« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/26

続々・蓮華、肉責めっ!

0909230109092302  蓮華2日目の16時ころ、僕は「どえりゃ~名古屋の味噌田楽」や「トマト・ガーリックのホイル焼き」など、優雅にオードブルをこさえてた。
 
フキの葉をとってきて味噌田楽を飾ってみたり、最初は優雅だった・・・・・・が、やがて4人が持ち寄った食材の全容があきらかになり、深刻な事態を迎える。
 
 
0909230309092304 やたらと肉に偏ってるのだ。しかも「みんなへの思いやり」でそれぞれが軽く2人前以上持ってきている。
 
まずナマモノを片付けなければならないのは明白。さらに少しでも荷物を減らさなければ、帰るときはまた駐車場までかついで行かねばならないのだ。ここで炭水化物自主規制の大英断が下され、パスタのために持参したジェノベーゼソースはチキン&雑多ソテーに投入される。
 
向いでは富山の兄弟さんの自称「インチキカレー」が作られている。
 
 
0909230509092306 わざわざ鍋まで買ったジンギスカンは腹が破れても喰う!!しかしスプレー式のオイルがあるなんて知らなかった~~。
 
僕とYさんとでモヤシ2、シメジ2、ラム500gを完食。
 
 
090923070909230809092309 「生揚げがあるよ」の声に、「どえりゃ~名古屋の・・」を乗せて焼き、食欲増進のためにネギをバーナーで炙る。ちなみに先の画像の生揚げは醤油で食べた。
 
網の反対側で作っていたインチキカレーはキーマカレーでとてもインチキなんかじゃなかった。minoguzziさん提供の豚バラ肉(重量不明)が投入され、溢れんばかりだ。これは目玉焼きとともに配給される。
 
 
0909231009092311 いやあ、頑張ったよ!
やはり重複して存在するソーセージ類は明日の朝食に回すとして、と勝利を向かえんとしたそのとき!!!
 
ボスキャラ、牛ステーキが降臨・・・・・1人に2枚配給・・・・。
 
あはははは、どれもこれも旨かったからよかったんだけどね♪
備長炭は「もっとなんか焼け!」と真っ赤になって吠えてたんだけど、もうギブです。
 
残り火をいじりながら、落ち着いて飲むのはminoguzziさん持参の百年の孤独。旨し!
僕なんざ安酒を軽い容器に移して持ってきたのにminoguzziさんは酒瓶3本を投入!さすがだ~。
 
23時、めでたく就寝。
 
 
090923120909231309092314 最終日、たぶん4時ころを中心に強い雨音がテントを叩いていた。
そして6時にテントを飛び出し、小雨のなか露天風呂へ。
 
朝早ければ誰もいないのでは?という期待むなしく、他にも入りに来てる人がいるので、また一番高い「薬師の湯」まで登った。湯船にピチョン♪ピチョン♪と雨粒が落ちる。
 
帰りに「黄金の湯」を覗くとこちらも先客がいる。「すいません、後ろ姿を撮らせてくださ~い」とお願いしたら「構わん、ワシのを撮れ」と隠す気もないらしい。しかし「ワシのを」ってなんだ?「のを」って(笑)
 
 
0909231509092316 まだ食い物の話で申し訳ない。朝飯だ。
ベーコンエッグにジャガリコのカリカリ焼き、そしてマヨたっぷりのトマトが配給される。メタボの3文字なんぞに構っちゃあいられない。
 
2皿目にはお粥が加わった。塩辛乗っけたらウマ~。そして画像にはないソーセージも何種か焼かれ・・・・・。
 
 
090923170909231809092319 10時、あれやこれやてんこもりだった蓮華温泉をあとにする。国道まで十数キロの細い一本道を僕は最後尾で走っていた。もちろんアイツラの事を忘れちゃいない。この道だったのか?それとも国道で?
 
回り込む左コーナーを駆け降ってゆくと・・・「あ、いやがった!!」
前の3台は気づかなかったようだ。カリフォルニアが停まるまで30mほどがもどかしい。坂を走って戻ると缶ビール2本がガードレールに引っかかり、キャベツの残骸が落ちている。さらに草むらにビールが1本。キャベツは動物が持っていっちまったんかなあ?
 
姫川で西へ帰られる3人とわかれて南へ。
お腹いっぱい胸いっぱい。寄り道して食事する気にもならない。
給油1回、トイレ1回でサクサク走ったら15時に東京帰着。
 
 
 
帰宅後の乾杯。
アスファルトに叩きつけられ、白馬の厳しい2晩を耐え抜いたビールは、それはそれは格別の味だったとさ。

| | コメント (6)

2009/09/25

続・蓮華、トレッキング

0909220109092202  5時半ころから、明るくなってゆく森を眺めながらのウトウトが心地よかった。
 
今回は、緊急用にいつも持っているテンチョで寝てみたのだ。テンチョというのはテントとポンチョを兼ねたもの。雨具として使う以外に、やむなく予定外に寝るときや生命維持のためのシェルターとして使える。
 
気温もほどほど&ムシも少ないこの時期に、実際に寝てみて居住性をチェック。インデイアンの家みたいなもので床はない。サバイバルシート(いろんな呼び名があるけど銀色のシート)を敷いてその上に寝る。
 
僕はカラダが大きいので足先や手のひらがテンチョの外に飛び出たりしたけど(泣)、気候もよかったので快適だった。なにより明け方からテンチョを半分開いて外を眺める心地よさったらクセになりそうだ。(内も外もないか)
 
 
090922030909220409092205 蓮華キャンプの2日めはminoguzziさんとトレッキングに出かけた。
 
7時ころから活動開始。キャンプする人はそれぞれ愛用の道具があったりする。minoguzziさんが愛用パーコレーターでインドのコーヒーを淹れてくれた。ゆっくりゆっくりコーヒーを飲み、10時にスタート。
 
ちなみにキャンプ場は炊事場やトイレやテーブルがあって前評判ほど悪くない。ただし水は出ないのでキャンプ地に湧く湧き水を使用。これが手がしびれるような冷たい水なので、肉の保存やビールを冷やすのに活躍した。
 
 
0909220609092207 コースタイム2時間半の周遊ルートはまず湿原への木道から始まる。曇り空だけど雨はない。
 
途中までは朝日岳五輪尾根へ通じる登山道だったので、下ってくる人が意外と多かった。
 
 
090922080909220909092210 湿原が尽きると登りが始まる。
ちょっと奥多摩に似た針葉樹の尾根の急登だ。画像はminoguzziさん撮影、自分が歩いてる姿ってのを始めてみたゾ。猫背が目立たないアングルでよかった(笑)
 
そして出発から2時間、暗い尾根道からパッと出たら瀬戸川の谷に突き出した支尾根が見えた。白く小さな広場がカモシカ展望台だ。わざわざ展望台と地図にのるだけあって、変化に富んだ素晴らしい眺めだ。
 
 
0909221109092212 谷に面していて気温差の関係か、そこだけ紅葉がキレイな展望台。
 
あとからやってきた女子大生?グループに気をとられて茹でかけのマルタイ・ラーメンをひっくり返すという大失態を演じてしまい・・・・・・・がその瞬間、「私たち、余分に食べ物ありますよ」と即座に言ってのけた彼女らに、あとで「いい娘だ!!」と感心しきりのオジサン2人(笑)
 
落としたラーメンは当然ながら回収して茹でなおす。底のワカメを食べたらジャリっと歯が鳴った・・・。
 
 
0909221309092214 いつものエスプレッソも飲み、のんびり風に吹かれて1時間。キャンプ場に戻ったのは14時、休憩込みでちょうど4時間のトレッキングだった。
 
テントが一張り増えている。Yさんが到着したらしい。ではそろそろ?と駐車場に行ってみると予感的中して富山の兄弟さんが荷解きの真っ最中。荷物を分担してキャンプ場へ向かう。なにしろ駐車場からアップダウンの1km弱の道のりなのだ。
 
リヤカーの画像は他グループ3人のもの。minoguzziさんは一人で満載リヤカーを引いたそうな!!スゲー!坂道で荷物が転がって大変だったらしい(笑)。僕はテント泊用のザックで2往復。かつぐのが一番楽でしょう?
 
さあ、メンツはそろった。宴会本番だ~!

| | コメント (2)

2009/09/23

秘湯蓮華温泉・・・ビ、ビールが無いっ!

090921010909210209092103   21日(月)、朝も早よから大渋滞の関越道~上信越道を走り、北アルプスの遠景が素晴らしい県道12号のワインデイングを走り、11時半に長野市の西、信州新町のスーパーに到着した。この町はヒツジの産地とリサーチ済みなのである。
 
今回は9月のあたまに大阪minoguzziさんからの「新潟の蓮華温泉キャンプ場、誰か来ない?」という誘いに乗ったのだ。だって「山の中に4つの露天風呂が点在」「キャンプ場内に湧き水が流れ」「駐車場からはるか遠く、一般キャンパーは敬遠」など、そそるキーワードに溢れているんだもの。
 
さて、田中屋で自家製ジンギスカンと簡易ジンギスカン鍋を購入。カリフォルニアの積載物が増えてゆく。
 
 
0909210409092105 次いで信濃大町の山岳博物館へ。
井上靖の「氷壁」の題材になったザイルの実物が展示されてる。展望台からの眺めはなかなかのもの。
 
だけど、早池峰山麓、大迫にある山岳博物館のほうが雰囲気はいい。山の道具がぽんと置かれたかのように展示されていて山小屋みたいなのだ。
 
 
090921060909210709092108 さあ、いよいよ蓮華温泉へ。
最後に白馬のジャスコで買出しだ。「キャベツたっぷりアサリの白ワイン蒸し」を作りたいのでキャベツを忘れずにゲット。先行しているminoguzziさんにも「キャベツは僕が持っていくから・・」と連絡してある。
 
・・・・が、蓮華の数キロ手前に静かな池を見つけ、写真を撮り・・・・・最後にくくりつけたキャベツと缶ビール500mlX6本がなくなっていることに気づいた!!(あ、あ、あががが)
 
もう人里を離れ、買出しに戻るに1時間は要す。あきらめて蓮華温泉に到着するとminoguzziさんは「まあ、しゃあない」と慰めてくれた。右画像はキャンプ場へ向かう途中、振り返ったところ。ロッジと山の中腹に白い肌が露天風呂のあたり。
 
 
090921090909211009092111 ビールもキャベツも失ったが、まずは露天風呂へ。
 
ここは4つの露天風呂がある。一番下の「三国一の湯」は冷たいうえに小さすぎる湯船に入る勇気が出ないっ!!紅葉の登山道を15分ほど登ると「仙気の湯」に到着。しかし先客がいたので次へ~~。
 
 
0909211209092113 僕らは一番高い「薬師の湯」に。ちとヌルいが気持ちいい。
 
そして絶景ナリ!!
来たかいがあったなあ~~。眼下にはさっきの「仙気の湯」。
 
キャンプ場に戻る前に、ロッジで350mlの缶ビールを2本買った。900円だ。1000円札を出す手が震えるのは僕の器が小さいからだろうか・・・・・
 
 
0909211409092115 アサリの白ワイン蒸しは、キャベツ抜きでも旨かった(笑)
 
前日、佐渡を回ってきたminoguzziさんがイカ徳利を買ってきたので「天領盃」を燗にして次々飲む。継ぎ足すごとに味が濃くなってゆく。
酔いが回ったminoguzziさんは「ホイコーロー作ろと思たんやけどキャベツが・・」「野菜炒めの素もあるんやけど」とキャベツ攻撃を繰り返す。佐渡じゃなくてサドやろ!!(笑)
 
負けじとジンギスカン500gを炒め、シメジご飯をこさえて食いまくり、22時前に就寝。ふう~~。

| | コメント (4)

2009/09/20

おやじの山道具

雑誌でスノーハイクなんて言葉を目にする季節が近づいてきた。
スノーシューかあ、かっこいいね。でもあれが活躍するような大雪原に行くこたあ少なそうなので買うまでもないか・・・・・・・・・・・待てよ?
 
おやじが使ってた「わかん」(輪かんじき)がどこかにあったはず。
 
 
0909200109092002 で、深くしまいこんだ箱を引っ張り出したら出てきたよ。おやじが使ってた山道具。
 
手前の丸いのが「わかん」、奥に鉄鋲を打った鋲靴。他にアイゼン・ハーケン・あぶみ・スキーの裏に貼るシール(ナイロン)など。アイゼンはアイス用かな?でも役に立ちそうだ・・・・ミニアイゼンじゃ物足りなくて10本爪じゃ恥ずかしい(?)ときに??
 
おやじの鋲靴は持つとめっちゃ重い!よくこんなので歩いたな~。僕の使ってるガエルネは純然たる登山靴ではなかったのをソールだけヴィブラムのモンターニャに張り替えてある。ヴィブラム・ソールの登場で鋲靴が廃れたそうな。
 
 
0909200309092004 こちらは既に使っている道具たち。
 
飯ごうには「ニギリ矢」「昭十六」などと刻印がある。僕には不釣合いなほど年季が入っている。ニギリ矢の商標は那須アルミが持っていたもので、軍におろしていた。戦後は日本軽金属(株)に合併したらしい。
 
昭和16年だと、おやじは8歳。おやじの家は海軍一家だったので誰か兄からもらったのか?でも海軍て飯ごうを使うイメージがないなあ。それとも戦後に手に入れたものか?今では確かめられない。
 
さて、わかんはメンテナンスが必要だ。
油を塗って、荒縄を巻きなおそう。

| | コメント (0)

2009/09/18

そぞろ歩き

010203   たまにゃあ親孝行せねばと飯能の巾着田へ出かけた。
 
ちょっと早めに行ったのだが曼珠沙華が満開まぢか~~、ということでどこにカメラを向けても中高年がそぞろ歩いていて(失敬、僕もそろそろその1人なのですな、笑)、切り取り方がムズカシ~。
 
 
040506 秘め事に夢中なアカトンボ・・・・
 
アカトンボとは言いながら・・・・羽根を見るとアキアカネとかではなく、ノシメトンボと言うヤツらしい。コスモスはちらちらとしか咲いていなかった。
 
 
0708 巾着田というからには田んぼがある。
 
高麗川から田んぼに水が引かれてとても雰囲気がいい。小魚は泳いでるしアメンボもいる。画像はハグロトンボ。青い尾がキレイだ。
 
なんにしても稲が実ってるのが妙にうれしいのだ(笑)
 
 
091011 電車から、大型バスから、大量に観光客が押し寄せてきたので、小移動して西部秩父線あしがくぼ駅前にある道の駅へ。
 
名物岩魚すしやら蕎麦やら食べ始めて、ふと気づいた事実は「あ、今日は酒飲んでいいんだっ!!」あわててメニューを確認するとちゃあんとビールがあるじゃないかっ!!
 
道の駅だといつもオートバイだから頭が飲酒モードに入らない・・・・アブナイアブナイ、プハ~ッ!!

| | コメント (0)

2009/09/13

清原に教えた男?

0909111009091111  金曜朝、以前なにげなく恵那峡SAで土産に買ったら意外な人気だった「どえりゃ~名古屋のとんかつソース」を通販で届いた。来週キャンプがあるのだが寒かろうし味噌田楽にしようかな。
 
午後は吉祥寺の若き飲み友が「ゴルフをやってみたい」と言うのでかつての職場である某郊外レジャーランドへ行った。僕にそれを言うとは目のつけどころがいい。なにしろあの清原にゴルフを教えた男なのだから・・・・・
 
 
 
ここのゴルフ練習場にいたとき、清原(キヨマーなどと呼ばれていた)の友達がフロントでバイトしていた関係で彼が遊びにきたのだ。当時ゴルフ初心者の清原は後ろで見ていた打席係りの僕に、ボールを打っては「これでいいっすか?」「こんなんでいいっすか?」と聞くので「いいんじゃないすか」と”教えてやった”のだ。
 
・・・・・・・・・・なんつっても、
僕は100を切るかどうかの腕前で人にどうこう言えた立場じゃなかったし、清原は初心者でありながら経験者の僕より物凄い球を打ってたのだ(泣)
「いいんじゃないすか」としか言いようが無い・・・・・(笑)
 
さて久々に握ったクラブだったが、まあ20年以上ブランクがあると白紙みたいなもんだ。人にポイントを教えといて自分がそれを実践できない。徐々に思い出し思い出し、自分に言い聞かせ言い聞かせ、ときたまいいショットが出るようになった。
 
 
 
0909111209091113 スポーツのあとはビールを飲まなければならないのだ。
 
夕方5時、ハモニカ常連のTさんの中華屋さんへ。
4時間前にハンバーグステーキやら食べてるのに、固焼きソバ・肉みそ炒め・チャーハン・春雨・餃子・ラーメン・ビールだビールだおらおらおら・・・(笑)
 
2人で6皿。うち3皿は主食系。なんかアタマ悪いよね~。
帰り際、Tさんのお母さまが「よう食べたね・・・」と小さくおっしゃった。
 
 
 
0909111409091115 明けて土曜日
2日間の祭りの準備で吉祥寺は朝から騒がしい。どこの商店会の連かわからないけど知り合いから「担がないか」と声かけてもらったが、土日は仕事で残念。
まあムダに背があるのでアンバランスにひとり肩の皮が剥けるような気もする。
 
昨日の中華三昧の影響か?どうも腹が出たような気がする・・・・・。来たるキャンプでは過剰摂取は間違いない。
 
明日から1週間、遠回り通勤するか・・・・

| | コメント (0)

2009/09/11

省スペース化

Image11 そばにカリフォルニアがいるキャンプではガソリン・ストーブのスベア123Rを使っている。火力はそこそこあるし、なにしろカリフォルニアのタンクにはスベアをなんぼ燃やしても燃やし切れないほどのガソリンが入ってる。赤ガス(自動車用のガソリン)でもトラブッたこともない。
 
ガス・カートリッジ全盛なので、なにも手間のかかるガソリン・ストーブなんてと言われそうだが、道具を操る楽しみやバーーーッとうるさい燃焼音や真鍮の鈍い輝きがよいのかなあ。
 
 
003 山歩きのときはもっぱらトランギアのアルコール・ストーブ、TR-B25が活躍する。本体が小さい上に、ガソリンよりは扱いやすい燃料用アルコールを使ってるからだ。アルコールは世界中の薬局で手に入るのでイタリアで野点をするときなど便利だ(するのか??笑)
 
こちらも真鍮の質感がいい。どシンプルな構造もいいし、アッコちゃんが「テクマクマヤコン」と開くコンパクトみたいな小ささもよか。
 
ちなみに容器にはナルゲンの250mlと125mlを使用。
こないだの八ヶ岳では合わせて375mlと本体に60mlほど入れていって、2合の米炊き・120gの早茹でパスタ・ソーセージ5本を網焼き・エスプレッソ抽出・冷や飯1合でおじや作りをこなして120ml残った。あとエスプレッソ1回と食事1回はこなせる。
 
 
Giorno_004 そして、最近考えてるのがヴァーム・ゼリーの空き容器に燃料を入れるという手。
元々、酒は入れていた。1晩にウィスキー180mlあればなんとかなる。(山小屋でビールが買えるし・・・・買えなきゃワインをプラテイパスに入れて持参・・・汗)
日本酒を入れたらレモン風味?になってしまったのだがウィスキーなら少々の香りには負けない。
 
先の計算からすればヴァーム2袋(360ml)で1泊テント山行がまかなえる。なんといっても使い終わったら小さくなるのが嬉しい。
 
このアイデア、トランギアを使ってるカメラマンの河合さんにお話した。河合さんは今月号からアウトライダーで寺崎勉さんと野宿ツーリングの旅をされるので、ひょっとしたらいつの日か誌面にアルコールが入ったゼリー容器が載るかもしれない。
 
ちなみに僕は、酒はピンク、燃料は銀、と決めた。間違えてグビッと飲まないように・・・・・。

| | コメント (0)

2009/09/07

いよいよ権現岳へ・・・日頃の行ない良くて???

0909050109090502 さて5日土曜日の朝、じょじょにに明るくなってゆくなか標高を稼いで、権現岳の手前にあるピーク「ギボシ」の直下のクサリ場を横断。岩はしっかりしてるけど、斜度もあるので注意しなきゃだ。

あとで権現岳から見たギボシ。後発者が二人写っているあたりが登山道。
 
 
0909050309090504 左は編笠山とその手前に青年小屋。
小屋の横に僕のテントがポツン。
 
ギボシを越えたら北の視界が開けて去年登った赤岳その他の八ヶ岳の山々がどかんと見えた。ナカナカの迫力。
 
 
0909050509090506 権現岳山頂は岩峰に剣が立つ。やはり信仰の山。ここに雷の神が祭られてるらしいがお社を見つけられなかった。山頂は狭い上に背後がすっぱり切れ落ちているので危ない。
 
剣を抱くようにして写真を撮る。向こうに富士山と南アルプス。
 
 
0909050709090508 少し戻って山頂を見る。
左側が崖になってるのがようわかる。
 
昨日の雨がウソのように晴れ渡って、360度晴天視界良好!!
 
全周動画がサイズ大きくてアップできなかったので、パノラマ画像
Image1
(阿弥陀岳~赤岳~遠く奥秩父~遠く金峰山~富士山・手前三つ頭~南ア・手前網笠山~中央ア~ギボシ~はるか北ア~阿弥陀岳に戻る)
 
  
 
0909050909090509109090510 帰り道、例のクサリ場で「こわいこわい」と言いながら登るご婦人含めた3人のパーテイーとすれ違った。聞けば僕と同じ青年小屋からのピストンだ。帰りもここを通らなきゃならないのわかってたかな?
 
9時すぎにテントに戻って、また飯を食べつつテント撤収。1時間後に出発した。岩がゴロゴロしててどこを歩いてもよさそうに見えるが、確実なルートに沿ってマークが打ってある。
網笠山を登りつつ、振り返ると雲が迫っている。早朝とは打って変わって雲が多くなった。
 
 
09090511_209090512_2090905122  全装備を背負っての登り。名前のとおり伏せた笠のような形の網笠山だが、後半は急登になってキツイ。持ってきたものあらかた食べて軽くなってるはずなのに~~。

土曜の朝とあって網笠山にはヒトがたくさんいて、おかげで珍しくシャッターを切ってもらった。権現岳は雲に隠れてときどき姿を見せる。
 
 
09090513_209090514 最後はカリフォルニア待つ観音平駐車場へ2時間半の降り。途切れなくヒトが登ってくるのに道を譲らなきゃならない(登り優先)。バスツアーと思しき巨大パーテイーもいて待ち時間はバカにならない。

途中、小休止に入ったばかりの大パーテイーのあいだを通った。
ペットボトルをやおらラッパ飲みした男性が「うわっ!こりゃ焼酎だっ!!」と一同大笑いだ。

釣られて「登りで焼酎ヤルなんてさすがですね!」とやったらまた一同大笑い。写真を1枚撮ったら誰かが「新聞にのっけといて」と言うので「飲酒運転て書いときますよ!」と切り返し。単独山行なので久々にたくさんしゃべった気がする・・・。

さ~て、駐車場は案の定の大混雑、前日の画像と比べてほしい。思ったよりマナーは悪くなかったが、出やすいとこに停めたわけわかるでしょ?

| | コメント (2)

2009/09/06

安全地帯でソーセージを焼く

090904010909040209090403 今回もライド&ハイク♪
去年の今頃はY県警高速隊に捕まって何故か厳重注意に終わるというドッキリを味わったが・・・・やはり八ヶ岳に向かう途中だった。今年は何事もなく小淵沢IC近くの観音平駐車場に到着。
 
4日金曜日、駐車場はまだガラガラだが明日はどうなるかわからないので、あえて出入り口近くにカリフォルニアを停めておく。そんなこんな準備をするうちにもガスってきて雷一発!、やむなく雨装備をして登りにかかるとガス→小雨→ガスをくり返す。
 
 
090904040909040509090406 テント装備にあえぎつつ、意外な湿度に大汗かいて、4時間かかってテント場のある編笠山の北、標高2400mにある青年小屋に到着した。
 
誰もいないテント場。テント設営中にロロ~ンと遠雷・・・・(あかんあかん!!)無洗米に手持ちの水をぶっかけて数分の距離にある水場へ急ぐ。
 
ここの水場にはロマンチックな「乙女の水」という名がついていた。冷たくてまろやかだ。
 
 
0909040709090408 冷たくてまろやか♪
なあんて言ってるうちに雲がのしかかってきて「ゴロロロロロロ・・・」も近づいてきた。
 
さてさて?、と思ってるうちに雨が落ち始める。
ビールを買いがてらに小屋にお伺いをたてると玄関兼・売店兼・休憩所のスペースを使わしてもらえるとのこと。有り難し!!
 
火も使っていいって、ラッキー。
 
 
0909040909090410 そうと決まれば、外でビカビカ光るアレをものともせず一人宴会に突入~~!
米炊いてカレーは定番として・・・朝、道の駅で仕入れたソーセージにニンニクも炙る。〆にパスタ。
 
それにしても小屋の方は有り難い。様子を見にいらして「寒かったら部屋で食事していいですよ(火は不可)」と。でもそれは甘えすぎだね。
 
 
0909041109090412 2時間以上そうして過ごして、雨もやんだ19時過ぎにテントに戻った。
遠くのゴロロを気にしながら、いつのころか酩酊睡眠に。いちど意識が戻ったとき、月明かりでヘッドランプが要らなかったのは覚えている。
 
 
 
そして4:20。朝飯の準備しながらこれから登る権現岳方面の空。
ふたご座、おおくま座など
 
そして5:30。出発直後、日の出直前の富士山。

| | コメント (0)

2009/09/03

みすまっち!!

09090101 吉祥寺のStringsに出かけた。
ボサノヴァ・ギターの弾き語り、西澤沙苗さんが再びライブをやるのだ。
 
1stCDが出てぼちぼち1ヶ月、レコ発記念でStrings発の試みでワンコイン・ライブ(1ステージ500円)なのである。3ステージでも1500円、破格値だね。
 
ライブの前に暖機しに寄った立ち飲み「ポヨ」に居合わせた飲み友にも声かけ同道。うん、ワンコインってのは初めて聞いてみようかなってヒトを誘いやすくていいです。サナエさんまたお願いしま~~す♪
↑とは言うものの、お店的にはそう何度もできないかな??
 
 
 
09090102 Stringsのフードメニューはなぜかイタリアン。
 
イタリアンが得意なジャズバーで黒糖焼酎お湯割り飲みながらボサノヴァを聴く・・・
 
 
伊米日伯が入り混じってしまってミスマッチ!?
 
んなこたあない!
このミスマッチに「バランスをもたらす者」が僕なのだよ!!
 
あ、すんません。テレビでスターウオーズ見ちまったもんで・・・・・・・

| | コメント (0)

2009/09/01

9月

0908300109083002 地元定点けやき
緑一色(リューイーソウではない、笑)のように見えて、少し秋色が混じり始めた。
 
実は画像は29日のもの。台風接近に備えて先に撮影したのだ。ついこのあいだまでトウモロコシが植わっていたかと思えば、もうブロッコリーの苗が植えられている。土がカラカラ、苗に元気がなく見えるのは気のせいだろうか?
 
 
0908300309083004 小金井公園定点
サクラの葉がだいぶ落ちた。
 
今日はテニスの大会があるようだ。土曜なのでテニス・野球・バスケ・ジョギング・犬の散歩・BBQ、と人出が多い。
 
 
090830050908300609083007 井の頭公園定点
 
お盆休み明けから池に黄色い葉が浮かぶのが目立つようになった。秋?早くないか?
 
いややはり秋なのか?朝に夕にカップルの姿も目立つ??
 
・・・と、毎朝のように公園で会うクロちゃん。
小柄で子犬のようだが飼い主さんによればイイ歳らしい。
 
 
0908300809083009 月曜の朝は台風接近!!
 
完全装備の上、チャリンコで出撃した。飛来物さえなければ無敵である(笑)
 
ついでに買ったばかりの防水デジカメを試してみる。
こんな日はいつでも人がいる井の頭公園の人口密度が低くなるのが妙にうれしい。
 
 
0908301009083011 神田川、久我山付近。風に大きく揺れるひまわりにムシが必死でしがみついていた。
 
遠目にイチモンジセセリの類かと思ったら羽根が無い・・・・・。無いように見える。なんだろ?

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »