« 至福のとき | トップページ | ETC考 »

2008/04/25

聖火リレー( 提案)

もともとは慣習になかった聖火の五大陸リレーを企画したものの、期待しないカタチの評判にさらされている。

皮肉なものだ。

五輪は国家事業?大会?、チベット問題、運動家のスタンス…………いろいろ考えるが熱い想いと冷めた視点をつねに持ち合わせていたい。

さてさて!
僕が書きたいのは明日のリレーの警備のことだ。

聞けばまず聖火の直近に青ジャージ中国スタッフに数人の警備。
ダライ・ラマの要請に応えたか過激行動は鎮静方向なので、いっそ青ジャージ2人だけでもよいのかも?
白バイも付くみたいだが、あれは早い移動体を追う時だけ有効で防御機能は皆無でしょ?騎馬といっしょ。

そしてその左右をそれぞれ2列縦隊の警官が固めるらしいが、今回は人垣を作るのは仕方ないとしてもいかにも物々しい。
それに制服アレルギーな人々もいるしね!その点、聖火についている青ジャージのスタッフは中国にしては(語弊あるかな?笑)スマートなやり方だ。

さてこの2列縦隊の物々しさをどうしようと考えたら………日本には武術とスポーツの中間にある武道という素晴らしいものがあるではないか!
日本の警官は柔道と剣道の鍛練を積まれているはず。
聖火を囲む内列に防具を着けず竹刀に袴の1列、外列に柔道着の1列で固めたらどうだろう。
スポーツ的で平和的でいかにも日本的でいいと思うのだがなあ。

|

« 至福のとき | トップページ | ETC考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 至福のとき | トップページ | ETC考 »