« 九州初上陸、弾丸澱粉ツアー | トップページ | 博多っこの謎 »

2008/03/05

福岡に原爆の火、君知るや?

吉祥寺ハモニカの常連某氏が昨日福岡から帰っていらしたというので様子をうかがったら、物凄い黄砂で走ってるクルマはワイパーの部分だけ前が見えてる状態だったらしい。
そうなんだ!?アブナかった。

さて旅の2日目の朝は快晴。
九州の天気予報では済州島の天気まで報せることに小さく驚いたあと町に出る。
 

0803010108030102 朝食は駅に見つけておいた「やりうどん」に入る。うどんにもそばにも興味があるので、今朝は行動前に早起きして2食食べる覚悟だったのだが、meimeiさんがうどんを食べてくれるとのことでムリせずに済んだ。
meimeiさんはいろいろ入った「やりうどん」をオーダー。僕はどうしよう??「丸天」というメニューを見つけて「丸天てなんですか?」と聞いたらおばちゃんがみせてくれた。それダ!「丸天そばください!」

うどんもそばも同じつゆ。透明で塩気の抑制がきいていた。うどんもそばもやたら柔らかい一方で丸天は歯ごたえがあっておいしかった。8グルメ完食。
 

0803010308030104 見舞い先の友がクルマを貸してくれた。今日は行きたいところが遠くにある。

僕は長浜の屋台に行けさえすればよいと思ってたのだけど、出発の2日前に仕事中聞いていたラジオで「福岡で原爆の火が今も燃え続けている」と聞き「どしても行きたいリスト」のTOPになった。

調べてみると、広島に救援に入った部隊にいた方がまだ消えずに残る火を見つけ、自分の親戚も行方不明だったことから捨て置けずにその火を懐炉に移して持ち帰ったのだそうだ。
家に火を持ち帰って誰にも言わずに家族で消さないように守り続けていたのを、○十年後たまたま別の取材で家に上がった新聞記者が事実を知り、初めて世に知られることになったという。
後に星野村が火の保存を申し出、ここに移された。火はさらにわけられて各地に保存されているらしい。

福岡から70kmあまり、大分との県境近くにある星野村の原爆の火は、天が広い高台の公園で静かに燃えていた。
 

0803010508030106 まさか原爆の火が今も燃え続けているとは、恥ずかしながら知らなかった。

切り拓かれた公園にポツンとある。
風すらも無くて聞こえるのは水のちろちろ流れる音だけだった。

原爆の火の前に水が湧き出る石が置かれていた。
水は焼かれた人々への供養なのかもしれない。
 

0803010708030108 この時すでに正午、小腹をなだめるなにかが欲しいので、少し下にあった「おばしゃんの店」に寄ってみた。
中にはおばしゃんとおじい(昼休み中の公園の掃除係風)がいた。やたら美味そうな椎茸の佃煮などに混じって干しタケノコが売られている。干しタケノコなんて初めて聞くゾ。「これ水でもどせばいいんですか?」と聞くとおばしゃんは「もどしてからよく手で揉むと柔らかく食べられる」とポクポクと温かい感じの九州弁で教えてくれた。
それを奥でお茶を飲みながら見ていたおじいが「アナタ自分でつくるとですか?」といきなり言った。九州男子は料理はつくらんとですか?(笑)  お二人はこの旅で初めて聞いたコテコテな九州弁だったかな?

3時間後、柳川に到着。空腹。
 

0803010908030110 さっそく料理屋に入り、メニューを眺めていると
「ここで運転代わるから酒飲んでもいい」と突然お許しがでる!うひゃっほう!!
ただメシ喰うだけに眺めるメニューと、酒飲むために構成を組み立てつつ見るメニューとではコチラの勢いというかその輝きがまるで違ってくるから不思議というもの(笑)

ん?うざくでイッパイ?いいっすねえ~~!
 

0803011108030112 僕は柳川なべとうざく、meimeiさんはうなぎのせいろ蒸し、互いに少しづつ味見しながら。
そとの掘割を流れていく船頭さんの笠がときおり視界のはしっこに入る。
9グルメ完食。
 

0803011308030114 さてまだ安心できない。
当初長浜以外アタマに無かった僕は「ドームとかタワーとか見るよりかどーせなら古いのがいい」とだけ言っていたら「吉野ヶ里遺跡」がその古いのだとmeimeiさんが言う。古すぎるって!!

4時半に遺跡公園の駐車場に着くと料金所で5時が閉園だという。が、「手前の南内郭だけなら見られます」ということなら見ずに帰る手はないだろう。ただし僕はオープンな野原に発掘跡地があって、最寄の道路にクルマを寄せて「吉野ヶ里遺跡」と書かれた標柱を「ほほおお~~」と眺めれば終わりだと思っていたのだけど・・・・。

吉野ヶ里は予想外に立派な遺跡だった。城としてのの機能が明確な点に当時の九州北部の位置がどんなものであったか考えさせられる。そしてホンモノの土器を触れたのは嬉しかったな!
 

0803011508030116 「王の家」に招かれて酒を飲んでいたら閉園時間になった。

そのあとが実に忙しかった。6時にクルマを戻して再度見舞いに行ったあと西鉄ストアを物色し終わったのが7時。福岡空港のチェックインカウンターに着いたのが7時50分ころ。フライト予定は9時15分なので夕食は空港内で最後の福岡グルメだ!もつ鍋あるかな?

が、ここで告げられたのが予定便が大幅に遅れる可能性ありとのことで、やはり15分遅れてる前の便が8時15分に出るがそれに乗らないかという打診。予定便が予定通りに飛んでも終バスにギリギリだったのでそれが遅れたらまず家に帰れない(泣)最後の空港グルメは無しになりました~~~。チャンチャン!

終バスには余裕ができたので、乗り換えの品川駅で常盤軒に入る。きつねそばのつゆは真っ黒だった。
結局、最初と最後は常盤軒、10グルメ完・・・・これでよかったのか?

|

« 九州初上陸、弾丸澱粉ツアー | トップページ | 博多っこの謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九州初上陸、弾丸澱粉ツアー | トップページ | 博多っこの謎 »