« 予定外に江戸前穴子 | トップページ | ローカーボ・ダイエット?登山 »

2010/06/18

うな丼を一気喰いという暴挙

1006180110061802_210061803_5 霞ヶ浦の東端、小ブナに遊んでもらえそうな適当なホソがないかしら?と広い水田のなかをうろうろ。最近釣り雑誌も買ってないので情報がさっぱり無いのだ。・・・・んで走り回ってると「あやめ祭り」の看板がたくさんでてるので取りあえず行ってみることにした。

駐車場に着くとかなりなお歳のご夫婦にシャッターを頼まれる。見ればフェンスの向こうは一面のあやめ!

「金出して入ったけどここから見ても充分きれいだ。中に入っても年寄りはたくさん歩けないし」と軽く東北弁交じり?のおじい。「軍隊にいたころはオートバイに側車がついていて佐官以上じゃないと乗れなかった・・・・わしらは歩き専門だ!」と笑うおじいとひとしきり時代を超えたバイク話に興じたのち、あやめ園の入り口に行くと入場料700円と書いてあった。もちろん入らない(笑)


100618041006180510061806 もう釣りをする時間はない。てきとうに時間をつぶして潮来の「窪谷源太郎商店」へ向かう。12:30に予約を入れてある。某テレビの「たどりつけない店特集」で見つけたのだ。

少なくとも「水に面している」というだけでかなりわかりやすいその店に迷わず到着。「店」と書いたけど看板もなく、画像の通りの工場然としたところで僕を待っていたのは「うな丼弁当」なのだ。川魚の問屋さんが本業で、国産うなぎに自家製米に自家製タレを使ってるらしい。他のお客が「そっか予約しとけばいいのか・・・」と言うのへ予約電話のときから優しい語り口が印象的だった社長さんが「なるべくできたてを食べてもらいたいので」と言いつつ、僕に弁当を2つ渡してくれた。

実はいろんなブログを見てたら「2個食べればよかった」という感想があり、(1000円の弁当を2つはゼイタク・・・)と迷ってたら(高速代とガソリン代をかけてゆくのに1000円をケチるか愚か者!!)と天の声が聞こえて2個予約に踏み切ったのだ。

店の前のコンクリート提に馬乗りにまたがって、そよ風に吹かれながら弁当を開く。もう腹ペコペコだ。2個あるのをいいことに1個めは「一気喰い」という暴挙に出る!!うがうがうがうが!瞬殺♪
 
 
10061807_21006180810061809 2個めは落ち着いて(笑)。市販のタレが余分に1包づつ付いていたがそれは使わなくても充分味がしみている、美味しい。うなぎは柔らかふっくら。来てよかった。社長さん、美味しかったです、また来たいです。でも僕のカリフォルニアを「ホンダ」と呼ばないでください(笑)

予報では「16時から雨」とあったので湖岸をうろうろしながら帰る。今回の「うな丼」みたいなネタがないとなかなか来ないエリアだ。成田が近いのでジャンボ機が低く旋回している。レンコン畑の実物を初めて見た。

常磐道の最後で雨につかまった。1時間ほど早くな~い?・・・・・でもカッパの上だけ羽織ってしのげるポツポツ雨でよかった。家に帰ると距離計が95400km、今年中に一回りするだろうか?

|

« 予定外に江戸前穴子 | トップページ | ローカーボ・ダイエット?登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予定外に江戸前穴子 | トップページ | ローカーボ・ダイエット?登山 »