« 日ごろの行ないが良くって?? | トップページ | 立ちソバ列伝 (32)曙橋/さぬきのうどんや »

2008/11/27

寒中走りながらも色々考えるのよ

寒中走りながらも色々考えるのよ
今朝はすっかり安心してチャリで出勤準備していたところ………窓の外で傘さす姿がちらほら。

うそ〜〜〜ん!

でもいまさらバス通勤では遅刻だし、ママチャリ出動か?とも……………結局朝の忙しさに迷い続けるわけにもいかず予定通りにデローザで飛び出す。フレンド商会の専務さんに叱られそうだ(笑)

まあ雨はたいしたことなかったので防寒を兼ねたカッパはすぐに暑くなって脱いだけど、指先&つま先は今季初に冷たかったね。
今日帰ったら冬用ジャージに衣替えしようっと。いつまでもスネ出して走って風邪ひいたら「年寄りの冷や水」てことになりかねない(笑)

悪天をおしてチャリで走れば拾うものもある。

井の頭公園で「魚類調査捕獲」がおこなわれていた。
テーマは当然外来魚だろう。

ブラックバス・ブルーギル、ゲームフィッシングをする人には大事な魚だが、生態系破壊だと嫌う向きもある。しかし自然はそれなりにバランスしてる(バスの卵を食べる在来種)・外来種はバスばかりではない(中国からきた今の在来種)というバス擁護派の反論もあり、そうなるとバス反対の意見は多分に感情的?と言えなくもないか………。

↑が、僕もその「感情的」のほうだ。

確かに魚に限らず現代在来種と言われていてもかつては外来種だったものがある。自然が一定では有り得ないこともわかる。
ただ産業革命から自然の変化が爆発的に激しかっただろうことは、見なくても机上で推し量ることができるよね。

例えば昭和初期(僕は産まれてないけどね)くらいまでの日本の湖沼の姿は、仮に何割かがかつての外来種だとしても何百年かは続いてきたわけで、それは守るべき日本の文化と言える。
感傷かなあ?
ただいなくなったタナゴ、メダカ、外来種以前の自然破壊がデカイか…………。

さてその後(まだ井の頭公園を走ってるんだよ、笑)、しばらく行くとお久しぶりの一団に出会った。

毎朝すれ違う散歩のおっかさん達。夏はもっと早くに散歩されてるんだけど、冬になったので今朝から時間を遅めにしたそうだ。
「お久しぶりで。お元気でした?」と二言三言交わして別れた。

まあ走っていればいろんなことがある。
そして………予報では16〜20時は降雨無しなんだが果たして帰り道は??

|

« 日ごろの行ないが良くって?? | トップページ | 立ちソバ列伝 (32)曙橋/さぬきのうどんや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日ごろの行ないが良くって?? | トップページ | 立ちソバ列伝 (32)曙橋/さぬきのうどんや »