« 台風〓直下の………番外 | トップページ | 絶品!アサリの酒蒸し »

2007/09/07

VOCE DEL VENTO

おお風の夜
森のそばを歩いていると樹々が騒いでいる

ざあざ
どうど

森を抜けるとこんどは風が鳴っていた

頭上なにもない虚空で

……………!

萩原朔太郎は
犬の声を
のをああるとをああるやわあ
と聞いた

犬は病んでいるのか?飢えているのか?

恋慕の叫びか?悔やんでいるのか?

……………!

…………!

この風の声を文字にできたなら

僕も詩人になれたのに

|

« 台風〓直下の………番外 | トップページ | 絶品!アサリの酒蒸し »

コメント

いや もう十分に詩人でおらっしゃるす

投稿: minoguzzi | 2007/09/07 08:28

完全に出来上がってらっしゃるようで・・・

投稿: meimei | 2007/09/07 10:29

minoguzziさん、お晩です。
いや長靴はいて千鳥足、詩人などというものにほど遠い姿・・・・・・。

投稿: massi | 2007/09/07 22:21

meimeiさん、北の丸方面いかがでしたか?
いやいずれにせよ酔わんとこげえなこと書けねえですだ

投稿: massi | 2007/09/07 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風〓直下の………番外 | トップページ | 絶品!アサリの酒蒸し »