« TIFF | トップページ | 立ちソバ列伝( 32) »

2008/10/25

いちおう芸術の秋なんだが

台風が少なかったのでやけに強く感じた昨日の雨だった。

雨を軽く見て、折りたたみ傘で腰から下を濡らしつつ向かったのは「リゾッテリア・WAKON」というお店。仕事場の近く、甲州街道沿いの八幡山と環八の間にあるのだが、最近になって気づいたのだ。

「リゾッテリア」??リゾット専門?
 
0810240108102402 カウンター10席ほどの小さなお店。今日のおすすめ「豚肉とオリーブのトマトリゾット」を注文した。グリーンサラダとドリンク付きで980円。
トマトの甘みと黒オリーブのアクセントが効いて美味しくいただいた。予定外にグラスワインも注文・・・。見た目少なめかな?と思ったけど腹持ちがやたらよくてネ。十五穀米を使ってるとかで、ときどき口の中で固めの小粒が当たるのはソレだろう。

夜はアンテイパストにセコンドもある。ボトルワインが安い。リゾットは20種類以上あって「エビとヤリイカのジェノバ風」なんてのが気になった。
気になるお店。ただ仕事場に近すぎるから、あそこで食事するシチュエーションがかえって少ないか・・・。
 
 
0810240308102404 続いて恵比寿に出て東京都写真美術館で「日本写真作家協会展」を観た。モトグッチクラブ員の写真家、工藤研一さんが出展されてるのだ。テーマは「地球はいま」。人間の生活と自然とに目を向けた写真展だった。

工藤さんの作品は「樹木」ブナとウチワカエデかな。山で足元を確かめながら登っているときふと立ち止まって見上げると、葉っぱたちが見下ろしてるのに気づく・・・すうっと山気を吸って息が落ち着いていく・・・あの感じを思い出す。

せっかく恵比寿まできたので鯛焼きの「ひいらぎ」にも寄った。
薄い皮がばりっと香ばしい。端のはじまでびっしりアンコが入ってるのだ!
 
 
08102405 家には体感アーテイスト立松正宏さんの第2弾CDが届いていた。
サイクリストで音楽家で写真家、東京都ヘブンアーテイストのあの方だ。

第2弾はいつも上野など大道芸で演奏されているあのテイストが生かされていた。
興味ある方は立松さんのブログに連絡先があるので取り寄せできますからゼヒ!大道芸のスケジュールは東京都ヘブンアーテイストのサイトで確認できます。

芸術の秋っぽい話題を書いてはいるが、食べるほうがどうも勝っていて腹の上のポニョが気になる今日このごろ・・・・・・。

|

« TIFF | トップページ | 立ちソバ列伝( 32) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TIFF | トップページ | 立ちソバ列伝( 32) »