« 象の耳 | トップページ | またしても澱粉、そして吉祥寺へ »

2007/11/09

鷹ノ巣山

0711090107110902 目指せ鷹ノ巣山ということで、日原のバス停に降り立ったのは8:40。日が短くなったのでさすがに早起きしたのだ。そうじゃないとまた暗い山道をあたふた降りることになるからね(笑)。
バス停の目の前にある万寿の水を水筒に満たして出発。 

0711090307110904 途中、登山口からも見えていた稲村岩に寄り道する。ルートを離れて20分ほどの岩登りの末に小さな祠が建つ狭いトップにたどり着いた。日原の集落がよく見える。
あおぎ見るとこれから登ってゆく稲村岩尾根が。
 

0711090507110907 汗をポタポタたらしながら尾根をただただひたすら登っていくと小ピークに出た。なんでも「ヒルメシクイノタワ」というそうだ。「ヒルメシクイ」というのでオニギリを1個食べた。鷹ノ巣山頂まではもうひと息だ。
 

0711090807110909 12:20、視界がパッとひらけて鷹ノ巣山頂1736mに到着。
眺めもよくていいところ。今日はそこそこに展望はあったけど、南から雲が迫ってきていて富士山までは見えなかった。残念!

恒例のエスプレッソ沸かしは風があるので風防付き。僕は途中脱いだシャツを再び着る。陽射しはあるのだけど30分ほどで手が冷たくなった。

07110910 降り始めた石尾根は、防火帯も兼ねて切り開かれている。左奥のぽっこり頭は5月に登った大岳山、中央の三角頭は4月に登った御前山だ。
 
 
 

071109110711091207110913    

 

 

07110914 あちらこちらすっかり葉が落ちて枯れ葉のじゅうたん状態。一面の枯れ葉、榧ノ木山あたりの広い尾根では道をロストしたかと思って何度か確認した。

いや、枯れ葉ばかりではなくていろんな草花が目を楽しませてくれる。ところどころキレイな紅葉もある。

0711091507110916 倉戸山を経て奥多摩湖に出た。駅までのバスを待つあいだビールでカンパイだ。
「奥多摩湖=バイク」というイメージから抜け切れないので、こんなとこで飲酒してるのも我ながら変な感じだ。こうしている間もバイクが駆け抜けてゆく。

さすがにモトグッチは通らなかったナ。

|

« 象の耳 | トップページ | またしても澱粉、そして吉祥寺へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 象の耳 | トップページ | またしても澱粉、そして吉祥寺へ »