« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

富士山、キン肉マンがツキを呼ぶ

27日に吉祥寺富士登山隊が無事帰還、いよいよ僕の番だ。
28日、仕事を終えて18時半に高井戸をスタート。ハイエースを走らせるうちにも「どうすんの?」「こんな天気で大丈夫?」なんてメールがいくつも入る。東京でも家が流れる・線路が流れると大変だった(後日知ったのだが)あの晩だ。

0808280108082802 大丈夫?と聞かれても僕にもわからん。
夕方、会社のPCで予報チェック中「ま、とりあえず行ってから決めます」と言ったらボスが「結局選択肢はそれだけか!」と大笑い。そんなボスの口癖は「アドベンチャー、よくぞ男に生まれけり」なのだ(笑)。

河口湖町に着いて澱粉摂取場所を物色し「なか卯」に初めて入った。親子丼と京うどんをオーダーしたらスクラッチくじをくれた。食後、うどんをもう1杯食べたいなあと思いつつスクラッチを削ると出てきたのは2等。1・2・3・4・はずれのうちの2等は何をくれるのかと期待したらキン肉マンフィギュア。
滅多にくじで当たることは無いんでウレシイんだけど、このフィギュアって2等の価値があるのか?
うどん1杯のほうが・・・。
 
 
08082803_208082804_2 その後も霧をかきわけ驟雨に洗われ21時半ころようやく須走り登山口の駐車場に着く。着いたら天に輝く天の川だよ!しばし見とれたね。

22時~1時までシュラフで寝て、バナナ・おにぎり等を摂取。登山口でトイレを済ませて2時ジャスト歩き始めた。見上げると満天の星なんだが、北東方向に遠く雷光が光る。僕の心のよりどころは携帯の山頂天気予報が0時3時6時は曇りと示していること。で9時12時は雨。ならば行けるとこまで行って降っていやになれば無理せず引き返せばいい。雷雨気配なら小屋でやり過ごせばいい。

けっきょく当たって砕けろ的か?
真っ暗な道、強い南風を受けて登る。6合小屋の鯉のぼりもびゅんびゅん。
 
 
0808280508082806 左画像は4時前、登りゆえのスポーツウェア2枚では風が体温を奪うほどになってカッパを着込んだ。左上の雲のかげに山中湖。
右画像は6時前、日の出時刻はとっくに過ぎてるのだが、雲が厚くてようやく太陽が顔を出した。このころ僕は頂上まで行けると思い変えた。2等キン肉マンがお日様を呼んでくれたに違いない!?
 
 
0808280708082808 6時半、本8合目の江戸屋前。山中湖にも光が差している。地面が乾いたせいかこのころから火山灰の匂いを感じるようになった。8合目から河口湖口・吉田口と合流して一気に口密度が増す。上を見ると小屋泊まりで頂上観光を終えたツアーグループがぞろぞろと降りてくる。たまにそんなのをやり過ごすのに時間を食う。

ここで一人の白人男性を発見した。富士山だけに外人さんなんてたくさん来てるのだが、薄いハーフコートにGパンにズックの彼は、手に四角いカバンをぶら下げてるのだ。河口湖口から来ちゃったのか?大丈夫かいな。

8合目からはやや急になり、白い顔をしてへたり込む方を見かけるようになる。「こんにちはっ!」と声をかけて、笑顔で返してくるような方には「もうちょっと、ガンバッテ!」とさらに励ます。
 
 
0808280908082810 そんな余裕を見せている僕だが、実は背後に脅威を感じていた。
うどんとバナナが効いたのか僕は割りといいペースだったみたいで(いや、むしろバテが怖くて堅実なペースにしてたのだが、それが良かったみたい)、追いつくと道を譲っていただくという場面が続いたのだが、先の普段着外人がそう離れずに付いてきてるんだよ。(ウムム?)

上に屋根が見えていて、さっき8合目だったから次は9合目か・・・・と行ってみたらそこが須走り口の頂上だった。ときに7時40分、休憩込みで5時間40分の登りだった。
最高峰方面はキリで見えずこのあとどうしよう?とりあえずは風裏にいるのでエスプレッソを沸かして東の雲海を見下ろしながらイエ~ッ!!これがしたいがために余分な荷物を背負ってきてるのだ!

そうそうキン肉マンにもありがとう!

| | コメント (0)

2008/08/22

なんだかフヤけて?・・・・・滝子山

26日は吉祥寺の一部有志による富士登山隊の出発日であり、火曜&水曜に休めない僕は29日金曜に単独富士山へ。・・・・と、いうわけで今日は足慣らしと成功祈願をかねて大月の滝子山へ行ってきた。滝子山は富士山がとてもキレイに見えるのだそうだ。

0000100002 今回は午後の雷雨を意識して始発バス5:30に乗って7:30登山スタート、15時には安全地帯に戻るプランなんだけど、あ~りゃりゃ、中央本線初狩駅から見た山は中腹から雲に隠れていて、気温低いから雷雨の可能性は減ったけどどっちみち濡れるのか。

登りにかかると山の中は視界30m。見上げるとホオの木、樹上がかすんでる。広葉樹の下はまだいい。針葉樹は霧を集めて葉先からポタポタと落とすのだ。その下はびっしょり濡れている。
 
 
0000300004 キノコ類は山ほど出てる。おやひょっとして?と思うのだけどキノコは怖いもんねえ。ただ左画像の一見いかにもヤバイ感じのヤツは僕も知ってる。タマゴタケ、食用だ。買って食べたことあるからね!!

・・・・・と自信ありげなこと言ってるのにスルー。
タマゴタケに似ていて食べちゃいけないのがあるかどうかを知らないんだよ~~。こんなにデカイのに~。ストックと比べて見てよ。(帰ってから調べたらよく似た危険キノコは無いようだ!食っときゃよかった)
 
 
0000500006 滝子山山頂1620m。もしかしたら?という期待も空しくガスのなかだった。360度の展望でここから富士山も見えるはずだったのだが。

昼食はリゾットにするつもりで具を入れていない塩ニギリを、そのまま食べる。
実は登山口で道の確認がてら朝の挨拶した方に「連日変な雨降ってるから気をつけて」と注意されたのだ。昨日も夕方から豪雨になって沢が腰まで増水してエライめにあった登山者がいたらしい。一般道でも豪雨に立ち往生した登山者がいて注意してくださった方が駅までクルマで送ったのだそうだ。

雷雨はなさそうだけど、そんな話もあったので用心して早めに食事を済ませたわけ。
 
 
0000700008 降りのルートはヤブがうるさい!かろうじて道が見えているが、ときおり僕の背丈くらいある濡れた葉を掻き分けていくのでビッショリ。こんな天気なので虫がほとんど出てないのがせめてもの救いだ。

1400mあたりから沢に出たが、なかなかの水量。山がたっぷり水を含んでる。僕もたっぷり吸っちゃったかな?フヤけてないか?

水といや富士山にどんくらい水を背負ってくかもチェックしようと思ってたんだが、1Lちょい?今日は涼しかったしあんまりアテにならないな。あ、そうだ成功祈願だったのに結局富士山も見えず・・・・大丈夫かいな(笑)
 
(初狩駅7:30-笹子駅15:30)

| | コメント (0)

2008/08/13

スコッチ研究会、08夏合宿

モトグッチクラブの片隅で息づくスコッチ研究会、もちろんいい加減な団体なのだが、年に2回の合宿だけは律儀に続けられている。今年も米沢の笠松鉱泉へ。
 
 
0808120108081202 まずは裏磐梯に寄って、調べておいたイタリアン・レストラン「イル・レガーロ」へ。食事後の感想を聞いたら、自分「さっぱりとまとめられてたかな」、Tさん「微笑」、前日ボッテガ・ヴィオラで食事したというSさん「ボリュームが少ない・・」、そりゃあ、前日アソコに行っちまったアナタが悪い!(笑)
 
 
0808120308081204 磐梯から白布峠を越えて米沢へ向かう。
今回は東北道を須賀川で降りて、猪苗代湖畔、五色沼、白布峠から米沢入りしたのだが思いのほかスムーズで、家から正味5時間ちょいで着く。
 
 
0808120508081206 宿にまっすぐ向かわずに高畠に足を延ばして高畠ワインのワイナリーに行った。去年偶然みつけたスパークリングワイン「嘉(シャルドネ)」がめっちゃ美味かったので表敬訪問?だ。

多数のイタリア製マシンが使われていてなぜか嬉しく、ほぼ全種が飲める試飲コーナーで指をくわえ悔しく、今宵の研究用にスパークリング・ワインを2種仕入れて宿に急ぐのであった。
 
 
0808120708081208 久々に雨を見ずに笠松旅館に着いた。
建物は相変わらずだが、まわりの樹を少し伐って道路からの見通しがよくなり、道行く人が飲めるように山の水を引いてあったりと十何年と通ってきて始めて見る変化だ!

有難く、山の水でワインを冷やす。
 
0808120908081210 明るくなった前庭に、伐った樹でイスやテーブルがこしらえてあった。風呂上り、さっそく米沢名物小ナス漬けをつまみに研究会が始まる。木立にモトグッチ、涼しい風が吹いてサイコー!!
このシチュエーションを見て、再び米沢牛BBQをやりたくなったゾ!

晩飯は米沢牛刺し、イワナ、松茸ご飯などなど。完食後は暗い森しか見えないテラス(一応テラスと言っておく)にて研究会。スコッチ研究会なのに相変わらず酒はバラバラで、僕は多満自慢の長期熟成山廃原酒を持参。芳醇、美味い!あとはTさんが持ってきたプレミアム・ジンがうれしかったナ。
 
 
0808121108081212 翌朝も快晴で驚いた!(笑)
だっていっつも雨なんだもん!朝か夕か最低一度は降られてきたのだ。

晴れれば暑いのは自明の理。といっても走れば涼しいレベルだからマシか。福島の3ケタ国道を走って「あぶくま洞」近くの「いわなの郷」へ。ここでこの旅最後の食事となる「いわなそば」を摂取。

有終の美を目指して「いわなそば」を美しく?フィニッシュする(笑)

走行850kmなり

| | コメント (4)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »