« 欲張り企画、その1 | トップページ | Una vita dolce »

2007/07/11

欲張り企画、その2

やっとテントに帰り着いた僕は、ヘッドランプの灯りをたよりにキャンプ場中心部へ向かった。そこでコインシャワーで汗を流し、自販機で缶ビールを仕入れる。シャワーと自販機の存在はうれしいぞ!
メイン駐車場の周りには数組のキャンプ客がいるみたいだけど、僕がテントをはったエリアは無人。真っ暗なので危うく迷子になるとこだった。

070801  
 
 
 
 
 
ビールを飲み飲み火をおこし、食事を作る。
食材はなるたけ地元産をそろえた。おじいのレタスに佐久のにじます、地元しいたけにいんげん。ただし味付け牛カルビだけは地元産というわけにはいかなかったけど。

070802070803   
 
 
 
 
 
食事にありつけたのは21時ころ。画像はにじますの塩焼きと炊き込みご飯。
炊き込みご飯は久々に会心のできだった!!火おこしと牛カルビに夢中になって、しばしハンゴウの中身のことを忘れて放置していたのが勝因かな?

23時ころ火も落ちて、白樺のこずえの向こうに丸く切り取ったような星空が見える。いやになるほど無数の星を見てロマンにひたってみようかと思ったのだけど、特別ロマンのネタも無い(泣)。七夕は明日だしもう寝よう。

早く寝たので目覚めも早い。7時に活動開始だ。土曜の朝とあって、静かだったキャンプ場に徐々にクルマもやってきて、金峰山を目指し登る人やロッククライミングの準備をする人などで賑やかになってきた。こちらも朝ご飯を食べて再び足こしらえ。

かすかに足が痛かったりするのだけど、せっかく来たのだし天気もまだ崩れないのでもうひと歩き。

070804070805_1 
 
 

 
大駐車場は展望のひらけたサイトで岩場へのアプローチも良く、夕べも数組泊まっていたらしい。ここは周囲をロッククライミングのポイントに囲まれていて、ベースキャンプのような雰囲気だ。たぶん夜中か早朝に到着したのだろうか、テントもはらずにマットの上で寝る若者が2~3人いる。

僕は一番低い岩峰を目指す。山荘のガイドマップにはハイキングコース的にほのぼのと紹介されてるのだけど、道々に危険をアピールする看板がやたら出ている。たしかに足場はよくない。
てっぺんの岩塊の下で僕は行き詰まった。この先は岩をやるヒト達の世界。

070806070807 

 
 
 
 
まだ誰も登ってくる気配も無く、ここでエスプレッソタイム。
周りの岸壁を見回すとあちこちにアンカーが打ちこんである。

 

 

 

~~~~~~~~~
さてさて、1時間半ほどの歩きののち、まずはテントを撤収してから昼食の準備にかかる。夕べの残りのいんげんをブチこんで、ペンネッテ・アッラ・川上村風である。

またまた薪を集めてパスタを茹で始めたのだけど、火力の維持に夢中になっていたら突然網がグラッと傾いた!倒れたら最後、パスタが湯とともに投げ出されてしまう!!←と、思うより早く反射的に右手で網をつかんでいた。

070808070809  

 
 
 
 
4本の指に網目の跡が残った。

親指はまるで、こけしみたいだ(笑)こちなく割り箸で食べたペンネは、かなり旨かった!
旨ければ、過程については全てオーライである。

愛馬カリフォルニア(馬車馬)も僕の衣食住を満載して頑張ってくれた。

070810_1  
 

 
 
 
翌日曜も栃木方面へツーリングに行ったのだけど、その帰途で異常が発生!さすがの馬車馬も疲れが出たのかちょいヘビーな故障を生じた。日曜には平湯まで走らねばならない。月火水木、4夜連続整備だ。

|

« 欲張り企画、その1 | トップページ | Una vita dolce »

コメント

おおっ! キャンプ道具満載カリフォルニア
よろしおまんな~ ひとりキャンプとはおつですね
本日からの平湯CP会 順延すまんす
また 来年おねがいします

投稿: minoguzzimi | 2007/07/14 09:12

mionguzziさん、こんにちは!

中止は大正解だったみたいですね。台風直撃ですよ(笑)これだと決行しても158が通行止めになって皆帰れなくなります。
また来年楽しみにしてま〜〜す。

8月の14、15日は岩手の笠詰キャンプ場で2泊の予定です。ヒドイとこらしいす(笑)

投稿: massi | 2007/07/14 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欲張り企画、その1 | トップページ | Una vita dolce »