« スモーク・シンドローム(16) | トップページ | 8月 »

2008/08/02

世間は狭い

今日は「体感アーテイスト立松」さんが八王子祭り(土日)で演奏されるのを体感しに西へ。
 
 
08080201 まずは東村山野火止用水あたりからぷらぷらとスタートする。
このあたりは自宅を店がわりに手打ちの武蔵野うどんを食べさせてくれるとこなんかが多い。昔は水車を活用して精米・精麦・製粉をしたのだそうだ。あまり知られてないけど果樹園も多くてもぎたてを食べられる。
 
 
0808020208080203 野火止用水から玉川上水、そして多摩川を越え家から80分後、あきる野市にある蕎麦屋「ひらの」に着いた。喫茶店のような外観だが、もりそば(630円)もおしゃれに白い皿に盛られてきた。

つるっとしてて、曲がろうとしない(ムリのある表現?)ハリのある蕎麦は二八。つゆは濃厚で鰹の香りが強い!だ~い好き!!!
 
 
0808020408080205 先の画像と同じに見えるがこれはつゆ無しおかわり(420円)だ。いつも1枚では物足りないニンゲンには大変ありがたいメニュー設定だよ!2枚食べても濃いつゆは少し残ったのでつゆ追加(100円)しなくても大丈夫。接客もやわらか、全体価格が抑えられてて好感触だったのである。

そば湯がトロッと濃いのもウレP。
 
 
0808020608080207 さて腹ごしらえ済んで八王子へ。
高尾街道七曲り峠でプチ燃焼して秋川街道経由で30分ほどで八王子中心部に入る。もう山車が練り歩いていた。さらに各所に出番待つ山車の前には清めの塩と榊が置かれ、なんとも面白い。
 
 
0808020808080209 着いたのは「八王子E・D」といってサイクリストのための休憩所なのだ。峠を攻めた帰りに休んでってと無料の休憩所!!これは「なるしまフレンド」の会長さんが立ち上げたもの。「なるしまフレンド」って変わった名前だけど株式会社で自転車界では超メジャーなショップ。しかし発想がスゴイ。

「最初のステージ前に食事でもしようや」と歩き出した会長さんについていく立松さんと僕(なぜ僕も?)。
そしたら蕎麦屋に向かう途中でロードワークに出ていたなるしまフレンドチームの皆さんが帰ってきてすれ違った。
そのとき「マ○○!」
なんか名前を呼ばれたような気がするが・・・?

蕎麦屋では初対面30分後の会長さんにきつねそばをご馳走になってしまい、八王子が空襲された話などをうかがうことができた。
 
 
0808021008080211 食後八王子EDに戻ると、チームジャージを着た方が一人ニコニコしながら立っている。
(・・・????)
げげっ!S先輩?
MG大茶道部に僕が入部したときに4年生だったS先輩なのだ。(そういえばこないだ十ウン年ぶりに出たOB会で自転車の話をしていた・・そういえばお住まいは八王子・・)・・・・と、蕎麦つゆが染み渡った脳みそがフル回転した。いやあ~世間は狭いもの。

再会、しかも異様なカタチでの再会(笑)の衝撃がふくらはぎを震わせるなか、立松さんのステージが始まった。立松さんにうながされてジャズのリズムで手拍子を打つバリバリのローデイ達はちょっと恥じかしげ?
圧巻のラスト曲が終わって振り向いたら一般のお客さんも音を聞きつけて加わっていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
外では、甲州街道は3時から通行止めで自転車も押してくださいとアナウンスが始まった。ときに2時半、やっかいなことになる前に退散する。「お世話になりました~~」

日野橋に向けてノンキに走っていたら神宮のお店に帰るというチームの方にスパッと抜かれた。信号の具合もあり背中が見えてたので少~し頑張ってみたけど追いつきはしない。鍛え方が違うんだなあ(かなりネ)。

あちらは甲州街道を真っ直ぐ行った。僕は多摩サイへ。
多摩川土手の上は南風が熱いっ!ポカリ一気休憩をはさんで60分ほどで小金井公園を通過→

→通過しようと思ったんだけど、カキ氷の誘惑に負ける(笑)
どうせだから炎天下でシャグシャグしたヨ。

08080212 キィーーーーーーン!

|

« スモーク・シンドローム(16) | トップページ | 8月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スモーク・シンドローム(16) | トップページ | 8月 »