« 三鷹台←ニューウェーブ | トップページ | "パーネ"?"フォカッチャ"?"ナン"ちゃって! »

2007/09/21

RAI 0 マンデッロから(その2)

こちらライ・ゼロ。
KIIさんからの続報をお知らせするのが少し遅れてしまった。

終始天気に恵まれたGMG、無事に終わったそうで、町も普段の顔に戻っているとのことでした。

さて、KIIさんのグループのエキサイテイングなパフォーマンス
・・・・・・・・それは、

001 ←「BARAHONDA」と書いた棺をかついで湖畔の会場を練り歩いたそうです!

「BARAHONDA」は「BARA」と「HONDA」をつなげた造語。もともと存在する「BARAONDA(混雑・がやがや)」という単語にかけているのだ。イタリア語ではHを発音せずホンダのことをオンダと言うくらいだからバラオンダという読みはいっしょだ。

「BARA」は「ひつぎ」という意味。まあHONDAファン・関係者の皆さん目くじらたてないようにネ。これはシャレなんですから。

やはり「HONDA」というのは外国の方にとってはジャパニーズ・モーターサイクルの象徴らしい。GMGで僕らを見かけて「オレはHONDAも持ってる」と話し掛けられることもあるし、僕がバイクで参加したさい受けたインタビューの最後の質問は「オンダ・クワットロ(ホンダ4気筒)について、どう思う?」というものだった。そんなややっこしいこととっさにイタリア語で言えるわけないっ!!(笑)

 

ちなみにユワン・マクレガーも来ていたそうで、
「ん?聞いたことあるけど誰だっけ?」と教えていただいた新聞社のホームページ見てみると・・・・「お~、若き日のオビ・ワン・ケノービだ!」
オビ・ワンもグッツィストなのだ!そういやコモ湖のどこかでエピソード2のロケしたんだよね。

http://www.repubblica.it/2007/09/motori/motori-settembre-2007/motori-giornate-guzzi/motori-giornate-guzzi.html?ref=mothpstr1
 

 
GMG2007の様子を伝えるレプッブリカの記事を訳してみたけど、いまいちわからん部分や重厚な繰り返しは適当にゴマカシてあるので、そのつもりで読んでください。

「9月16日
本当に信じられないようなお祭り、マンデッロ・デル・ラーリオでのイベント、ジョルナーテ・モンデイアーリ・グッツィ(GMG)が今日幕を下ろす。ゲームに音楽に文化イベント、そしてたくさんのモト。モトグッツィ・マニアが集う特別な3日間であった。

モトグッツィ社が1921年から本拠地としているマンデッロで開かれたGMG2007には、ノルウェーからシチリアに至るまでヨーロッパ全てから約17,000のマニアックなグッツィストが詰め掛けた。外国からでは最も大所帯だったのはデンマークから真っ直ぐに駆けつけたグループだった。

モトグッツィの入口を入るとスコットランド人俳優のユワン・マクレガーの、彼自身のニュー・カリフォルニアに乗った姿が。
マンデッロはしだいにたくさんのモトと陽気な賑わいで満たされていった。今日(日曜)の午前中もまだなおマンデッロに詰め掛けるたくさんのグッツィストの列が続いている。

最高潮は土曜の夜、ラリオ(コモ湖のこと)の岸辺で催された一大イベントだ。音楽とビールの河へと無数のグッツィストがなだれ込む。
国内グループ・外国グループなどが表彰され、1991年生まれと1931年生まれのグッツィストも同じ壇上で表彰を受けた。モトグッツィというモトは60年という歳の差を持つ世代間であっても共通の情熱を持てるということを証明した。

マンデッロの生産ラインを出た最初のグリーゾ8Vに乗る幸運を引き当てたのはフランス人のジェニス(←女性?)だった。
夫のカリフォルニアに乗ってカンヌから来た彼女は、今日、GMG2007の主役であったグリーゾ8Vを操ってフランスへ帰る。」

|

« 三鷹台←ニューウェーブ | トップページ | "パーネ"?"フォカッチャ"?"ナン"ちゃって! »

コメント

書き忘れました。
ユワン・マクレガーのグッチ画像も教えてもらいました。
V7のタンクのカスタムをしています。

http://it.youtube.com/watch?v=lwGiK8wRi-k

投稿: massi | 2007/09/21 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三鷹台←ニューウェーブ | トップページ | "パーネ"?"フォカッチャ"?"ナン"ちゃって! »