« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/29

(私的)ドキュメント江ぐち

昨年から悲しい事件が続いてしまい、いわばその連鎖で三鷹江ぐちが閉店することになってしまった。営業は31日までで、うかつなことに急に決まった閉店を知ったのは26日だった。なんてことだ!!残り5日間通わねば!!

27日 noodle noodle noodle noodle noodle

10012900_2 10012901_2 10012902

27日19時前に着。いつものように裏手の階段をおりて、ららっと店に入ると「ごめんなさ~い、表の列に並んで・・」と言われる。れ、列ぅ~!?

階段を登っても(え?)ビルを出ても(え?)列が続いていた・・・・。なんか大変なことになっちまってる。並ぶうちに「すみません麺はあるけどタケノコ(メンマのこと)が切れちゃってそれでもよければ」と行列組に声がかかるが、しょうがない、みんな微笑みながら黙ってうなずく。その後しばらくして売切れの張り紙が出て、まだ外にいる最後尾に「ここまで宣言」したようだ。

10012903 10012904

19:50入店。いつも席に着くか着かないかのタイミングでおやっさんが「はいなににいたしましょうか?」音的には「あいなにたしましょか~?」と聞いてくるのに今日は声がなく店の雰囲気が重い。

実は僕は1時間並んでいるあいだ(こんなに混んでたら飲むわけにはいかんだろうか?)と悩んでいたのできょときょとしてると横のお兄さんが「ビールで?」と聞いてくれた。
ラッキ!!「ビールとお皿お願いします!」。お皿というのはつまみのチャーシュー小皿のことだ。

ちなみにスタッフは
真ん中に構えるおやっさんが店長というべき存在72歳。それを補助するお兄さんは50台後半か?と昼に麺茹でをしてた巨体&いつも笑顔の30前くらいのおにいちゃん。

10012905 10012906

それと本当はいつもおやっさんの右後ろにいた明るいおばちゃん。おばちゃんが欠けたことも大きかったことだろう。

今日のおやっさんは元気がない。いつもなら閉店時間だし、この騒ぎはいつから続いてるのだろう?近年はからだを労わって営業時間を減らしたりしてたのに、日曜まで頑張ってもらいたいな。

いつもより早めにオーダーのワンタンメン大盛り+半熟卵。うまい。1600円。

28日 noodle noodle noodle noodle noodle

10012907 10012908

昨日のこともあるので急いで急いで18:40に到着・・・・・・が間に合わなかった!店の前に数人の列があって最後尾の人が売切れの紙を持っていた。差し入れのアリナミンを置いて家に帰る。

江ぐちがだめだからヨソでラーメン食べる、という発想が起きない。

たぶん、困ったことに、江ぐちに通うひとにとって江ぐちのかわりはないんだよな。ビール、お皿、化調がドバーッと入ったスープ、独特の動きで麺をあげるおやっさん、客もわりと自分だけの空間を作って静か、実はしらずにみんなで演じてる江ぐち劇場なのだ。

昨日も行列を見ながらまさか江ぐちの行列だとはさらさら思わずに階段を降りていっては戻ってくる常連のおとうさん達がいた。僕なんか少ないほうだが、毎日来てた人たちにとっては今の事態は残酷だ。

29日 noodle noodle noodle noodle noodle

10012909 10012910

金曜が休みでよかった!!
11時に開店のところ、乾坤一擲10:15に到着すると・・・・なんと12番め。そしてみるみる列が延びて最後尾が見えなくなっていく。読売の記者さんが並んでるひとに取材してる。

11時、一気に15人ばかし座る。僕以外にもビール&お皿の人が4人ほどいた。おやっさんは元気そう。ワンタンメンのワンタンを入れ忘れてもう食べ始めてるドンブリに「あい、ごめんなすって」とワンタンを放り込む・・・・いつもの江ぐち。

