« スモーク・シンドローム(17) | トップページ | 黒米&玄米 »

2008/10/16

スモーク・シンドローム(18、と黒い焼きそば)

昨日はそのミシマの焼き手Iちゃんが辞める夜だったので壮行に出かけたのだ。新天地で新展開があるという。寂しいが頑張って欲しいものである。
 
08101501 ちょうど狭山の(元)中野浩一さんが会社に見えたのでミシマへ同行、スパークリングワインでカンパ~イ!!なんだけど、手ごろなボトルが無くって(ドンペリ16000円ならあったんだが、爆)ハーフボトル2本になったのがちとショボイ(笑)
 
 
08101503 その後、武蔵野倶楽部に出かけ西澤早苗さんのボサノバ・ギターに浸る。狭山の(元)中野浩一さんはボサノバの水曜は初めてだ。

曲間に、歌詞の意味や言葉を教えてくださったりするのだが、哀愁とセクシャルな香りを漂わせるものが多い。そういえばこないだ聞いた曲は「幸せには限りがあるけど悲しみには際限がない」というものだった。

う~む、そうなのか?きっとそうなんだ・・・・。
ならば悲しみもエッセンスとして味わう術を身に付けておかないと。
 
 
0810150408101505 さて日が変わって今日は仕事で群馬方面へ。
帰りの道すがら遅い昼食場所を求めて目を光らせていたら、太田石橋名物焼きそばという看板を発見!即突入!!

岩崎屋というお店、メニューが面白い。中がデフォルトらしいが上に特大だのダブルだのと続いて「名はない」「特に名はない」とフザケてる!僕は熟考のすえ「特大」をオーダー。
 
08101506 出てきた焼きそばは真っ黒でビックリだ!かなり濃い味かと警戒したが意外やそうでもない。麺は柔らかくて新宿の思い出横丁「若松」と好対照。

飽きて追加ソースや七味唐辛子に手を延ばすこともなくツルッと完食。もっとデカイのいけたな!
いつか来る日があったとして、見た目のインパクトも兼ねて「ダブル」以上には行きたいナ。ただ名前のインパクトを求めるなら「名はない」か「特に名はない」に行くべきなんだろうなあ?

でもこのエリアはオートバイで走っても全然つまらない。来るならチャリか?「名はない」の量ならハンガーノックになるこたなさそうだよね。

|

« スモーク・シンドローム(17) | トップページ | 黒米&玄米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スモーク・シンドローム(17) | トップページ | 黒米&玄米 »