« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/28

誰か来てくださいっ!!

今日はモトグッチのクラブでAED講習を受けてきた。
前回は2001年だったので、担当であるはずの僕の企画怠慢だ。反省・・・・。
 
 
 
  

K01K02  救命講習についてはなんども書いてるから、今日新たに教わったことを書こう。

★胸骨圧迫、つまり心臓マッサージは1分に100回のペースでするのだけど、リズムとして参考になるのが「うさぎとかめ(もしもし亀よ~~~)」と「アンパンマンマーチ」なのだそうだ。

★要救助者を発見したさいに周囲の協力を呼ぶように訓練されてるのだけど、救急隊の方によれば、「誰か来てください・・・」と漠然と呼びかけても「自分ではない誰かが助けるのでは・・・」という心理が働いて積極的に誰も来てくれない恐れがある。だから場合によっては目の合った人を「そこのアナタ!!」と名指しで協力要請しちまったほうがいいというアドバイスをもらった。
 
 
 
K03K04 東京・埼玉・神奈川・千葉から集まったメンバー、ありがたい。お互いを助け合えるから。

基本はAED講習なのだけど、オートバイのクラブなのでオートバイ事故に即した応急処置なども教えてもらった。今回はこちらから杉並消防署(高井戸出張所)に頼んで講習をしていただいたので内容面でこうしたリクエストに応えてもらえる。

みなさんも有志グループで受講できると思うのでぜひ考えてみてください。家族に子供や高齢者がいれば喉つまりの対処法なども教えてもらえるんじゃないかな。

| | コメント (4)

2010/02/26

ユニセフ

今日は久々に羽田まで朝練と思ってたのだけど、雨予報についに負けた。だいたいこんな風の中で河川自転車道を走ろうなんて競輪選手だけじゃなかろうか?(笑)

停滞を決め込んだものの雨はなかなか落ちてこなくてなんだか悔しい。うっすらと見えている奥多摩をぼんやり眺めてたら窓にテントウムシ・・・・・・。携帯で撮ったがボケちゃった。

これが朝から4匹め。
気温が高いうえに珍しく部屋にいる僕が電気ストーブなんか点けてるものだから?

たしか前の春もこうしてテントウムシが湧いて出たんじゃなかたっけ?(笑) いったいこの部屋のどこで増殖してるんだこいつら。

Cadf2htc



さて書こうかどうするかちょっと迷ったんだけど・・・・・・・・

ユニセフからハイチ向け支援の緊急要請が来ました。
いろいろな案内が来るのですが、今回のような形のアピールはあまりありません。震災から1ヶ月半、先進国なら衣食住衛生環境をとりあえず最低限でも確保できるでしょうけど、ハイチはまだ厳しいのでしょう。

皆さんいろんなカタチでいろんなことをされてるのでしょうけど、緊急要請が来たので日記にしました。

ちなみに僕は海外向けのこうしたアクションは常にユニセフを通すことにしています。ユニセフの援助は必ずストレートに子供に届くからです。

年度末には所得税控除のための証明書がユニセフから届きますから(ちょっと届く時期が遅いんだが・・・・・)大金の寄付もオッケー!!!(僕は小額だけどネ、たはは、笑)

よかったら下記HPを
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/haiti/2010.htm

| | コメント (0)

2010/02/25

手袋のいらない夜だった

手袋のいらない夜だった
今日は飲み友、というか人生の大先輩の誕生日だった。

銀のぶどうで買ってきたスイーツにキャンドルを立ててお祝いした。春限定の桜モンブラン、買った自分が言うのもなんなんだが期待以上に旨かったな!

大病のひとを見舞い、産まれた児を言祝ぎ、はたまた誰かの誕生日を祝う。
人を案じ、祝うことができるたいそうな我が身に感謝。

帰り道、ファイト餃子を想い起こさせるやや膨らんだ下限の月。

ファイト餃子喰いたいゾ!

今宵は手袋がいらないな。

| | コメント (0)

2010/02/19

知識と技術と、めいっぱいの勇気と

今日は東京救急協会の上級救命技能認定の更新のための再講習に行ってきた。これは3年以内に受講しないとならないのだけど、現場では慣れ(習熟)がものを言うはずだから、1年に1度、2年に1度、と受けたっていいくらいだ。
 
 
1002190110021902 今回は場所が浅草だったので、前より気になっていたアノ店にまず寄ってみよう。
吉原大門にある「土手の伊瀬屋」だ。かつての色里もいまは名のみ。そこにある創業120年の天麩羅屋なのだ。

開店15分前について7番め、イ・ロ・ハとある天丼のイ(1400円)とナメコ椀(200円)を注文。合い席になったご隠居がモルツを頼んだが、救命講習の前に飲むわけにいかない、グッと我慢。

エビX2、キス、イカが乗っている。ちなみに上等のロやハはアナゴや貝柱が加わる。甘辛が強い江戸の味、感激するほどでもなく普通にうまい。ちなみに蕎麦屋で天ザルを頼むと天麩羅が多くてキツくなる僕には天麩羅がギリギリの量だ。米のほうは倍でもいいのに(笑)
 
 
 
1002190310021904 目指す浅草消防署は蔵前にあるので吉原から歩く。途中、来週は東京マラソンで中継されるであろう雷門前を通過。去年の東京マラソンでは松ちゃんがAEDのおかげで命つないだんだよね。

講習で先生がおっしゃってたのは「必要なのは勇気と知識と技術、8割大事なのが勇気」と。
傷病人を見つけて声をかけられるか?手を出せるか? もちろん知識と技術を持っておけば勇気のあとおしになると思うし。なにをしたらオロオロ・・・・これでいいのかオロオロ・・・・ダメかもしれないオロオロ・・・・ダメじゃない!!やろう!!(こういうのは強制しちゃいけないんだけどネ、感染や二次災害の恐れだってあるし)

そばにいる大事な人になにかあって手を差しのべられなかったら悔やみきれないよ。特に大災害時は救急車はとてもじゃないが足らないよ。

たったの3時間
http://www.teate.jp/teate.htm
(注:東京です)

そんで・・・そんで・・・・僕になんかあったら助けてください〜〜!

| | コメント (4)

2010/02/09

飛龍山 ~<2>黒パンフルーツ頼み~

1002060010020601  月曜にどっかり雪が降ってからこのルートには誰も入ってないらしく踏み跡がない。さらさらに乾いた雪は音もたてない。ちょうど陽が昇ってピンクに染まる山を眺めながら歩く、いい感じだ。

登山道のわきにぽっかりとケモノ道のトンネルができていた。雪は20~40cmくらいか。
 
 
100206021002060310020604 踏み跡がないと書いたが、動物の踏み跡はあった。ずっと続いてたのは親子シカ。僕の靴のそばにあるのが子シカで右側の2本線が親シカだ。シカに皮を食われた樹もあった。歯の跡がくっきり残っている。

ピィッと警戒して呼び交わすシカの声が聞こえていた。少し先でガサガサいってるのだけど僕の気配を察しては遠ざかり遠ざかりの繰り返し。そのうちにやっと捕捉、樹の陰にじっとしてうかがっていると向こうが動き始めた。遠いけどなんとか捉えると先に親が行き子が後ろについていた。
 
 
100206051002060610020607 登り始めて1時間ほどか1500mあたりで一気に視界が悪くなり雪が舞い始める。あれれ?西高東低で風が強くなるとは思ってたけど降雪は想定外だ。

雪が舞って、上のほうで風もあったら昼めしを作る気になるかどうか?雨具その他を装備するついでに朝の残りの黒パンをかじってさらにその残りをいつでも出せるようにしておく。

稜線近く、北天のタルに着いたのは10時15分。「飛龍山」と示す道標はあるけど道は雪に埋もれてる(笑)
 
 
100206081002060910020610 北天のタルから飛龍山の東を巻く道に入ると風裏のため雪がますます深い。道のありかはだいたいわかるが素直に足を下ろせない・・・・・。やはり気持ちは山寄りに足を下ろさせるので膝上まで粉雪に埋まる。

まだときおり雲に囲まれて雪が舞う。踏み間違えたら下まで停まらない斜面もあり、ここら辺がヤマだったかな。
 
 
100206111002061210020613 飛龍権現にお参りしたのは11時半。無雪期のコースタイムの1.5倍時間を食っているし、行っても展望のない飛龍山頂はパスする。

稜線に出て西風がモノ凄い!!やはりランチの調理はあきらめて残り少ない黒パンをかじり、腹に抱いても凍結が進む水をちびりと飲んで先を急ぐ。事前に調べた山頂天気予報は気温-15度、西風25mだ。ピンポーン、当りました♪

しかしこのパンがあってよかった!!もとよりカチンカチンだけどドライフルーツなど入っていて案外食べやすいのだ。なによりぎっしりと腹もちがよいのが有難い。
 
 
100206141002061510020616 飛龍までくれば、土曜日だし下から登ってくる人がいるかと思っていたら皆無。従って踏み跡も全くないのでルートファインデイングを慎重に繰り返す。

強風の稜線にできた風と雪の造形を見つつ歩く。ときおり突風の吹く中、4時半の丹波発のバスに間に合った。ビールを買ってたった一人バスに乗り込む。今日のガソリンは黒パンフルーツ1本!!これで9時間超へこたれずに歩けたからなかなかのカロリー。今日(8日)リトルバイリトルさんに報告に行ったよ(笑)

| | コメント (0)

2010/02/08

飛龍山 ~<1>三条の湯へ~

1002050110020502  飛龍山に行ってきた。5日にゆっくり出て山の温泉でゆっくりして翌日登るというぜいたくプランだ。

最初は10kmの林道歩き。歩き始めてまもなく、予想外にも降りてくる方がいて貴重な情報を伝えてくれた。「ガケの上に熊がいましたから・・・」おやおや、貴重な情報・・・・といってどう活用すればいいの?(笑)

「そうですか、1頭でしたか?」「ええ」
まあ、親子連れでなければいいか。逃げていく熊なら一度は会ってみたい。それより落石のほうが確率からして怖い。
 
 
100205031002050410020505 よくいく居酒屋でなぜか「こくろうラーメン」というものをもらったのでこの日の食事に持ってきた。製造元(販売元?)も変わっているが、麺も変わっていて半半生という感じで生麺に近い食感を出していた。
餅も焼いてイン。乾燥ラーメンの具を入れすぎたせいでお湯がどんどん吸われてしまい、茹であげるのにひと苦労・・・。

山小屋目前に多数設置されている巣箱の上は、よく見ると雪が3層に積もっていた。おもろい。
 
 
100205061002050710020508 バス停から休憩こみで4時間ちょい、ちょうど3時に三条の湯に到着すると、小屋番さんが薪で風呂を沸かし終えたタイミングだった。よっしゃ!まだ明るいけど1番風呂だ。とっても静かで雪景色がたまらない。沸かし湯だけど硫黄の香りがプンプン。肌をなでると気泡が沸き立つのは炭酸かなにかガスを含むのだろう。

風呂上りに小屋番さんと山の話など。
温暖化のせいで越冬できるシカが多くなって増えてしまったそうだ。そして下草を食べるので土が安定せずに山が崩れる。耐性が強くなってトリカブトも平気で食べるようになった等々。
 
 
100205091002051010020511 部屋に戻ってホットワインなど作ってみる。実はアウトドア用に買ったテイーバッグがレモンフレーバーだったので持て余し、いっそこれで簡易ホットワインが??と狙っていたのだ。
石油ストーブでワインを温めテイーバッグと砂糖を投入。うんうん紅茶の渋みも加わって悪くない。朝飯用の黒パンをだしてアテにする。いつになくオシャレだ(笑)

そして6時に夕食の声がかかる。
さっきの話の続きになるが、あまりにシカが増えたのでここのご主人が猟を始めたのだそうで、その成果のシカ肉も出される。このとき-3度、消灯直前まで話込み、ヘッドランプで寝酒を飲んで10時就寝。

翌朝は6時前に起きて黒パンをかじり6時半に三条の湯をあとにした。

| | コメント (6)

2010/02/04

25X1000÷60÷60 = 6.94444

Cammdzqx

たしかに天気予報でチラッと雪が舞うかもとは言っていた。でも「チラッと舞う」という語感から脳裏に浮かんだのはさらさら小雪舞うなか自転車を走らせるすがた。

そして帰り道、みぞれに捕まる「ありゃりゃ」カッパもなにもないので携帯など濡れて困るものだけビニール袋で防水して出発。雨中ランはわりと好きだが、みぞれランは・・・・???

人差し指と中指がまず凍る。リアタイヤが跳ね上げた水に濡れてお尻が4つに割れそうだ!!体感温度は風速1m/sで1度下がる。つまり自転車で25km/hで走れば気温よりも約7度下がるわけだ!

釣友meimeiさんから「佐渡の干し柿あげるから取りにおいで」と言われていたので伺ったら写メ撮ってくれた。
カラダの前半分がみぞれに覆われて凍りかけ・・・・ち、ち、ちべたい

| | コメント (0)

2010/02/02

2月

10020101_210020102_4 地元定点けやき。
快晴!これは31日(日曜日)に撮影した。

多摩湖自転車道は起点(武蔵野浄水場近く)から1kmくらいのあいだ舗装が新しくなっている。この自転車道は古いので自転車道というわりには路面が悪くてガタガタと走っているので新舗装はありがたい。
 
 
100201031002010410020105_2  小金井公園定点は変化なし。
周りの樹の葉が落ちて、常緑のユーカリだけが目立つ。

この日は江ぐちの最終日、11:00開店で8:30から並び始めた人がいる。僕が通った9:00には階段の上まで行列が伸びていた。ちなみに17:30ころに売り切れ閉店になったらしい。 「・・・・・・・・・・」
 
 
10020106_210020107_2 井の頭公園定点も特に変化なし。

この時期は鳥がよく見えるので、双眼鏡をのぞくバードウォッチングの方をよく見かける。ポイントはこの橋の右手から対岸を見るのがよいらしい。対岸に井の頭動物園の分園(水鳥がいる)があるせいだろうか?
 
 
100201081002010910020110 井の頭地蔵
削れて丸く、銘も読み取れないので地蔵さまとしておこう。

井の頭では梅が開花。カメラマン多数。「あ~春近しかあ」と思ったら翌日は雪だ。僕はビブラムソールのブーツで出動。皆さん事故・怪我ありませんでしたか?

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »