降り立ったのは勝どきである。
 
100827011008270210082703 干潮前の昼に到着、いつもならここでまず「月よし」に行くところだが、meimeiさんに「たまには開拓せい」と言われて「池のや」というお店をみつけておいた。
 
今日のおすすめ、「ばらちらし&アジフライ」である。僕のは大盛りで900円だ。
ばらちらし・・・・・・・手を抜けちゃいそうなメニューだが、ここのはなかなか美味しかった。酢飯だし・・・(いや、ちらしなのに酢飯じゃない店もあるのよ) 
 
そしてアジフライも美味かった。2番だ!!(低所得者の狭い見識のなかでだけどネ!笑)  真鶴の福浦食堂のアジフライにはおよばないが、新鮮なアジを使ってて旨い。
 
 
100827041008270510082706 お腹いっぱい大満足で釣り場に向かった。月島川である。(島の中に川???ってこれは運河です)
 
橋の上からパッと見渡して誰も釣っていないのが気にはなってたんだけど、いざ始めてみると生体反応がまったくない。昨年の悪夢が頭をよぎる・・・・・・・・・大の男が2人でデキハゼを2尾だけ釣ったアノ日を・・・・・いかんいかん!!そうはさせじと佃島へ中移動をかけてみるもやっぱし・・・・「本日の釣果ゼロ」ゼロです。零、ぜろなのです。
 
誰にでも釣れるからバカハゼとまでいわれる夏ハゼにバカにされてしまった。2年連続で。
 
まあこういうことがあるので(多いので?)ブログ上で釣りのことを偉そうに語ったりしない、うっかり釣れたときはお魚さん達の好意の証しと、きわめて謙虚に生きているわけなのです。なにも僕みずから謙虚な姿勢をとらなくとも、謙虚すぎる釣果が一目瞭然なので腕前がバレバレなのだが(笑)
 
その後、あまりに釣れないので目的を散歩に変更。おかげで例のタワーを大川端から眺めることができた。あのタワーができたら東京タワーに登ろうゼ!と誓うmeimeiさんと僕なのであった。
 
 
100827071008270810082709 散歩の末、4時前に牛もつの「げんき」にたどりつく。
 
全部入りの「バージョン」550円からスタート。僕は「ふわ」が好き。肺である。meimeiさんはコーラを飲んでいる。もつとのコンビネーションはどうだったのだろう?
 
前にも書いたがここは飲み物持参の店、今日いた常連さんは焼酎一升瓶を持ってきていた(笑) 
 
 
100827101008271110082712 佃島では「天安」にも寄った。いつもの「あみ」に加え、久々だったのでちょっとゼイタクして「カツオ角」「たらこ」も買う。たらこは100g1200円だよ・・・・
 
それにしても熱々ご飯にあみをパラッとかけて・・・・・・
これは旨いものだ。 
 
はぜの佃煮も売ってたけど悔しいので買わなかった。

| | コメント (2)

2010/08/24

・・・・・を凝視しつつ咀嚼

仕事で向かった富士吉田、見えない富士に思いを馳せつつ仕事を片付ける。

ちょうど昼どき、吉田うどん探査の旅へ~
 
 

Cato7x4rCavpalfy  一軒目はちょっと穴場的な位置にある「ほり端うどん」だ。 大広間にあがり、伝票にオーダーを書き込みカウンターに渡す。

食べたのは「きんぴらうどん」、ハシゴするつもりなのについ習慣で大盛りをオーダーしてしまったあせあせ(飛び散る汗)450円也。
 
きんぴらと、どっさり入ったキャベツが甘く、練り唐辛子と織り成すハーモニー♪美味いっす。
 
 
 
Ca18lwhcCa9k9tt7 続いてクルマで5分移動「あんめ」へ。
妙な店名に地雷の予感・・・・4人かけテーブルにつく。

オーダーは「天ぷらうどん」こちらも450円也
「ほり端」より太くコシが強いうどん、おっ!天ぷらもバリッと美味いね♪すっきりしたツユで2杯めも完食は軽そう・・・・

と、モグモグ顔を上げると、さっきまでは気づかなかったが僕の目の前に明らかに男女のソレとわかるカタチの磨かれた木の根(?)が2つ並び、しめ縄がかけられている。記憶では高さ40cm幅70cmほどだっただろうか。

