« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/29

キスとキフ

100528011005280210052803 超ひさびさの釣りネタだ。金曜はmeimeiさんが休みだったので二人で三浦半島の長沢浜に行った。
 
4:50meimei邸に集合、釣り開始は7:45ころ。第1投からヒットしポツリポツリと釣れ続いた。いつもあまり釣れずにエサが余るので少なめに買っていったら、今回は使い切ってしまった。エサがあったらもっと延びたね。
 
 
1005280410052805  エサ切れでも諦めがいいのは、お楽しみが控えてるからだ。三浦海岸まで3kmほど歩いて「漁火亭」へゆく。
 
シコイワシのつみれ揚げが美味しかった。僕はこういうのが大好きデス。ビールのお通しも同じつみれ揚げでワカメとアンがかかって美味かったナ。あきれるmeimeiさんを尻目にご飯3杯ビール2杯。シアワセです。
 
 
1005280610052807 帰り道、meimeiさんのリクエストで新宿の宮崎県アンテナショップへゆく。
地鶏・どんこ・宗田鰹生節・焼酎・・・・etc、あれこれ特産品があるのだが安くて驚いた。商品構成も買いやすいように考えられている。アンテナショップだから「お試し」が重要だもんね。
 
おっと買い物に熱中して募金を忘れてた。畜産農家への支援募金箱が設置されているのだ。小銭入れを覗いていたらmeimeiさんに「バカモノ、札にせい!」と怒られる・・・(キャー)
 
宮崎のみなさんごめんなさい、一番小さいお札を入れさせてもらいました。
 
 
1005280810052809  帰宅、さあ釣果はというと16cmを筆頭に25尾だった。対するmeimeiさんは20尾
 
勝った!!!
と思ったが、なにしろ敵は20cmを釣っていたのだ。この4cmの差は大きいなあ、・・・・・・・・・引き分けに、しとく?(笑)
 
 
以下、釣り人のためにデータ

リンガーハット下から津久井浜方面へ小移動。ジャリメ。 
大潮初日。下げ7分からスタート、下げ止まりでもポツポツ釣れる。
3色+力糸の手前あたりがヒットポイント。20cmはさらに遠め。上げに入ると魚体が温かくなる。2色あたりでアタリが増えるが小型。

| | コメント (2)

2010/05/28

濃いところを味見

濃いところを味見
明日大阪に帰られるピストレーサーさんが多摩地区に宿をとられたので、多摩を代表する味は?ってことで「中華そば みたか」にお連れした。

僕らがこよなく愛する(この僕らも狭いのだろうけど……)醤油タレこてこてのチャーシュー小皿も、昭和の東京中華そばも、大阪の方が食されるとどう思われるのだろうと心配ではあったが、すんなり受け入れてくださったようだ!
よかった!

今回は贅沢をして初めて五目チャーシューをいただく。
一般に五目というのは五目旨煮とかが乗ってるのだろうが「みたか」はここでもひと味違う。ピーマン・モヤシ・ハム・玉子・メンマで五目なのだ。
う〜ん、しあわせ。

せっかくだからワインで〆たいですね、と三鷹南北を物色するもイイ店がなく吉祥寺へ。
吉祥寺に行ったのが運のつき。老若男女の立ち飲みレンジャーが代わる代わる現れて、この時間になってしまった。
明日、ピストレーサーさんは大阪まで帰るのだが、僕は4時起きなのだ!!

まあ吉祥寺の濃い部分をチラッと体験していただいたからいいか(笑)

| | コメント (2)

2010/05/23

次回は五目そばに

雨の日曜日、19時過ぎの「みたか」はまったりムードだった。
 
気温は低いが蒸すのでビールがすすむ。
 
誰かしら久しぶりの人が来て、店主ハシモトさんが出店の経緯や江ぐちスタッフの消息を説明するという様子を来るたびに見かける。
 
 
831855607_247_2 今日はワンタンメン大盛りにタケノコと半熟玉子、いつもよりゼイタクなり・・・・・・・(笑)
 
東京ウォーカーの取材を受けたそうで次号あたりに載るのだろうか?
 
なんでも雑誌に「玉子ラーメンが・・・・」などと載ると来る客来る客みんな「玉子ラーメンを」と頼むそうで(呆)
 
僕が見るかぎりでは「五目チャーシュー」と「チャーシューワンタン」を頼む常連さんが多いように見えるが。さてどうだろう?
 
僕はほとんど頼まない「五目そば」だが、たぶん一般に思われてる五目とは違うのだ。こんど食べてアップしようかな。

| | コメント (0)

2010/05/21

鷹ノ巣山

100521011005210210052103 新緑の鷹ノ巣山、いい山には何度でも登りたくなる。

ウリハダカエデの若葉、色がまだ薄くてなんともイイ感じだ。

水場は水が出ていて相変わらずの冷たさ。
 
 
100521041005210510052106 浅間尾根から石尾根にのる。エネルギーが漲っているようだ。

平地の予想気温29度ってことでバテバテ山行を覚悟していた。が、気温は高いのだけど、湿度が低いせいか割と快適。
 
 
 
 
10052107_21005210810052109 山頂近く、隣の日陰名栗山を撮っていたら下のヤブでガサガサ音がする。

「?」身を小さくしてしばらく待っていたら出てきたのは2頭のシカ。向こうも気づいてしばらく見つめあう(笑)

1分くらいそうしてたかな? 突然思い出したようにダッシュ!全部で4頭いた。
 
 
100521101005211110052112 山頂には人がいてシャッターを押してくれた。山頂付近はまだ芽吹き。

昼ごはんは「ほしいいリゾット」具にブラックオリーブとレッドキドニーを加える。緑も欲しいところだが、キューピーのサラダクラブさまさまなのである。
 
 
100521131005211410052115 下山は初めてのルート、水根山から入奥沢に降りる。バイクを停めた場所に戻れるはず。

前半の下降は道形がはっきりしているが倒木もあり。水無沢をひとつ、水が多い沢をひとつ、水が少ない沢を2つ渡る。

その後消えそうな古い道をひろいながらゆく。静かな自然林、よかった。ただし足場は弱い、滑落注意だ。
 
 
100521161005211710052118 ちなみにシダ類はまだあまり生えていなかった。去年同時期にいっぱい伸びていたワラビもわずか。

今回は登山口までカリフォルニアで来た。峰谷の奥にある「奥」という名の集落。標高1000mだ。いつもならバス停から90分歩くところを10分で・・・。

時間が余ったので林道探索に出る。日原林道、小川谷林道、巨岩、奇岩がオモロイ。

なんか今日は、自然物のエネルギーにあてられたような1日だったナ。

| | コメント (0)

2010/05/20

ぅおぅ、ぅおぅ、ぅおぅ、ラ~イオ~ンズ♪

Se01 meimeiさんから突然の誘いがあり、西武ドームへ行ってきた。
いつもチャリでドームのそばを走っているが、そういや入ったことがない。
 
交流戦3戦セット3900円のチケットを2セット買ったmeimeiさんは阪神ファンで、西武ー阪神戦がお目当て、ご両親が西武ー巨人戦目当て、今日の西武ーヤクルト戦に「いかが?」と誘われたのである。
 
 
Se02 若干の早退をお願いしたときボスに「ヤクルトはいま古田が監督でしたか?」と聞いて「それは球場で言わんほうがいいよ」と言われた僕は野球を見なくなって何年にもなる。元よりヒトがやることより自分がやることに興味があるし。
飲み屋で野球の話題が出るし、特に根城の居酒屋は吉祥寺なのに赤ヘル1色、なんとなく話を合わせてはいるけど実はチンプンカンプンだ。スンマセン!
 
