« 港に猫はつきもの | トップページ | 12月 »

2009/11/28

セグロのナマス

昨日食べさせてもらってとっても美味しかったアレをマネしてみた。

fish新鮮なセグロイワシを(←これが一番厄介な条件なんだが)軽く塩して酢で〆る(今回は1時間)。

fish味噌と酢と砂糖をあわせ、ネギとみかんの皮を加える。

fish先のイワシの酢を捨て、新しい酢で洗い、味噌とあわせる。

001
これでできあがり♪
少し馴染んでから頂くとウウウ~~マイ!酒によしご飯によしお茶うけにもよし。

これにオカラと砕いた落花生を加えたものは「からなます」と呼ばれ、富浦周辺では祝い事や人が集まるときに作るのだそうだ。

ゆずじゃなくてみかんを使ってるので香りが柔らかでいい。ゆずでは出しゃばる。

味を思い出しながら用心して一般の酢味噌よりも酢は少なめにしたのだけど、それでも酢が強くなってしまった・・・・・。酸味はフワッとくるぐらいがいいような気がする。臭い魚をごまかして食うわけじゃないからね。

吉祥寺ハモニカの油井商店ではしめたセグロを売ってるので、生も買えるだろうか? 足が早い魚だからな・・・。でもアジかサンマで代用できるね。

|

« 港に猫はつきもの | トップページ | 12月 »

コメント

それでは今度、三条大橋東は村山造酢の「千鳥酢」を使ってみてください。
にやり

投稿: Volare-Bianco | 2009/12/01 01:03

volare biancoさん、こんにちは。

教えていただいた紹介ページ見ましたよ!
京都のお酢は穏やかな仕上がりになってるんですね。使ってみたいものです。

投稿: massi | 2009/12/01 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 港に猫はつきもの | トップページ | 12月 »