(???)
(張り紙があった)
子供が欲しいひとはなでてください。
 
生命の源、性器信仰は日本各地で見るけれど・・・・ナゼうどん屋さんで?(笑)

麺を食べる場面を想像してほしい。
ドンブリにかぶさり麺をすする、ほお張る。
「美味いっ」次は誰でも自然と顔をあげてモグモグするはずだ。

そこにおわすのは・・・・(笑)
ジッと見ながら、ほぼ無意識にモグモグ。

あれを背にして座っときゃ美味いうどんを2食食べたというだけの日だったのだが。
ひとネタ拾って帰ってこれてよかったと言うべきか。

| | コメント (0)

2010/08/20

おいしい昼ビールが飲みたくて

ずっと休日はフルに活動してて、うん今日は「みたか」でまったり昼ビールもいいナ♪
・・・・・でも食ってばかりのお盆が明けて、こんなことでいいのだろうか?

・・・・・そうか、朝ちゃんと走ってから「みたか」に行けば相殺できるよね!うんうん!今日の予報は曇りだし。

Casugsx9_2 てなわけで三鷹駅前「ファンタジーサロン・モナリザ」の看板に描かれた謎の女性と完全明朗前金制の字をを眺めながらのストレッチ。

そこから井の頭公園まで行って周回。いつもの通勤より1時間遅い井の公は学生ランナーと絵描きが多い。学生ランナーのペースにあおられて疲労が甚だしい。トボトボと再び三鷹に戻った11:10、「みたか」は4人待ちだ。11:25ころ着席。
 
 
Cam269ip席に着くと大将ハシモトさんがビールを出して目顔で「ですよね?」と語ってる。あはは、わかってらっしゃる、まずはビールとチャーシュー皿。

次にビールとたけのこ皿&半熟卵。黄身をタケノコにからめて食う。しあわせである。これでしあわせになれる自分がうれしい(笑)
 
 
 
Caztikjt_2 〆にもやしそば大。
 
近頃、久住さんの新しい江ぐち本が話題になってるが大将が見せてくれた。三鷹駅南口のコラルに行けばサイン本もある。

あとがきに、「ここはみたかで江ぐちではない。江ぐちの味を継承しつつみたかの味を作ってゆけばよい。」とあり、まったく同感。有名店を継ぐのは周囲もやかましく(暖かくもあり)、なにかと大変なものだと思う。
 
 
 
さあしかし、予報に反してお日様ギラギラだ!!
帰り道、熱射を浴びてmassiまさに倒れんとしたそのとき、目に飛び込んできたのはハモニカ常連Tさんの中華屋さんの暖簾・・・・・・。

Ca1sl1tq 「すいません、生中とチャーハンください」と三鷹を離れて15分足らず。

うまいビールは堪能したが
走った分はどっかに飛んでいっちゃったな・・・・

でも麺を食べたら米も食べとかないと栄養のバランスが悪いからな・・・・(笑)

| | コメント (4)

2010/08/16

東北の蕎麦有名店に行ってみる

100815011008150210081503 今回の旅は妙な先導車の後姿をながめるところから始まった。恒例のスコッチ研究会の夏合宿だ。Tさんと2人旅である。
 
東京から450km、山形の大石田町の「きよそば」に開店直後の11時過ぎに到着できた。
初代きよおばあちゃんが始めた10割り手打ちそばである。僕は板そば大盛り、まずは「お漬物をどうぞ」てことでポリポリしながら待つ。
 
表面がツルリとしたコシの強い蕎麦だった。サラッとしたツユはダシの香りが強い、上等な素麺のツユという感じ。ツルリといただけた。
 
 
100815041008150510081506 山形中心部にある「ふうき豆」の山田家を経由して、米沢の東の端にある笠松旅館へ。
 
床がゆがんでいたりするのが趣きあるところ。畳が膨らんでるのではない。床そのものが変形してるのだ。冬は長く雪に閉ざされてしまうので建物の傷みが大きいらしい。
 
その他、何度も紹介してるので割愛する。
翌朝、出発してしばらく行くと路上に猿の群れがくつろいでいた。ヘッドライト点けたオートバイくらいじゃ驚かないらしい・・・・。
 
 
100815071008150810081509 旅館から20分ほど走って米沢市内に入ると、もうヘルメットを脱いでモモなんぞ食べてる(笑)
 
