« サウダージ | トップページ | 一日限りの……… »

2008/02/16

La festa di S.Valentino

イタリアにちょい長いメールを送らねばならず辞書を見ながら作文に悪戦苦闘。まあ正確には作文というても例文集からオイシイ部分をパッチワークするのだが。

その過程で折りも折り、イタリアにもバレンタインデーがあると出ていた。

Val La festa di S.Valentino
ラ・フェスタ・デイ・サン・ヴァレンテイーノ、聖ヴァレンテイーノの祭りというわけだ。手帳にも2月14日の聖人は聖ヴァレンテイーノとちゃあんと書いてあった(画像は2006年の手帳)。ちなみにイタリアの手帳やカレンダーにはその日の聖人の名が書いてある。

聖ヴァレンテイーノは殉教者らしい。が、辞書にはそれ以上のエピソードは書かれていない。キリスト教が国教になる前のローマ帝国時代のことか?

ただし別の本に聖ヴァレンテイーノのことが書かれていた。

ローマ近郊テルニの町の守護聖人。
大変な女好きheart04女性に優しく、称賛し、口説いた。←聖人か?

よってイタリアのバレンタインデーは男性が女性を賛美し、贈り物する日なのだそうだ。まったくもってところ変われば・・・・・。

こうしてみると、聖ヴァレンテイーノはわれら男性の鑑というか、スケベ代表というか(笑)

スケベで聖人に列せられたということはないだろうが。

ちなみに僕は、
むっつりスケベに列せられるべきなのであろうか?punch

笑うしかない・・・・downwardright

|

« サウダージ | トップページ | 一日限りの……… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サウダージ | トップページ | 一日限りの……… »