« RAI 0 マンデッロから(その2) | トップページ | 立ちソバ列伝( 22)茅場町/がんぎ »

2007/09/25

"パーネ"?"フォカッチャ"?"ナン"ちゃって!

無性にケンタッキーが喰いたくなり、それにあわせてパンくずれのナンもどきを焼いた。
これは僕がときどき作る「ひっつみ」というスイトンの生地が余ったので網で焼いてみたのが始まりだ。

レシピはとってもシンプル。
小麦粉160gに水1/2カップ

イーストもベーキングパウダーも塩もミルクも入らない。これを耳たぶの硬さまでこねて1時間ほど濡れタオルかけて寝かす。

002 今日は少しバリエーションを加えてみよう。
蕎麦の実を炒ったの(小さじ1)とジェノベーゼソース(大さじ1)を加えてみる。

 

003 寝かすとモチッとしてくる。これを適量延ばして網で焼く。フライパンやオーブンを使う手もあるけど、網がいっちゃん楽で焦げ目が楽しいので僕はいつも網。
ちなみに「ちょっと薄いのでは?」くらいまで延ばさないと焼きあがりは分厚くなってしまう。

004 ベーキングパウダーを加えれば少しはモチッとするのだろうけど、これはパリッに近い。ナンやフォカッチャにはほど遠い。レタスやチキンをはさんで食べるとどこかメキシカンな感じだ(笑)

蕎麦の実はあまり存在感が無かった。でもジェノベーゼソースのおかげでバジルの香りがキテる!近くの畑で買ってきたモロッコインゲンのスープに、ワインに氷をブチ込んでガブガブ。ウマイッ!!

005 生地が余ったので、グリッシーニもどきを焼いた。
これは寝酒のワインの友に~~~~~~♪

|

« RAI 0 マンデッロから(その2) | トップページ | 立ちソバ列伝( 22)茅場町/がんぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RAI 0 マンデッロから(その2) | トップページ | 立ちソバ列伝( 22)茅場町/がんぎ »