« 井の頭花見情報!たまに小金井・久我山 | トップページ | 納豆ドック »

2009/03/17

貧すれば鈍す・・・それだけ厳しいのか

6月あたまに25人の予約をいれようととあるホテルの予約センターに電話をした。
どんなホテルか一応書いておくと、冬はスキー、夏はゴルフか高原観光かといった場所にある観光ホテルだ。

3軒に電話して、どれも不調だったんだよね~。
3軒は過去に同じグループで利用したことのあるホテルとその系列。こちらの希望として通常の宴会夕食(通常は和食)を洋食(立食・ビュッフエ)にチェンジしたいが?ということを頼めればと思っていた。

うち2軒(それぞれ別会社)は過去、駐車場でのビュッフエパーテイ(ゲレンデをバックに素晴らしい眺めなのだ)をやらせてくれたり、ロビーを長時間自由に使わせてくれたりと、とても柔軟でホスピタリテイあふれる対応をしてくれたところだったので、今回のオーダーもそれほど厄介なものだとは思っていなかった。

・・・・・・が

まず冒頭の予約センターで、全宿泊者バイキングコースでしか宿泊は受けていないと、決して失礼な応対ではないものの交渉の余地はまったく無しという有様。
いくらなんでも団体客がいる以上そんなはずは・・・と現地ホテルに直接電話交渉するが結果は変わりなく、食事の提供はバイキングのみだという。「以前よりウチはバイキングのみです」という若いスタッフに「以前? 以前そちらで宴会もしたのだけど」と食い下がってみても暖簾に腕押し。
ともかく個別の希望・事情に合わせた対応はしないということだ。

結局、6月の宿は「こりゃ大きいとこはアカン」と頭を切り替えて以前お世話になって大好評だった鮎料理の宿に電話したら、7年前のことを覚えていてくださった大女将?が「お待ちしています、おおきに」と・・・・。

店なり宿なり、選択の自由はあくまでも客側にあるのだから、いやならゴリ押しせずに行かなければそれでオシマイ。先方が嫌がることを無理を通して強要するのではなく、もし応じてくれればハッピーぐらいなもんで・・・・。団体だから無理を通せなんて下衆なことはしたくないしね。いろいろとやってくれて、それに対して追加料金が発生しても受けるほうも払うほうも「ありがとう」って言える。

ちなみに僕は宿なら、設定価格が高いのを値切るよりは低い設定から「あといくら出すから○○を付けませんか?」というほうを好む。20000円→15000円と10000円→15000円と、同じ15000円だけどネ。だって宿なんて設備・部屋とかは超高級以外は50歩100歩だよ。
(僕は10歩20歩の宿ばかり行くけど・・・・笑)
値切るのが好きな方には「自分のサラリー値切られたらどすんの?」と聞きたいっす。

ちょっと脱線したけど、宿に設定外のことを強要する気はないものの、以前はかなり柔軟だった宿が判で押したように「食事はバイキングのみです」と素っ気無かったことがショックだった。その淡白さが。バイキングプランは驚くほど安価だったが、もちろんそれなりに料金を支払う意思も示したんだよ。

まあたしかに営業形態は崩しがたい。ただ、何も無い6月あたまに25名の客はそれなりのボリュームだと思うんだよね。先の2軒ともに過去6月あたまにお世話になったのだが、失礼ながら来客の様子はサビシイものだったし。前に行ったときに電話であれこれ折衝したホテルマン達が前向きだったように、閑散期にオファーを持ってきた客を確保したいと思わないのかなあ?

それぞれ知っているホテルだけに技術・設備ともに対応可能なのは知っている。
・・・・・・とすると、スタッフ。

これはよそ様の台所のことなので推測に過ぎないのだけど、人件費削減でスタッフを極力絞ってるのだろうか?食事がバイキングなら調理・配膳ともに最小限でできるもの。
いま、大から小まで経営建て直しでやることといえば人件費削減。でもこうして客をこぼしてる側面もあるなら皮肉だ。せめて電話を取ったのが支配人だったりすれば、スタッフの家族・知り合いでも単発バイトで集めてこの客をキープしようとしなかっただろうか?

まさに貧すれば鈍す。

|

« 井の頭花見情報!たまに小金井・久我山 | トップページ | 納豆ドック »

コメント

マニュアル化されると、誰でも働ける反面、
考えることを怠り、臨機応変さに欠けてきますね。

貧すれば鈍す…ピッタリの言葉です。

投稿: サトマサ | 2009/03/18 20:56

サトマサさん、お晩です。先日はお疲れ様でした。
はい、まさにそうですね。でもなんかもったいないです。ホテルが。

僕らも素敵なプランがトンで残念でした。
ま、でも鮎食べまくりましょ~!!

投稿: massi | 2009/03/18 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井の頭花見情報!たまに小金井・久我山 | トップページ | 納豆ドック »