« 山奥の秘湯、特典入浴シーン付き(笑) | トップページ | 糧うどん »

2009/03/12

ちょいとハードでちょうどイイ?

静かな夜があけようとする5時半、目が覚める。
朝食は頼んでいないので部屋のストーブで湯を沸かして軽く食事をとり出発。
 
 
0903070109030702 じきに道は雪になって、ついてる足跡はケモノのみ。それでわかったのだけど、どうやら最近誰もここを登ってないらしい。面白いのは、たぶんテンだと思うのだけど1匹の足跡がずっとずっと登山道を登ってゆくのだ。

2度、ちょっと迷うところがあって、普通なら上に行きたいところに下る方にも雪に埋もれた道らしきものが。・・・・・・で、例のテンの足跡は下るほうについてる(?)。地図を出すとどうやらテンのほうが合ってるようなのでついていくと赤布を見つけて(あ、ビンゴだ♪)と。これが2回。
 
 
0903070309030704 不思議だなあ。やっぱ歩きやすいとこがいいのか?テンと一緒に歩いてるんじゃないかって思わせるほど足跡は続いて、すっと脇に消えていった。あとはずっとヴァージン・スノー。

三条ダルミという鞍部からは富士山がバッチリ見えた。右側から出てきた足跡は僕のもの。
 
 
090307050903070609030707  三条ダルミから雲取山頂への最後の登りはちとハードだった。傾斜がわかるように横からの画像を。

傾斜がキツイから本来の踏み跡がジグザグについてるはずなんだけど雪でさっぱりわからないのでヤケクソでほぼ直登する。標高が高くなって、滑りはしないんだけどクラストといって雪の表面が硬く凍っているのも厄介。靴先で蹴っても割れず、そっと乗ると(乗れたか?)と思った瞬間ガボッと膝まで雪に埋まる。一歩ごとにこんな感じで標準タイム40分のところを1時間・・・・・。ちかれた~。
 
 
090307080903070909030710 山頂の避難小屋には数人先客が食事中で、先月歩いた鴨沢方面から何人も登ってくるのが見える。急に都会に戻った気分だった(笑)

僕も避難小屋の前で昼食。黒パン&ほうれん草スープにひと握りのペンネを入れる。先月アルミ板で作ったゴトクはなかなか使えそうだ。
 
 
0903071109030712 山頂から遠ざかりつつ避難小屋をパチリ。
最後の画像は途中稜線上にあるテント場。ここからは正面に富士山がドーンと見えるのだ。しかも夕陽がばっちり、夏に来よう。僕のテントは山岳用ではないのでこの地形で風に吹かれるとツライのだけど・・・。

今回はちょいとハードな場面があったぶん達成感も・・・・・バス待ち中のビールの旨いこと!

|

« 山奥の秘湯、特典入浴シーン付き(笑) | トップページ | 糧うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山奥の秘湯、特典入浴シーン付き(笑) | トップページ | 糧うどん »