« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

吉祥寺ラストラン

0912310109123102 除夜の鐘が鳴り始めましたね~~。

今日は正月太りに備えて井の頭で走ってきた。3時スタート。風が強く落ち葉舞うなか、1時間弱のSLD。西向きと東向きとでペースが違うほどの風。
 
 
0912310309123104 4時すぎ、ヌードルチャフェのお疲れ会に参加。年越しソバ揚げに餅までいただいて正月の先取りだ。

続いて顔を出したミシマ・カフェは今年に限って17:00から04:00までの年越し営業!!とてもそこまで付き合えずゴメン!!立山を冷やでいただく。
 
 
0912310509123106 8時、吉祥寺駅前の静けさに驚く!!!
もうシャッターが降り始め、年越しソバを買いそびれてしまう・・・・・。

ハモニカ横丁の田楽山にごあいさつに行く。下にはT社長がいる。上にはハモの会長がいる。そのほかわりといつもの面々がいて少しばかりホッとする。早くもお雑煮を食べて・・・・・またしても正月先取り。

今日走ったのが吹き飛ぶほど炭水化物を摂取してしまった。

アクセス混雑になる前に取り急ぎ、皆様よい年を!!

| | コメント (0)

2009/12/30

見上げてごらん

0912290109122902 ゆうべは吉祥寺のピアノバー武蔵野倶楽部の忘年会だった。

僕は初参加、上は82歳、下は35歳で、僕でさえ若手に分類される。
 
 
0912290309122904 最高齢のSさんがクラリネットを奏でる。Sさんは村松友視さんの小説武蔵野倶楽部にも登場している方。

多才多彩な方ばかり。ジャズ、ロックンロールピアノ、イタリアンオペラ、ハワイアン、ラテン・・・・・次々と。
 
 
0912290509122906 〆はマスターのピアノにあわせて皆で歌う「見上げてごらん夜の星を」。これで忘年会はあと1つになった。

まあるく明るい月を見上げながら、ふと部屋でほこりをかぶっているウクレレを思い出したな。

| | コメント (2)

2009/12/25

松姫の哀しみを

091225010912250209122503 以前、戦国時代の行動食「糒」の話をしたが、それを見たある方が「昔は芋がらを味噌で煮詰めたのを湯で戻して味噌汁にして食べたそう・・・」と教えてくれた。

調べると確かに戦国後期まで多用されてたらしい。画像左の黒いのがその試作品だ。これを食べる場所に浅間尾根をチョイス。普通に登ってもつまらないので笹平バス停から松生山めざしてスタート。取り付きの小さなお社に手を合わせて登りはじめた。

作業道らしき踏み跡を一気に200mほど登る。あんまり安定していないうえ、優しさのカケラもなく直登だ。時に両手両足を総動員し大汗をかく。
 
 
091225040912250509122506 ここは浅間尾根の東の端。浅間嶺まで行けばその先の登山道は江戸と甲州を結んだ古道だった道なのだ。この一帯には「松姫伝説」というものがある。オートバイで奥多摩を走る人なら松姫峠という地名を知っているだろう。

踏み跡は消えたり見えたりだけど、地形がはっきりしてるので迷うところはない(と書いたけど地図も磁石も持たずに行かないように)。せいぜい思いのほかコブが多くて疲れるくらいだ。700mを越えると南の展望が開けるが、笹尾根になじみの山がないので名もわからず・・・。

一面落ち葉の尾根道は気分がいい!が、メントスの包みを発見、回収。人が通らないせいかゴミもまったく見なかったのだけどね。取り付きから浅間嶺の手前までコレ一つっきりだった。
 
 
091225070912250809122509 松生山(まつばえやま)933mに到着。その先、胸の高さの笹が道にかぶっていた。冬でよかった(笑)

さて松姫。
松姫は武田信玄の娘なのだ。信玄没後、長篠での大敗があり、ついに天正十年正月(1582)に織田軍の侵攻が始まる。負け続ける武田軍を後に、松姫はほかの何人かの姫君を連れて北条氏を頼って東へ東へ逃避行。

僕は古からの往来に合流して浅間嶺の展望台へ。武田の落人が通った道でいよいよアレを。

さっそくお湯で糒を戻して、ネギと芋がらを入れて食す。
それだけで「味噌汁のように」というわけにはいかず、ほんのり味噌風味という程度だ。昔の味噌はもっと濃かったのかな?でも芋がらを噛むと味が出てうまい。湯漬けの菜に芋がら味噌漬けを食べてるという図式が正しいかな?
 