でも当たり障りの無いヤクルト戦なので雰囲気とビールを楽しみに行く気になったところ。
 
 
Se03 試合はというと・・・・・・・やはり西武沿線住人なので見ているうちに西武に感情移入がすすむ。おまけに仕事中に聞いている文化放送はライオンズびいきなのだ。
そしてそして、同点で迎えた9回ウラ、サヨナラヒットが飛び出して西武の勝利だ!!

打った選手の名前もわからんのだけどその瞬間は捉えたゾ。ホームランも出たし、体験的観戦者には申し分の無い試合だった。

| | コメント (2)

2010/05/18

貧血対策 2

マラソンをやる人はだいぶ貧血で悩むのだそうだ。悩むといってもきちんと対処してクリアしたうえで走ってるのだろうけど。
 
そんなことで貧血について、ランナーでダイバーのE女史がなにかとアドバイスしてくれた。
彼女はチャリ友(飲み友か?)のそのまたラン友で、飲んだことはあってもまだ一緒に走ったことはない。井の頭で1km5分ほどでチャラチャラ走って(それも5kmで飽き・・・笑)る僕よりも速く長く走るちゃんとしたアスリートだ。
 
僕は昨年の健診で赤血球が少ないと言われて以来わりと鉄分食品を摂っていたつもりだったのだが、なんと必ず飲んでいた食後のお茶が良くないそうだ。タンニンが鉄の吸収を妨げてしまうそうで、食事前後1時間はあけたほうがいいらしい。
 
お茶は・・・・・・・・茶道部以来、日本茶万能と信じていたのに・・・・・
野点道具を買って1回しか使ってないのに・・・・・・・(笑)
 
 
 
004 が拾う神もまたあり。
 
 
 
 
 
 
ほうじ茶はタンニンが減少しているので悪影響がないらしい。
「それっ!」と早速ほうじ茶を買ってきた。
 
さらに、鉄瓶で湯を沸かせば鉄分を摂取できると。
「よしっ!」と鉄瓶を探し出す。
母方の祖父母が盛岡に住んでいたことから、ウチには小さいが南部鉄瓶があるのだ。
 
当分お茶はほうじ茶にして鉄瓶で湯を沸かそう。
会社には茶器がないのでコップにじかに茶葉を落として飲む。
 
まあいろいろ書いてるが極端に神経質にこだわる気はないので、ときには緑茶もコーヒーも飲むだろう。

| | コメント (0)

2010/05/16

立ちそば列伝( 37)中野/かさい

立ちそば列伝(<br />
 37)
会社が野方にあったころは定期的に来ていた中野駅北口の「田舎そばかさい」

田舎そばとうたうのは極太の麺による。細いウドンかという太さだ。歯ごたえあって「喰った!」という気にさせてくれる。
そのせいか、ここは小腹を黙らせるためというよりガッツリ食事に来たようなお客が多い。

いわく「大盛りそばにアジ天とチクワ天と卵」などと………トッピングのダブル・トリプルは当たり前!
実はトッピングが2つだと10円引き、3つだと20円引き、4つだと30円引きというサービスもあり客の大食いを助長している(笑)
いやそればかりか少食向けには少し安い「小盛り」って他では見ない選択肢もあるのでなかなかきめ細かいよ。

アジ天が人気だが今日は残念ながら売り切れ。大盛りにチクワ天と卵を注文する。そばは噛み応えあり、甘めのツユ、腹にドスンと決まる満足感!

おっと忘れちゃいけない。
ここのカウンターにはおろし生姜が常備され、「生姜をお試しください」とポスターまである。最初見たときは面食らったけどこれは旨い!

あ、生姜はスプーン2抔までという掟があるのでご注意を……………。

| | コメント (0)

2010/05/15

血を増やしにゆく

今年の健診の結果が届き、体重、コレステロール、BMI等々、ひそかに心配している腎&肝機能、癌の兆候などもクリア。・・・・・が、血液は、血小板を除いて全ての成分が少ない。「貧血が亢進、白血球減少に懸念」とあった。

ひ、貧血ぅ~??
昨年の健診でも兆候があったのでシジミだホウレンソウだレバーだ納豆だと積極的に摂取してたのに、効果が薄かったか。おかめ納豆は毎日だゼ。炭水化物の摂取量が多いから相対的に効果が薄いのかにゃ?(笑)

100514011005140210051403 バカはともかく、レバーを買いにゆくことにした。
まず多摩湖を1周トレ、冷たい風が強い。そして武蔵村山に下りて野山北公園に向かう自転車道に入る。
狭山丘陵を貫くトンネルが3本、多摩湖(村山貯水池)造成時に使われた軽便鉄道の名残りだ。

このあたり、狭山丘陵に深く谷戸が入り組み湧き水多く、農家も点在している。トトロのあの風景だ。丘にあがる道もいっぱいあった。梅雨の欲求不満解消にここ歩きに来ようかな。

羽村まで移動。昼めしの目当てにしていたお店がナント閉店していて、腹がキュウウウと鳴る。さびれた定食屋を探しに入った福生の駅前は整備され、大手チェーンの飲食店ばかり・・・。
 
 
100514041005140510051406 さらにうろうろとチャリを走らせていたら眼に飛び込んできたのは「ごん」という不思議な看板で、吸い寄せられるように入店する。「35カレーごん」おもろい店名だ。外見に比べ中は落ち着いている。ピアノがありジャズやシャンソンのライブがあるらしい。

さっぱりしたステキなママさんがやってた。ランチのチキンカレーを注文するとき、脳裏に「貧血」の2文字が7色に明滅してトッピングでホウレンソウを追加する。熱々の鉄板、オマケでついてきた卵に火が通ってゆく。

カレー、ばっちり美味しかった。ホウレンソウもよく噛む(笑)。食後にカモミール。カウンターにはなぜかケン玉や万華鏡が置かれる。十字構造の凝った万華鏡で手で回さなくても景色が変わる。覗くとキラキラ光る赤血球や白血球がサラサラと流れていった。(貧血ネタ、しつこい?爆)
 
 
1005140710051408 カレー屋さんの画像、よく見ると寄り添うようにちっちゃなお店があるのがわかるだろうか。象のマークのエレファント。店名はビッグだがちっちゃな今川焼きを売っていた。

1個40円、安くてもメニューは目移りするほどだ。ざっと1個づつ購入。
クレープも売られていて生地は共通なのだろうか、卵が効いててほんのり甘くて美味しかった。中身もそれぞれに美味しい。偶然みっけた並んで2軒が再訪必至レベルとは今日はついてたナ。
 
 
10051409_210051410 話の最後になったが今日の目的地の大多摩ハム直営「シュトゥベン・オオタマ」、なんと先のカレー屋さんからチャリで1分の近さだった。地元のTOKYO-Xを使ったハムなどで有名で、今日のターゲットはレバー・スモーク。ほかに生ハムやアイスバインなど買って帰る。

帰り道、通りがかりの直売所に「スナックエンドウ」の文字が見えるも売り切れのようで・・・・、裏手の畑にいた方に声をかけたら摘みたてのエンドウ豆を売ってくださった。スモークレバーとスナックエンドウとトマト、オリーブオイルと胡椒と岩塩で和えて食べてみる。う、う、う、旨いっ!!

さあ、血ィ増えるといいナ♪

| | コメント (0)

2010/05/12

新パターンを

昨日は雨だったのを幸い「中華そばみたか」に行ってきた。
 
多くの方は「そんなに騒ぐほどの店か」と思われようが、死んだおやじに40年近く前に「江ぐち」に連れてってもらっていた原体験と、長じて一人で行くようになってから積み重ねた記憶とが、恐らくあそこへ足を向かせるエネルギーになってるので温度差は仕方ないと思いつつ書いている。
 
 
 
Ca51zkv3 19時ころ行くと、なんともまったりした空気が流れていた。仕事帰りの方がかわるがわるやってきて、やおらお皿とビールを注文。
 
・・・とうとうこの雰囲気が戻ってきた・・・・・(大げさ?笑)
 
僕は定番のチャーシューお皿を頼まずにワンタンとビール。
実は去年あたり思いついたことなんだが、江ぐち閉店騒ぎに突入してしまって試せないままだったのだ。このパターン、なかなかよい。
 
 
 
 
Ca7uawvf 続いて、タケノコそば大盛り。
 
タケノコとはご覧の通りメンマのこと。ちょっと硬めの麺とともに噛む。うまい!ちなみに丼が2つ並ぶのがちょっぴり気恥ずかしい・・・・。
 
でもあくまでもワンタンはツマミ、アンテイパスト。
タケノコそばは主食、セコンドなのだ。
(あえてプリモとは言わない、笑)
 
ただ、困ったことに主成分は2つとも炭水化物なのがどうにも・・・・(以下略)。

| | コメント (4)

2010/05/07

ブナ ~ 薄茶 ~ ニホンカモシカ

100506011005060210050603
 
 
 
 
 
今日がGW最終日、昨日は奥多摩に行ってきた。
狙いは久々に鷹ノ巣の前衛の榧ノ木山、かつて猟師道だったらしいノボリ尾根から登ってみる。

歩きやすい道はついていないので例によって尾根を直登。くじけそうになる急斜面が続く。
しっかしやけにこたえる・・・・・いつもより水も飲む・・・・・帰ってからわかったんだけどかなり気温上がってたんだね。

1時間半以上かかってたどりついた1200m圏に1本よく目立つブナの前でで昼食にする。
今日は弁当を持ってきた。ご飯の半分にハバノリを載せ、おかずに富浦でもらってきた干物。マイワシの干物ってあまりお目にかからない。まいう~。
 
 
100506041005060510050606 広い尾根は芽吹きの始まり。

三角帽子のようなのはメグスリノキ?、だと思う。名前の通り、昔から洗眼薬の材料にしたんだそうな。
とハウチワカエデはうぶげをまとって柔らかそう。ブナの若葉も開き始めだ。
 
 
100506071005060810050609
 
 
 
 
 
 
 
さらにつめると尾根は再び痩せていき、ブナだらけになった♪
尾根にブナが生えているというより、ブナの根っこで尾根が作られているかのよう。

たくましいブナの根を踏み踏み登る。前半はバテバテで厳しかったが、その甲斐があったか。

生命が入れ替わってゆくノボリ尾根、営みを終えたブナの老木が長い長い時間をかけて朽ちてゆく。
 
 
100506101005061110050612 榧ノ木山に着き、ゆるやかな雑木の尾根道を倉戸山へ降る。姿は見えないがココココココココ!!とキツツキ(何ゲラやら?)のドラミングが聞こえている。
 
登山家の山野井さんがクマに襲われてからなんとなく通っていなかったルートだけど(そういう方わりといるのでは?)、まあ考えてみればどこだって遭うときは遭うんだろうな。

ではなぜ今回、榧ノ木山~倉戸山を選んだかというと、サクラの下で茶を点てようという魂胆なのだ。そのために野点道具を揃えてからコンデイションが整わずに延び延びになって時期を逃しているが・・・・・。

そして・・・・・倉戸山山頂のヤマザクラは残っていてくれた!
 
 
100506131005061410050615 もう何年ぶりだかわからないお点前、いちおう盆手前のカタチを真似してみるが正直いって撮影用だ(笑)

アウトドア用品○ンベルの野点セットもあったのだけど、いちおう経験者(いちおうネ、笑)としてはお茶碗はわずかでもそれらしいものを使いたく、茶道具屋さんで野点道具を買った。

しかし久しぶりの薄茶は実に美味しかった!頭上のヤマザクラを愛でながら、芽吹きの樹々に囲まれてというシチュエーションもあって・・・・・・。

あともうひといき美味しくいただくには、小型の茶こしを用意して、茶筅が開くのを待ちつつ茶をこすような手間とゆとりが必要かな?
 
 
100506161005061710050618_2 さあ、倉戸山からバス停まで1時間ほど。
降ってゆく途中、右手の植林からカモシカ(ニホンカモシカ)が出てきてかまわずに近づいてきた。登山道わきの立ち木に顔をこすりつけてマーキングしてる。

その距離10mほど、目が合ってるのでこちらには気づいている。そのうち登山道を横切って左手斜面で食事を始めた。5mほどに近づいてカメラを向けても平気・・・・・こいつ、特別天然記念物だからって堂々としやがって(笑)

おかげでこちらはマーキングや食事の様子をみせてもらった。
なによりクマでなくてよかった・・・・・。

| | コメント (2)

2010/05/05

中華そば みたか

1001 GW明けになんて思ってたんだけど本日ついに「みたか」に行ってきた。
オープンの15分前に行くと7番め。準備する元気のよい声が聞こえてくる・・・・・ワクワク

まずはお皿(チャーシュー)に中瓶を注文、この景色をまた見られるとは・・・・・。うれしくなって「今度は巨漢軍団になったね」と声をかけると 、若き店主ハシモトさんが「前の4倍デス!」
 
厨房スタッフは巨漢が3人、厨房が狭く見える!!(笑)

 
1002 「みたか」最初の1杯はもやしそば大に半熟卵となった。奇しくも「江ぐち」で最後に食べたのと同じ、美味しかった♪

ハシモトさんの麺さばきを始め、あちこちに丁寧さが見える。味は江ぐちとほとんど同じだけどやや穏やかめかな?
久住昌之さんの小説の影響で「タクヤ」と呼ばれたオヤッさん(もちろん本名は違う)の荒っぽさ(それがまた魅力の一端だった)が反映された味から進化していた。

これを残念がる向きもあろうがこれが「みたか」の味なんだよ。これからも末永くよろしくです。

店を出るとき、ありがとうござい・・と言われたけどそれはこっちのセリフ。

| | コメント (0)

2010/05/04

On the ライス !!

100502011005020210050203
 
 
 
 
 
 
いつものスコッチ研究会ツーリングでいつもの富浦へ。
現地入りして最初にするのは魚屋での買出しだ。
 
魚は大量に買いすぎてしまい余り加減。なので贅沢にご飯に載せて喰う!とっても美味いアオリイカに、お世話になる海女おばちゃんが用意してくれた地ウニをOn the ライス!めちゃうまし。
 
 
100502041005020510050206 漁村ネコたちも健在。
 
世代交代がすすみ、人懐っこいネコが多くなったらしい。
 
ネコに遊んでもらい、和む。
 
 
 
 
100502071005020810050209 大観光地のはざまでわすれられてるかのような静かな浜だ。
 
あまり気づかれずにずっと静かであってほしい貝殻浜。
 
 
100502101005021110050212 朝食はアオサをOn the ライス!
 
3月の冷たい水に胸まで浸かって採ってくれた天然アオサ海苔はいまや買いたくても買えない貴重なもの。香りがよい。ちょうど木更津アサリも届いて汁にしていただく。朝からなんて贅沢。 
 
最後に竹岡の梅乃家にチャーシューメンを食べに行ったが、なんと40人の1時間半の行列ができている。途方に暮れていると地元のおっちゃんが「このさきの鈴屋もうまいよ」と教えてくれた。
 
果たして鈴屋のチャーシューメンは・・・・・?
チャーシューのボリュームは梅乃家に及ばないが麺とスープはこちらのほうがまっとうなでき。僕にはどちらも美味しくOKだが、梅乃家の麺が不満な向きには鈴屋をお勧めする。
 
また食べ過ぎてしまった・・・・・・・

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »