« 雲の上にあるという露天風呂 | トップページ | まりやのお好み焼き »

2009/07/07

困ってそうな人には救いの手を・・・・・

差しのべてみようかと思った日なのでした。
 
 
 
0907040109070402 本沢温泉の露天風呂からテントに戻って夕食の仕度。
今回はゼイタクにもダブルバーナーだ!これでパスタを茹でながら具材を炒めるという家では当たり前のことができる。
 
生バジルと赤ワインを持ってきたのでとっても素敵な夕食に♪
 
 
090704030907040409070405 雨がテントに当たる音が徐々に強くなるなか、21時前には酩酊睡眠に落ちた(みたい)。
 
起床は5時。雨は4時ころあがった気配だったけど、まわりは真っ白。山の予報はこれから雨なので登る気はない!黒パンとエスプレッソでグズグズと朝食をとってノロノロと撤収。地面にはテントのカタチと僕の寝た跡・・・・7時に出発。
 
 
090704060907040709070408 まずいイラストは堪忍してほしい。
僕は本沢入口にカリフォルニアを停めて本沢温泉のテント場に泊まった。帰りも単調な同じ道を行くのはつまらないので、多少遠回りになるけど稲子湯に降りて、県道&林道を歩いてカリフォルニアのところに戻ることにした。
 
 
090704090907041009070411 途中、ミドリ池は深いガスのなか。ここにもテント場があるので一度泊まってみよう。
 
ミドリ池の近くにはクリン草の群生が。せせらぎ、湿地、木道、ガスに包まれて静かでいいところだった。
 
 
0907041209070413 10時前、予定通り稲子湯に出て県道を降りだした。
人間界に戻ってきたので「そうだメールチェックしよう」と携帯をいじり始めたら後ろから来た軽トラが止まった。
 
「下まで行くついでだから乗っていく?」と声をかけてくださったのだ。(そんなに疲れて見えたんかなあ、笑)
 
こんな声をかけてもらったのは初めての経験でもったいない気がして「では林道の分岐まで」とお言葉に甘えたのだが、なんだかんだでカリフォルニアのとこまで送ってもらってしまったのだ。おそらくJRの駅に届ければいいつもりだったであろう先方は遠回りになるので、途中で申し訳なく思って「ここでいいです」と言ったのだが・・・・・。「いいわよいいわよ」と送ってくれたのは「稲子湯」の方だった。
 
軽トラに揺られて走った林道は、僕が思っていたより長くずっと登りだったので、歩いていたら相当こたえただろう。(拾ってもらってヨカッタ~~)と感謝感謝だったのだ。
 
だいたい臭くて汚いヒゲオヤジなんかフツー乗せたがらないでしょ?(笑)
でも、もしや?と思ったときにスッと手が出せるようにせねばと勉強になったのでありました。
稲子湯も一度行かにゃ~!

|

« 雲の上にあるという露天風呂 | トップページ | まりやのお好み焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲の上にあるという露天風呂 | トップページ | まりやのお好み焼き »