いつも野菜などを買う店(田舎によくある総合食料品店&食堂)で「まあ休んでいきなさい」とご馳走してくださったりお土産持たせてくれたり・・・・。今年は果物のできがよいらしい。とても甘いモモだった。  小一時間してお孫さんたちに見送られ出発。
 
 
100815101008151110081512 喜多方を抜け、県道21・72・131号を走る。田んぼの中をドカンと走るこのルートは正解だった。120kmを2時間ほどで走り、大内宿に到着。
 
さっそくお目当ての「三澤屋」に行くと「1時間半ほどかかりますよ」とのことで番号が書かれた木札をもらって散策に出る。
 
画像はなるべくニンゲンが写らないように撮っているが、実際はヒトの波・・・・・。大内宿の建物群もそれぞれがなにかしらの商売をしている。まあ、しょうがないね。・・・・あ!道の途中で「大内宿あと3km、ここから2時間半」みたいな看板をみかけた。ピーク時はもっとスゴイのだろう。
 
 
100815131008151410081515 ころあいを見て「三澤屋」に戻る。実際には1時間10分後に席に通され、1時間半後にはお蕎麦をいただけた。
 
オーダーは「高遠そば」いわゆる「ねぎそば」だ。このねぎを箸代わりに蕎麦をたぐり、ときおり薬味としてかじる。ちなみに僕のは大盛り、Tさんの普通盛りと比べるとかなり差がある。
 
これはかなり好きな味だった。冷たいつゆにザブンと浸かっていて大根おろしと鰹節が乗っている。見た目勝負?と失礼なことを考えていたが、蕎麦もつゆも実に美味かった。最初甘く、かじり進むとツンと辛くなったねぎも、最後まで箸代わりに使って全部食べたゾ。
 
今回は940km、あれ?そんなに走ったのかな?と思うのはお盆休みの影響をほとんど感じなかったからだろうな。

| | コメント (2)

2010/08/12

有為転変

たとえば宿を探すのに、旅行雑誌を見てよさげな所に電話してみる。まだ僕がパソコンも持たぬ17~8年前、この方法でいやな思いをした夏があった。(ネットにさらされる今なら、旅行雑誌の情報と実態の乖離は少なくなっただろうか・・・・)

それからというもの、僕の宿探しはまず町役場等に電話して町のなんとかマップや民宿一覧を取り寄せることから始まるようになった。ある程度の洞察力と運に左右されるが、これで失敗しても悔いはない。
いや失敗どころか、1晩の宿をお世話になって以来、15年のお付き合いというところが2つあるのだ。
 

100812 そのうちの一つ、南房総市、僕がここに通う最大の動機が失われてしまったという報せが突然やってきた。そして急遽今日、いっしょにお世話になっていたTさん(モトグッチクラブ会長にしてスコッチ研究会会長)とともに南房総市に行ってきた。台風のせいで南風がびゅんびゅん吹いて海はねずみ色だった。

自然であれなんであれ、良いものがいつまでも変わらずにいてほしいと思うのは人情。それが人であれば我も彼も、いつまでも共に居てくれれば、ただ居続けてくれればどれだけ幸せだろう。

そんな想いにお構い無しに、風がなければたぷたぷと、風に吹かれたらざぶざぶと波は寄せているし、子猫はヒゲをひらひらさせながら遊んでいる。
まったくもう!!もちろん全く同じではあり得ないのだけど、変わりばえのない自然の営みにはかなわない。

| | コメント (0)

2010/08/10

漬物バー・・・・とは?

100810011008100210081003 吉祥寺ハモニカ横丁の漬物屋「清水屋」がようやく2階に漬物バーを開店させた。通りがかる度に4代目から進捗状況を教えていただいてたので気になってしょうがない。ましてや「漬物バー」とは?

ということで行ってきました。
「4328」と書いてシミズヤと読む。やや急な階段をあがると意外にもモノトーンな空間。イス席2席にカウンターに5人も立てばいっぱいだ。・・・・ので1階路上にもテーブルを出している。
 
 
100810041008100510081006 ドリンク・つまみともオール500円。チャージなし(ハモニカでチャージ取ったらうむむ!だが)。突き出し漬物はサービス。つまみはメニュー画像にあるとおり3つで全部注文してみた。すべておいしかった。

クラッカーに乗せるクリームチーズ・キムチが斬新!と、大根浅漬け?をマヨで和えて黒コショーで香り付けしたほうも新鮮だった。このクラッカーはお試しあれ。
 
 
 
1008100710081008 ついでに横丁の話題を2つ。

まず共同トイレが鍵付きになった。少し前より画像のごとく看板が出ていたのだが、ついに横丁の客でないと入れなくなった。
もとより人出が多いわりには公衆のトイレがあまり整備されてなかったし、駅ビルの工事で一つだけ存在した公衆トイレが閉鎖になったのが決定打だった。酔客の破壊もあったし、いち商店会には負担が大きかったのだ。さあ、総理を出した市としてはどうします?

もひとつ、なんかエビス(サッポロ)が太っ腹なことを始めたようだ。ハモニカの9店で2週間、エビス生が200円というキャンペーン。あれ?ポスターよく読まなかったけどもしかして最初の1杯だけかな?(いずれ確認)

店はポヨ、モスクワ、アヒル、てっちゃん、ハモニカキッチン、エイヒレ、とVICグループから6店。Dish、田楽山、と最近できたばかりのハモター酒場だ。ハモター酒場は看板がバイクのデザインで「ハモター」というのも「ハモニカモーターサイクル」の略らしい。バイク好きがいるのかいないのか、いろんな人が「行こ行こ」と誘ってくれるのだけど、僕は苦手。うま~く言えないけど知らないヒトとバイクの話とかするのが苦手なのかな?(←おいおいそれって!?笑)だから北海道にあると聞くライダーズハウス?とか信州のバイク好きオーナーの宿(イメージ)とかどうも苦手なんですよ。バイクでくくらず、まず「ひととなり」なのかも。

話がずれました。上記9店のうち、行く気がないのが4店あるのでプレゼントはもらえそうもない・・・・・・。

| | コメント (0)

2010/08/09

似て非なる・・・・(天狗岳2)

100807011008070210080703 土曜、5:30起床7:30出発。ガスがとれず時おり薄暗くなるなか、天狗岳を目指す。テングダケは東西2峰が並んだ双耳峰だ。

キノコはテングタケ、テングダケとは似て非なる相似名。

花はシナノオトギリ。朝露に濡れて鮮やか。
 
 
100807041008070510080706 天狗の鼻という岩峰が突き出る東天狗の頂上に到着。

東(画像右)から頻繁に雲が駆け上がってきて真っ白に包まれたり。

キノコはやはりテングタケ(ベニテングタケ、有毒)、しつこい?(笑)。
よく似たタマゴタケ(食用)らしきものもたくさんあったんだが、テングタケを見たあとだし、タマゴの殻も付いてないので確信が持てずにスルーしてしまった。
 
 
100807071008070810080709   東天狗から西天狗を眺める。その先は雲のじゅうたんだ。

次は東天狗から降りて鞍部から振り返ったところ。土曜とあって唐沢鉱泉からたくさんの人が上がってきていた。 
  
  
  
10080710_31008071110080712_2 西天狗山頂に来るとやっと雲が切れて赤岳まで見通せるように。

ちなみにトンボがやたらと飛んでいる。みなアキアカネかと思いきやよく見ると同サイズで黄色いのがたまに混じっている。のちに調べたらミヤマサナエというらしい。水平尾翼がカッコイイ。似てるようでもどこか違う。

さらに西尾根を降りてゆき、雲海に入って視界がない展望ポイントで昼食。ゆうべのチラシ寿司でイナリ寿司を仕込んでおいたのだ。油揚げも100円ショップだ。いつも牛乳パックをマナイタにしてるんだが、今回は弁当箱がわりに使ってみた・・・・良好。
 
 
 
10080713_210080714_210080715 唐沢鉱泉に降り、そこからひと尾根越えて渋の湯へ。そもそも唐沢からも黒百合平へ行けるのでここにバイクを置いておけばよかったのだが、積雪期に備えて通年バスが通じる渋の湯からのルートを確認しておきたかったのだ。

唐沢から渋の湯への道は、全行程でほとんどなかったなだらかな苔の道。なごんだ。

1時すぎ、カリフォルニアで帰路につく。道々眺めると、八ヶ岳の全貌がよっく見えた。西側の雲海も消えている。(いま登ってたら眺望サイコーだろうな)と思いつつ、それはそれ、これはこれ、同じ山でも似て非なる表情を見せるからイイんだろうな~。

| | コメント (0)

2010/08/07

あったかご飯に混ぜるだけ~~♪(天狗岳1)

10080601_21008060210080603 金曜、家からちょうど200km、八ヶ岳の東麓にある渋の湯に到着。小淵沢ICで降りて道の駅で食材を調達。その後走ったエコーラインは無法地・・・・いやいやキモチいい快走ルートだった。

渋御殿湯さんにカリフォルニアを預けて登山道へ。
湿度が高い。途中から雨まで降ってきた。
 
 
100806041008060510080606 3時間で黒百合平に到着。

テントを張り雨具を乾かす。が、そばの岩場を登ったり中山峠を見にいったりするうちに雲が押し寄せてくる。じきに雷が聞こえ始めて小雨がポツポツ降り始める。
 
 
100806071008060810080609 今回はひさびさに米を炊く。最初はエスプレッソなんか飲んで優雅だったのだが、すぐに激しい雨が降り始めた・・・・。激しい雨風に音は聞こえない、匂いはしない、あのう炊き加減がわからないんですけど・・・・。

まあ、それでもなんとか米は炊けた。で、登場するのが「すし太郎」ダ!!
あったかご飯に混ぜるだけなのである。トッピングに「鮭フレーク」を載せ、海苔しょうがネギなどが入った「麺ふりかけ」なるものをふりかける。全て100円ショップの買い物だ。最近、食材探しで100円ショップをウロウロするのが楽しい♪

あと、雨対策に簡易タープを作ってみた。100円ショップではないが大差ない価格のレジャーシート。ロープやペグのほうが高い。
 
 
100806101008061110080612 7時前に雨はやみ、遠く夕焼けも見ることができた。その後たらたらと飲んでいたが8時半ころ就寝・・・・zzzz。

眠りが深くなり浅くなりの繰り返しをしてるうちに、ジャスト2時、登山部学生(黄色いドームテント)が朝飯を作り始めた。おっとお早いね~、でもついでにトイレに出たおかげで満天の星にご対面だ。

例によって星が見えすぎて星座が判別できない悲しき都会人・・・。とりあえず撮りやすいとこを撮る(笑)。天の川も狙ってみたんだけどイマイチ(泣)

つづく

| | コメント (2)

2010/08/05

8月

10080401_21008040210080403 1日に寝坊したついでに条件のよい日を待って、今日ようやく8月に入る。
地元定点けやきは濃緑。先月まで無かった某コンビニの看板が写りこむ。まだ大きな変化の真っ只中だ。

今日は空が面白い。
遠く都心を越えて?千葉方面に積雲が・・・・・。そして南風に乗って雲(層積雲?)が流れてくる。雲の源はどこに?丹沢山塊?
 
 
100804041008040510080406 小金井公園定点は葉が重なっていくぶん涼しい。

ユーカリにとって蒸し暑いニホンの夏はどうなのだろう?
幹の皮が大量に剥がれ落ちている。自転車を置くと立派な幹の太さがよくわかると思う。
 
 
100804071008040810080409_2 井の頭公園定点も生い茂って実に暑苦しい(笑)

公園管理事務所前の広場では東京地酒&酒器のイベントが催されてる。
捨て置けずに覗いてみたけど朝9時ではまだテントが開いてなかった。

公園の定点地蔵さまは衣が変わっている。いまごろ松ぼっくりがお供えされていた。
 
 
100804101008041110080412 よくお世話になってる吉祥寺のカフェ、ヌーードル・チャフェで店名にもあるコンセプトの麺&茶をテーマにしたラーメンをメニューに加えるべく開発中と連絡を頂いた。

で、早速試食に伺う。ちょっと写真はウマクないけど、ウーロン茶ベースのスープに、それぞれヒト味が隠された具材が並ぶ。塩コンブ、梅漬けの青梗菜。手前の煮こごりが溶けていってスープの味が深まる・・・。正規メニューに加わるのが楽しみ♪

吉祥寺ハーモニカ横丁の漬物の老舗「清水屋」では4代目が2階で漬物バーをスタートさせた。とりあえず無休で17~24時営業。ここんとこチャリだったので未訪だけどまずは一報だけ。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »