« 思うだけならタダだから | トップページ | 3月 »

2008/02/28

パリバルって何ですか?

日前の午後、自転車で買い物途中の僕は仕事塲の最寄駅である八幡山に「パリバルレストラン」という変わった名前を見つけて、その小さなお店に貼られたメニューをのぞきこんでいた。

カレー、ナン、タンドリーチキンなどの文字が並び見たところインド料理?看板にはネパールがトップに描かれている。・・・・・と、そこへ中から小柄な浅黒い方が出てきてニッコリ笑顔で
「ランチ」
メニューを指さして2回そう言った。
見ればランチセットが描かれているので「あ~お得なセットがあるんですね」と返すと再び「ランチ」とのみ連呼する彼はそれ以上日本語しゃべれないらしい。

ちなみに僕は最近までアジア諸国(中華除く)の料理屋に入ろうと思ったことが無く、去年トルコ料理に行ったのとこないだ誘われてベトナム料理に行っただけ。みんなが好きな東南アジアの料理も興味持たなかったんだよね~。ナシゴレンという単語はヌードルチャフェで覚えたという程度。
 

08022601 気に入ったとこには徹底的に通うんだけど、あまり冒険はできず小さな縄張りをせこく守るノラ猫のような僕・・・・・・今回も普通ならスルーするところなんだけど、なんだか気になって・・・・・ついにゆうべ行ってしまった。

小さなお店に入ると、こないだの彼ともう一人が素ン晴らしい笑顔で迎えてくれる。
目星を付けておいたビールセットなるものをオーダー。酒飲みのおつまみセットのようなものだ。
 

08022602 薄~~い豆スナックのパパドローストは塩胡椒?のあとからくる辛さでビールが旨い。タンドリーチキンにシシカバブは色の割には意外や辛くない。ほんのり塩気で肉の味がよい。じゃがいも漬物風と説明書きがあったアツアルはゆでポテトにカレー粉などで味付けされていた。

全体として穏やかな味に少し安心する。
 

08022603 「インドの方?ネパールの方?」と聞いたらネパールの方だという。
1人の方が日本語ちょびっと話せる程度で、2人の会話はさっぱりわからん。引っかかる単語のカケラも無い。

そのうちテレビをつけてくれた。なにかと思えばどうやらネパールのミュージックビデオらしい。歌にあわせて男女が踊る。何年か前に「ムトウ踊るマハラジャ」のヒットから流行したインド映画のあの雰囲気を思い出してもらえばよい。

だけど果てしなくメロデイが繰り返されるんだよネ!耳にこびりつくようだ(笑)歌詞は以下のような感じ
ア~ヤ♪ハイナマソイエ~~~♪
イ♪スナマクホレサアサ~~♪
意味はまったくわからんが恋愛・求愛・失恋の歌なのは映像からよくわかる。
 

08022604 さてせっかくだからカレーも食べねば。ネパールの定番だと書かれているダルカレーをオーダー。辛さは4段階から用心してミディアムを選択、そしてライス大盛り。

ライスの盛りのよさに不覚にもたじろいだ。
ダルカレーは豆がたっぷり入ってクリーミーで旨い!だがほとんど辛くなかった。これなら上のホットどころか最高のスーパーホットでも大丈夫かも知れない。・・・・ん~、でも辛さの調節は厳格なんだろうか?スーパーホット頼むほど辛いの好きならサービスサービス♪なんてとんでもなく辛いのが出てきたら困るゾ。
 

08022605 デカデカと貼られたエヴェレストのポスターは「ネパールアイス」というビールのもの。ほかにもエヴェレストの写真がいくつも飾られ、トップオブザワールドなんて書かれている。そっかネパールには世界の屋根があるんだよね。
ということで「ネパールアイス」もオーダー。ラベルのデザインがやたらイイので空き瓶ももらってきた。

「旨い」というのはネパール語で「ミト」というそうだ。「ト」にアクセントを置く。
「ミト!ミト!」と連発すると店員さんが目を閉じつつおじぎをする。丁寧な仕草。

また行ってみたい。スーパーホットに生ビールとともに闘いを挑む。

他にも気になるメニューを書き出してきたよ。
ヒマラヤ風やさいチャーハン
ヒマラヤ風チャウメン(焼きそば)
パリバールラーメン
トッパ(ネパール麺醤油味)

あ、店名の「パリバル」の意味も聞かねば。

|

« 思うだけならタダだから | トップページ | 3月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思うだけならタダだから | トップページ | 3月 »