 
091225100912251109122512 腹ごしらえが済んでさらに西へ。
40分ほど歩いて浅間石宮に出た。小さな小さな祠だ。松姫が兄武田勝頼の冥福を祈った場所であるという。

今日前半の明るい道と違い、ここは尾根を北に巻いて暗く、道は固く凍っている。
勝頼が自害したのは天正十年三月十一日、同時期に松姫がここを逃げていったとすればやはり冷たい道のりだったはず。平安時代と違い甲斐武田のものとはいえ姫の身にはつらい旅だったことだろう。

浅間嶺まで戻ると飛行機が見えた。
空と下とで旅のカタチがずいぶん違うこと(笑)
 
 
091225130912251409122515 桧原の本宿に降り、「たちばな家」へ。手打ちラーメンで知れたお店なのだがなかなか来るチャンスがなかったのだ。

で、ラーメン食べにきたのに目についた馬刺しを頼んでしまう。
クリスマスに馬刺し・・・・・・・まあトナカイ食うてるわけじゃないからいっか!?(笑)

ラーメンはいわゆる「海のラーメン」の態。ナルト、チャーシュー、ノリ、ほうれん草・・・・・・
手打ち麺はやっぱ美味い、プルプルといいコシ。味も決して「海の家」などではなく正統醤油味であった。

ん~~~~~~~、歴史ロマン旅のはずが、最後崩れたにゃ。

| | コメント (0)

2009/12/24

ツララ

イブの夜だっちゅうに、ぼちぼち寝ようかとしているmassiでございます。お晩です!(笑)
 
 
0912230109122302 19日のパーテイーに来られなかった方から「第二弾をっ!!」と要請があって、もろもろごちゃ混ぜのプランを立てて奥多摩に行ってきた。
 
日原街道を離れ、日原川の支流に沿った林道を歩く。
ここを選んだのは大小の滝や岩をつたって落ちてくる流れが景色の変化を与えてくれるから。
 
 
091223030912230409122305 が、想定以上に目を楽しませてくれたのはたくさんのツララ達だった。
地面には鍾乳洞の石筍のような造形・・・・・・・しずくが垂れて?と思ったがそうじゃない。ツララが落ちて、折れ、溶け、また凍り、を繰り返してできたらしい。だれかが「ムーミンのニョロニョロみたい」と。
 
岩一面に白糸の滝のように垂れたツララもあれば、道にはぶっといツララがごろごろ転がってる。ガキだからすぐ拾って構えてみたりする「てやっ!」「とうっ!」
 
 
091223060912230709122308 崩落した橋にちょっぴりスリルを味わい・・・・林道の終点へ。

昼食はオデンとうどん。W女史がオデン担当。僕は味噌キムチうどんの担当。味噌を景気よくブチこみ過ぎて塩っぱくなっちゃった!!ゴメン・・・。
 
 
091223090912231009122311 奥多摩駅前の「みやぎ」に流れ込む。第二弾の始まり始まり~~。
カウンター5~6席の小料理屋さんだ。奥の間へ通される。奥の間はコタツなんだよな。これじゃ宅飲みだネ!!
 
おつまみは地のものなのが嬉しい!酒は当然「澤乃井」だ。冷酒がヤマメの刺身によく合う。旨いっ!
 
ツララ凍る奥多摩の夜、コタツでぬくぬく、たまんないね。皆さんお疲れさまでした~!

| | コメント (2)

2009/12/21

ボッサ鍋パーテイー

全てはY田さんの一言から始まった。
「○っさん忘年会やらないの?」
 
なるべくそういうことから遠く、吉祥寺の隅っこでひっそりと棲息してるのに・・・・(笑)吉祥寺関連の仲間をかき集め、鍋をつつきながらボサノヴァを聞くというプランを立ち上げた。
 
 
0912190109121902 場所はヌードルチャフェ。鍋もタダでは食べさせない。ゲームの勝者が好きな食材を選択できるのだ。
 
 
 
スープはゴマ味噌スープ&塩ニンニクスープ&トムヤンクンスープ
野菜は中華野菜&北海道野菜(芋コーン)&彩り野菜(3原色系)
キノコはキノコの山&エリンギ山&ぬるぬるキノコ(ナメコ&オクラ)
メインは海鮮スペシャル&北海道(サーモン系)&こけこっこ(鶏)
 
3チームが戦って個性的な組み合わせができあがった。
 
 
0912190309121904 ボサノヴァギターの西澤沙苗さんがミニライヴを引き受けてくださった。ありがとうございます。そして終盤、みんなで「上を向いて歩こう」ボッサバージョンを歌う。
 
かなりバラバラで接点のない集団だったのだが、さすが吉祥寺で飲み歩いている面々。まとまりよくノリもよい。ほんとは全員アウェイなのに・・・・全員ファミリー化してたぞ(笑)
 
 
0912190509121906 最後はY田さんと僕。まあ、こんな感じでやってます。
 
3時間のパーテイーを無事終えて、李朝苑下のおでん屋台に流れた。
熱燗のおでんダシ割りにやっと一息つく。ふうう~~。

| | コメント (0)

2009/12/18

ジョギング点描

091218010912180209121807_2 朝から年賀状の準備やパーテイーの準備やらして、午後はぽっかり時間ができてしまったので、また田無から吉祥寺まで走ってみた。
 
最初は狭山境緑道(多摩湖自転車道)から、武蔵野浄水場脇の遊歩道へ。
この南北に走る遊歩道は実は線路の跡地。戦時は中央線から中島飛行機のエンジン工場へ向かってた支線。戦後は国鉄スワローズの本拠地武蔵野競技場へつなぐ武蔵野競技場線だった。
 
 
09121803_209121804 でも陽射しは強く、予報ほど気温は低くない。走ればウインドブレーカーはいらない。
 
三鷹駅周辺では周りを歩くひとから浮いてるような。
電車に夢中な赤ちゃん・・・・踏み切りとかにいるよねこういう子。小学校のとき学校を抜け出して三鷹駅に特急(もちろんあずさを)を見に行ってしまったO君を思い出す。大騒ぎの学校にひょっこり帰ってきた(笑)
 
 
0912180509121806 毎朝気になってたカーブミラー。右折禁止のポールが食い込んでる。
 
公園は冬仕度。落ち葉を薦袋に詰め込んでるおじいさんがいらしたが、掃除という感じじゃなかった・・・・・・・焼き芋?
 
吉祥寺でお茶してるうちに暗くなってしまい、帰り道は手袋して走った。カラダは暑くても手が冷た~い!!

| | コメント (0)

2009/12/15

1秒の歓喜とウィスキー

1秒の歓喜とウィスキー
23時ころ、ベランダからひょっとして?と見上げた南東の空、オリオン座のあたりに1本流れるのが見えた。

おっ!?
これはイケるか!?
久しく着なかったベルスタッフのトライアルマスター上下を着込んで、登山用のコンパクトチェアをベランダに置いて座る。
寒さ除けにウィスキーも忘れない(笑)

本格的に準備し終えたら雲が広がってきて「おやおや」だったのだけど、なんと薄雲の向こうを走る流星が見えた。

「見える見える……」
でも1秒ほどの流れ、願い事をする間もなし。
だいたいオリオン座を通過して見えたので、オリオン座をまず見つけてみればよいかな?
8F建てマンションに囲まれて明る過ぎる5階のベランダにしちゃ上出来じゃないか?

某SNSの流星群コミュでも、今夜わずかなあいだに1000コメに達してしまった。
全国的によく見えてるのだろう。


ともあれ、これからの時間帯は南寄りの真上、オリオン座あたりを見ていれば高確率で見えるはず。

| | コメント (0)

2009/12/12

今宵、あなたはなにをしてますか?

今宵、あなたはなにをしてますか?
先日書いたミシマの水浸し事件、建物は使用可能&営業前だったことが幸いして電気系の被害無し。

今日から営業再開ということでランニングのあと顔を出した。
水浸しの厄落としにパラソルチョコを差し入れ(笑)

その後打ち合わせごとがありピアノバー武蔵野倶楽部へ。
お腹が空いてたので名物の武蔵野うどんをオーダー。(ジャズバーでうどん!でも美味しいのだ、笑)

うどんを食べ始めたらマスターがピアノを弾き始めた!
♪ホワイトクリスマス♪
(うどんにミスマッチ?笑)

常連のS翁がクラリネットで合わせる。
聴衆は僕独り。至福♪


さて、今日あたりから3日ばかし双子座流星群の極大がくる。月の出は遅いし新月!チャンス!

23時から3時ころ、外にいる方はぜひ南の空を。

僕も帰り道に見上げてみよう。

ハモニカ横丁の友人達はこれを見たところで帰宅は明るくなってからだろうから星は見えないな(笑)

| | コメント (0)

2009/12/10

頑張れミシマ!

夕暮れどき、ヌードルチャフェのスタッフさんからメールがあり
「ミシマの2階テナントで火事があり、ミシマは水浸し」
とのこと。

さっそく仕事帰りにのぞいてみるとミシマカフェは真っ暗、地面は濡れてる、2階の焼け跡が痛々しい。今朝もミシマの目の前を通ったときは何事もない姿だったのに。消防士がいまだ数人立っていたのは事後処理のためか?再発を警戒してか?

なにしろ様子がわからないのでVIC系列店で聞き込み開始・・・・・・てか北口のポヨでビール飲んだだけど・・・。

ポヨのスタッフさんによれば、営業前だったのでミシマスタッフに怪我人はいなかったとのこと。よかった!
でも2階の傷み具合によってはあの建物が使えなくなる可能性もある。

Ca713xov  
 
 
 
 
う~む、無事再開してほしいものだ。
2度と会えない人との思い出だってある場所なのだから。

| | コメント (2)

2009/12/04

三ツドッケ

0912040109120402 昨日1日雨が降って今朝はスカッと晴れた。

奥多摩の北辺、埼玉との県境にある天目山を目指す。三ツドッケという名のほうがよく通っている。このバスではいつものことだが川苔山へ向かう女性ハイカー4人が川乗橋で降りたら、日原まで乗るのは僕ひとり。

山はすっかり葉が落ちて見通しがいい。落ち葉のじゅうたんもキモチいい!
 
 
091204030912040409120405 山頂直下の一杯水避難小屋にかけられた温度計は3度をさす。

冷たい風が吹き付けているので小屋の中で食事してもいいんだけど・・・・・・・やっぱり山を見ながら外で食べたほうが。
 
 
0912040609120407 今日はリゾットだ。

前回、鍋の〆に糒を入れたときに気づいたんだけど、糒はお湯で少し煮ると絶妙な歯ごたえになって実に美味いのだ。お茶漬けのりに入ってる煎餅というか、雑煮に入れた切り餅の角のとこというか、中華風おこげみたいな??

キューピー・サラダクラブの力を借りて、コンソメ気分量・塩気分量・コショウ気分量にオリーブオイルをたらり。コッフェルから溢れんばかりのリゾット(笑) 美味しっ!!
 
 
091204080912040909120410 作るはしから冷えてゆくリゾットとエスプレッソを大急ぎでお腹におさめ、手をすりすりしながら山頂へ。

ニセピークに立つと本当の頂きはその先に(ガクッ)。その尖がった山を登りつめると10畳ほどの山頂がある。

その展望のよさに驚いた。奥多摩の山の全てが見える!!は大げさではないと思うのだけど・・・・・。さらに奥武蔵の山やさいたま市から新宿までも見渡せる。
 
 
0912041109120412 山頂から降って尾根筋を東へ蕎麦粒山方面に向かう。
振り返ると三ツドッケが見える。3つのピークからなる山なので三ツドッケと呼ぶそうだ。

棒杭尾根の下降点を見つけ、降りる。
この道は国土地理院の地図には載ってないので用心して、ちょうど正面に見える御前山をチェックしながら(知らないルートは見通しのよい冬がいい)降りてゆくが、そこそこ踏み跡もあって難しくなかった。ただしかなりの急坂。登りでは使いたくないルートだ(笑)
 
 
091204130912041409120415 他に誰も歩いてなくて静かな山をひと山独占、景色はよいし大満足だった。

帰りにいつもの豆腐屋さんに寄ると、すっかり顔見知りになってしまった奥さんが出し抜けに「川苔で事故があったみたい」と言う。山でなにかあると町が放送で流すらしいのだ。そういや2時すぎヘリの音がしてたけど・・・・。

ひょっとして川乗橋でバスを降りた4人のうちの誰かが??
他にもルートはあるけど川乗橋からがやはりポピュラーなのだ。
大怪我でなけりゃいいけど。

| | コメント (0)

2009/12/02

12月

0912020109120202 地元定点けやき
紅葉を過ぎて散ってきている。
とてもよい天気だが、早朝はもやがかかってなかなかいい眺めだった。今朝の出発時8:00でもまだ余韻が残っていた。
 
0912020309120204 近くのお社。
狭いエリアの氏子さんがたに守られているようだ。いつもきれいにされている。

静かなふんいきを湛えてるのだが・・・・・・あの向こう側にある広い畑を突っ切って新しい道路が延びてきているのだ。いずれ環境の激変があるに違いない。
 
 
091202050912020609120207 小金井公園定点サクラ

すっかり葉が落ちてボウズ。久我山あたりのサクラはまだ葉を残していてきれいな赤茶に染まっているのに・・・・・・。せいぜい10kmの差だと思うのだが、場所でだいぶ違う。

と、クルミというワンコに出逢った。人なつっこさが顔にも出てる(笑)
だけど、かまうと喜んでジッとしていてくれないのでまともに撮れたのは2ショットくらいだ。
 
 
091202080912020909120210 井の頭公園定点

樹の種類が多くてさまざまに色づいている。背の高い立派なモミジが多い。一方地面は落ち葉。落ち葉のジュータンもピークを越えた。
 
0912021109120212 真新しい切り株を発見。けやきだ。
単純に間伐したのだろうか? 実際、自宅近くの雑木林でも順番に間伐をして、同時進行で接ぎ木や植樹で若樹に世代交代させている。大木ばかりになると弊害もあるのだそうだ。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »