« キスとキフ | トップページ | まさかの売り切れ »

2010/06/01

6月

1005310110053102 衣替えの6月になった。しかし気候は4月に逆もどりしてここのところウェアは春先仕様だ。朝の気温17度、こぎ出しは胸が冷たい。
 
定点ケヤキは葉が出そろった。
多摩湖自転車道もサクラが茂って緑のトンネルを形作っている。
 
 
 
 
100531031005310410053105 小金井公園定点のサクラも繁茂。
 
いっぽう近くの ヒマラヤスギはたくさん葉を落としていた。
 
園内全般、色合いの淡い若葉がきれいだったけども、ここにきて葉も多くなり色濃くなってきた。
 
 
100531061005310710053108 井の頭公園定点も緑が濃い。池の水色は悪いがまだ匂うわけではない。浄化作戦が進行中で夏に成果が楽しみだ。
 
お地蔵さまのそばになにかが埋められたあとがあった。羽があるけどカラスの墓なのだろうか?誰かが埋めたのか、カラスは死体を人に見せないと思っていた。鴉の葬式という言葉を読んだことがあるからだ。
 
カラスは仲間が死んだらその屍をみんなで食べてホネとハネだけにしてしまう。屍を中心に仲間が集まってる様子を葬式と見たてたのだろうが、彼らの胸に惜別の情がわいているのかどうかはさだかではない。少なくとも野生動物は常に厳しい栄養状態にあるのだから肉となった仲間の存在に感謝はしていることだろう。
してみると井の頭のカラス達は飽食で、よって仲間の遺体を処理することがなかったのだろうか?
 
 
10053109 帰りは2度目のお店に寄った。東急裏に新しい駐輪場ができてそのおかげでこの店の存在を知ったのだ。「COFFEE HISTORY」といって神戸からの出店。6年前からあるというので、やはりたまには知らない路地にも足を向けてみないとならないね。
 
自転車で立ち寄れてエスプレッソが安く(230円)飲める。
苦味がよくって細い砂糖を2本。ちょっとコクが物足りなく感じるのは薄いせいもあるのかな?抽出量を減らせばもっと美味しいと思う店はけっこうある。
前回よりクレマが少ない。これは時により人によりというところかな。というわけでさらに再訪を重ねてみようと思った次第。
 
あ、エスプに多く含まれるタンニンは鉄分吸収を阻害するので食前後1時間は禁とアドヴァイスを受けたのだけど、あまり固執してもよくないだろうし、たまのエスプは楽しみたいもの。

|

« キスとキフ | トップページ | まさかの売り切れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キスとキフ | トップページ | まさかの売り切れ »