僕は目の前にいる巨体のおにいちゃんに「あんまり忙しいから少し痩せたんじゃないの?」と冗談飛ばす。「2kgくらい減ったけど飲んだら戻りました」とおにいちゃんが答えて笑いを誘う。もちろん見た目に痩せた気配はない。

客の回転が始まるなか、ビール(小瓶)とタケノコ小皿を追加した。ゴメン!!待ってる人がいるのはわかってるんだけど、もう土日は仕事で間に合わないだろうからそう簡単に席立つわけにはいかないんだ。

そして「最後の一杯」は、小学生の僕を江ぐちに連れてきてくれた親父が必ず頼んでたもやしそばにした。もやしそば大盛りに半熟卵。うまいっ!! 2100円。

10012911 10012912

「永いあいだ有難うございました」
「あきらめずに再開を待ってます」
こんな2つのキモチをもっているのだけど、これをわざわざ言うのはちょっとな・・・・。まあいいや、行き当たりばったりでと思っていた。

「ごちそうさま!」と声をかけるとおにいちゃんが「はい2050円です!」僕「違うね!2100円、大盛りとたまごと・・」おにいちゃん「あ、そっか、笑」僕「じゃ、ごちそうさま!!」

結局ふだんどおりだ。

ずいぶん長居したつもりだが外に出たのは11:30だった。外には長い列が駅のほうに伸びていた。画像のビルの地下に江ぐちはあるのだが、僕のあいまいな記憶なんだがビルができる前は地上の矢印のあたりにあったと思う。12歳くらいから10年くらいのブランクがあって、いつのまにかビルが建っちゃったもんだから。

 

 

さあ残り2日、もう土日は来てもムリだろうから来ない。

当分の我慢か?2度と食べられないのか?

「いったん閉めて仕切り直します」という話と

「ご愛顧ありがとうございました」という張り紙の言葉

わずかな期待と寂しさがある。

いずれにせよなにもかも同じとはいかないだろうし。

| | コメント (4)

2010/01/23

珍獣ハンター○モト!?

ども、○モトです。
奥多摩の初歩きが済んでなかったのでお参りも兼ねて行って来ました。
 
 
100122011001220210012203 目指すは大岳山。今はメインではないけど昔は登拝路として使われていたらしいサルギ尾根から登ることにして、まずは養沢神社にお参り。山でありながら神社の結界に目を光らせているのは龍なのだ。稲妻を抱いて恐ろしげな・・・・・・そもそもこれが珍獣?の旅のはじめ・・・。

いちどだけ踏み跡にだまされてルートをはずしてしまって崩れやすい斜面でのヤブこぎを強いられた以外は、陽だまりのコブコブ越えを楽しみながら高岩山へたどりつく。
 
 
100122041001220510012206 いったんくだって上高岩山へ急登!!ちょいとヘコタレ気味に登りきり、あとは楽な道のりを大岳山へ。
山頂直下の大岳神社では再び珍獣!ここの神様の使いの山犬さまが待ち構えていた。ちとマンガチックなお姿であるが、ちゃんと歴史ある像らしい。  神社横手からカチンカチンに凍った登山道を山頂へ。

水だけ→焼きネギと→トマトリゾット→味噌芋がらと→と変遷を重ねてきた糒メニューだが、今回はチーズリゾットだ。よしっ!乾燥ポルチーニをふんぱつするゼ!!!

マッシュルーム、ベーコン、ポルチーニ、トッピングに黒こしょうを忘れずに・・・・・
美味し。
 
 
1001220710012208 大岳山から西へ向かう。燃料マンタンで元気よくトットコトットコ尾根筋を歩いていたらイノシシに出くわした。パッと視界に入ったヤツは15mほど先で地面をいじっていた。そして「グモッ!」と言い捨て斜面を駆け下りていく。(よくブタの鳴き声をブヒッって言うけどもっとくぐもってるよね)

前に見たシカもそうだったけど20mほど走ってから立ち止まったのに感心した。自分の足音(落ち葉でガサガサ)で敵の位置もわからないもんな。で、僕がカメラを取り出す音に反応したらしくさらに激しく駆け下りて行ってしまった・・・・・・。ヤツがほじってた地面を撮影したけど、なにを掘ってたんだろう?

その後
予定していた天地山への道に「行き止まり」の文字が・・・。20年4月に通ったよ的な書き込みもあらためて削られている。特に登山道崩落という情報もないし行けば行けそうなんだけど、こうまで徹底して行き止まりをアピールするにはちゃんとワケがあるんだろう。事故多発とか私有地の関係とか。ムリを押してケガなんかしても世間を狭くするだけだし、帰らぬ珍獣になっても笑えないので素直に鋸尾根をくだることに。
 
 
1001220910012210 しばらく行くとヒノキの1本がフツーじゃない。「ん?クマにしては爪あともないし・・・」とよっく見ると白い毛が数本残ってた。はは~ん、高さもあるし「背中がカイ~の」とか言ってシカがカラダをこすったあとだな!
僕も会社で孫の手がないときなんか秘かに柱の角にこすりつけてるもんな(笑)

この前にイノシシをさらに1頭見た。イノシシらしき遠ざかるガサガサ音もあり・・・イノシシ増えてる?
 
 
1001221110012212 予定よりだいぶ早く、まだ明るい3時半に奥多摩駅に着いてしまった。目当ての小料理屋さんが開いてないのでウロウロしてたら駅のトイレにカッパ発見。これが本日さいごの珍獣に。

そんなことをしていると小料理屋「みやぎ」のおかみさんがいらした。
地元の海沢(天地山経由で通るはずだった)で採れたというギンナンから、オデン&熱燗へ・・・・・・○モト幸せです(笑)

| | コメント (0)

2010/01/17

鮫とティラミスと和牛~♪

1001170110011702  今日は初詣ツーリング。横横道路もあっという間、三浦半島の森戸神社にお参りすると鷲ならぬ鳶がお出迎えしてくれる。

江ノ島・富士山・裕次郎灯台・・・・朝は凍てつく寒さだったが、三浦はポカポカと暖かい。
 
 
1001170310011704 海に想いを馳せたふりをしたあとは漁師料理の店「海人市場」へと急ぐ。

みんなが刺身やなめろうなどを食べるなか、僕はなぜかに鮫の唐揚げ。

なに鮫だったのだろう? 前に投げキス仕掛けにネコザメが釣れてしまったとき「鮫肉はアンモニア臭い」と聞いていたのでリリースしたのだが、そんな匂いはなく美味しかった。
 
 
1001170510011706 今回は近すぎて13時に現地解散。多摩地区在住の3台は16号を走り・・・・・

町田のバロンドールカフェこと「小麦と珈琲ばろんどーる」に顔を出す。オートバイで新バロンに来るのは実は初めて。

時間もたっぷりあるしのでエスプレッソをおかわりし、ティラミスからプリンとはしごをする。
 
 
1001170710011708 自転車のときはあまり買えないのでパンもあれこれ買って帰路につく。

せっかくパンがあるので小金井のミート&デリカ タナカヤに寄り自家製ケーゼと和牛(切り落とし)をゲット。

香草入りケーゼはそのままマヨと、牛肉は塩とオリーブオイルで火を通し・・・ああ~うましっ!!香ばしいシンプルなパンが引き立ててくれた。
 
 

「鮫とティラミスと和牛~~♪」は「部屋とYシャツと私」のメロディで歌ってください。

| | コメント (2)

2010/01/15

心に残るアノ弁当(笑)

京王デパートで今年も駅弁大会が始まったので、そのニュースがなにかと目につく。
あのイベント自体にはまったく興味はないのだけど、「そういえば・・・・」と思って古い写真を引っ張り出した。

それが「かっぱの昼めし(一ノ倉京子風)」だ。最初に言っておくが、残念ながらこの弁当を巡るロマンスとかがあるのではない。この弁当そのものが思い出。

デジカメ導入以前なので1999年あたりだと思う。花巻で高速を降りて、早池峰山方面に入る前に遠野でなにかしら弁当を仕入れようと走っていたらドライブインを見つけた。あとで思えばドライブインじゃなくて道の駅遠野風の丘だ。当時まだ道の駅なんて言葉になじみがなかったような気がする。
で、なんとなくうろついていたらやけに安い弁当が積んであって、「かっぱの昼めし」なんて書いてあって、どうせバイクの一人旅でゼイタクする気もなく手ごろな感じ、面白そうだと買ってみたのだった。

大迫(おおはざま)から岳集落・早池峰神社方面に入る。まだ早池峰ダムは完成していなくて、いま話題の八ッ場ダムと同じで、ダム湖ができたときに湖面の上を走る位置にキレイな道路ができていた。ダムのそばに新しいレストランができてることに驚き(そんなものが無いと知ってたからこそ弁当を買った・・・・)、レストランをやり過ごした先の路肩にバイクを停めて弁当タイムにしたのだ。
 
 
Kappa 開いた「かっぱの昼めし」はご覧の通りのシンプルさ!
僕にとって必要なものがちゃんと入っている。そしてこれは滅多にないことだが不必要なものは一切入っていない。たとえば鉛筆のようなエビフライとかしょぼいデザートとか。

僕にとってだけではなく、かっぱにとっても必要なものだけが入っている。

シャケ(まあマスなんだけどね、哀)
キューリ漬物(かっぱにキューリは欠かせない、笑)
めし(しいたけとわらびの炊き込み、嬉)

たしかにかっぱが弁当をこさえたらこんなのになるんじゃなかろうか?という内容だ。これをやがてダム湖に沈むであろう岳川を見下ろしながら食べた。たしか500円切ってたんじゃないかな?480円とか。
 
 
Kappa2 翌年、再びあの道の駅をたずねて「かっぱの昼めし」を探したが見つからず、売り切れかな?と諦めて釜石へ向かった。さらに翌年は売り切れを避けようと旅に出るまえにパッケージにあった製造元の公社に電話をした。(我ながらようやるよ)・・・・・・・・しかし先方は「あれはもう作ってないんです」と。

来るたびに買おうとまで思ってたのに、結局たった1度だけの弁当だったのだ。

ちなみに、「一ノ倉京子」でネット検索してみた。
一ノ倉京子さんは岩手県の食の匠に認定されて活躍されてるようで、道の駅遠野風の丘で漬物が買えるらしい。
今年は久々に岩手に行こうかな?どうせなら漬物買って弁当こさえて早池峰山に登るというのはどうだろう・・・。

| | コメント (2)

2010/01/05

ぱふぱふぱふ

100104011001040210010403 4日は初登り、初登りは雪のうえでアレを食べたいと考えていたのに奥多摩に雪がなく、家から4時間の電車移動(特急に乗りゃいいのに)で諏訪の入笠山(にゅうがさやま)に向かった。

今回は軟弱だけど富士見パノラマスキー場のゴンドラで一気に1700mにあがる。そこから滑りはじめるスキーヤー・ボーダーとは逆のほうへ登ってゆくのだ。
 
 
100104041001040510010406 前に日記に書いた輪かんじき(ワカン)を履いて歩き始めるとすぐにキツネの足跡がお出迎え。

樹林帯、入笠湿原、わりと高低差が少ないルートを歩く。-5度くらい、晴天、昨夜雪が降ってくれたので雪面がサラサラ、気持ちいい!!
 
 
100104071001040810010409 よく踏まれた公園のようなルートに飽きてきたところで、何日か前のものらしき踏み跡が尾根にあがってるのをみつけて登ってみる。でパッと開けたところは案内図にあった岩場コースの上部らしい。

そこから頂上までは誰も歩いていない新雪の尾根道、ぱふぱふぱふ・・・ズボボボッ! 楽し!
頂上にあがると迂回コースから何人か登っていた。入笠山の展望は360度、遠景はかすんでいたけど目の前には諏訪盆地から八ヶ岳が。
 
 
100104101001041110010412 人がいるのでたまには自分の写真も撮ってもらう。ワカンなんか履いてるものだから皆さんあれこれ話しかけてきた。「初めて見る」という人や年配の方は懐かしんだり。

ひととおり景色を楽しんだらさっそくキッチンをこしらえて、餅を焼く。今回の目的は「雪の上で雑煮を食べる」なのだ。今年もこんな感じになるみたい(笑)
風で餅がちゃんと焼けるか心配だったのだけど、ちゃんとぷっくり膨らんでくれた。雑煮はお吸い物の素を使ったがナルトとミツバでそれっぽくなったね。それと磯辺餅もつくる。
 
 
100104131001041410010415 帰り道、少し降ったところにある開けた斜面。むかしスキー場だったらしい。このド真ん中を歩いてみる。ぱふぱふぱふ、たまにズボボボ(笑)

きれいに足跡をのこすには真っ直ぐ足を抜かなきゃならない。すうっと膝まで入る柔らかさ。雪面を切ってゆくスノーシューやスキーと違って雪の深さも体感できる。北国の人には珍しくもなんともないだろうけど、生まれも育ちも東京だとこんな雪あそびがうれしくてたまらないのだ。
 
 
100104161001041710010418 ルートのさいごにワンコを連れたハイカーと出会った。雪と柴犬!!めっちゃ似合う。

ワカンを脱着してるとわざわざ見に来るスキーヤーもいてこっ恥ずかしい。黒光りしてきれいなんて言ってくれたりして手入れしたかいがあったというもの。

地ビールと、ネーミングにひかれた八ヶ岳豆を手に電車(帰りも各停、笑)に乗る。移動時間8時間、歩行時間3時間だったけど、いい正月登山だった。

| | コメント (0)

2010/01/01

1月

111  
 
 
 
 
コノサカヅキヲ受ケテクレ
 
ドウゾナミナミツガシテオクレ
 
ハナニアラシノタトエモアルゾ
 
“サヨナラ”ダケガ人生ダ

毎年書いてるので詳細は省きます。今年もこの精神でいろんなものを大事にできれば・・・・。

1001010110010102 さて、恒例の新春朝練にでかける。お気づきの方はいらっしゃるだろうか?12月はわけあってあんまりロードならびにピストに乗れていない。ランニングでなんとか帳尻をあわせんとするも不十分なままに正月に突入した。

地元定点けやき。西高東低の抜けるような青空バックにそびえ立つ。
 
 
1001010310010104 小金井公園定点サクラ。
とっくに葉は落ちて寒々しい。落ち葉も風に飛ばされてしまった。

公園内では正月マラソンが始まっていてたくさんのランナーが周回していた。小金井市民だけなのかな?来年出てみようかにゃ?
 
 
100101051001010610010107 井の頭公園定点
天気図から連想させるような風もなく、とても穏やかだ。

弁天さまにお参りして、そばの井泉亭で名物だというお汁粉をいただく。またデカイ餅が入っていた・・・・・この20時間でいくつお餅を食べたことやら?
 
 
100101081001010910010110 井の頭線のガード下におわすお地蔵さま。たぶんお地蔵さま、古く磨り減っていてお地蔵さまかどうだか判別できないのだけれど。
 
いつも前を通過してて定点にしようかどうか迷っているのだ。迷う理由は背景に四季の違いが薄いこと。お地蔵さまのお召し物は季節に合わせて変わってゆくのだけど・・・・・。熱心な方がいらっしゃるのだ。

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »