« 神田川遡行(チャリ) | トップページ | 立ちソバ列伝( 29)秋葉原/福ふく、みのがさ »

2008/04/16

ヴェントデル井の頭

ヴェントデル井の頭
都内某所…………てか某吉祥寺の某ミシマ・カフェにいるわけなのだけど、なんだか気分で外テーブルでポヨヨンとしてる。

少しはっきりした風が吹いている。
南風が。
南風は地中海の船乗りにシロッコと呼ばれるらしいが、それはアフリカからくる熱風だというから気分が違うかな?

コモ湖を渡ってくる風をマンデッロの人達はブレヴァと呼ぶそうだ。
モトグッチにはブレヴァというモデルがある。

井の頭、弁天池の水面を揺らして駆け上がってくるこの風もブレヴァ?。

………などとイタリアっぽく語ってるけど、飲んでるのはカリフォルニアワインだ(笑)
串焼きはスペイン風、なんだけどその向こうでは「いせや」の煙が渦を巻いている!

ミシマスタッフによれば花見が終わってからこっち、通りがやけに静からしい。大騒ぎの反動かね?

銭湯の番台のごとく「いせや」の奥に陣取るおっさん(たしか社長だとか若社長とか)と十数メートルをへだてて正対してる僕。
向こうは僕が見えてるのかな?「いせや」の奥に風は吹かない。ここにはブレヴァが吹いてくる。

勝手に勝った気になってるネ(笑)

ミシマでは珍しくシャンソンが流れ始めた。
さて次はブラジルの風にあたりに行くか。

|

« 神田川遡行(チャリ) | トップページ | 立ちソバ列伝( 29)秋葉原/福ふく、みのがさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神田川遡行(チャリ) | トップページ | 立ちソバ列伝( 29)秋葉原/福ふく、みのがさ »