« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/28

朝練っ!!・・・も元の木阿弥

紫外線禁止令が発令中のため、近場でお茶を濁らせねばならない今日このごろ。う~ん・・・近場だって紫外線は浴びるのだけど。

8:30
さあて朝練ダ~!!最近雨のために運動量落ちてたので少しは燃やさねば。
ということで紫外線のことなどそれほど深刻に考えちゃいない僕は西東京市をスタート。近場でも少しは足ごたえのある多摩湖の丘陵地帯へ向けて走り出す。

07072701  

 
 
 
9:00
西武線武蔵大和駅の横に着く。ここから上り坂とさらにアップダウンが続く。画像の柵の右側がサイクリングロード。ただところどころ狭いので僕は車道を走る。木漏れ日が涼しげに見えなくもないけどケッコウむし暑いゾ。

07072702  
 
 
 
 
9:25
多摩湖を3分の2ほど回ったのち、お日様がジリジリ照りつける狭山湖のダム提上に着く。トイレに寄ったり撮影したり足を何度か停めたのだが、それにしても前よりタイムが落ちた。マズイなあ。

ここにいても暑いばかりなので5分後出発、立川を目指す。

07072703  
 
 
 
 
10:00
多摩湖を駆け下り、上北台からモノレールに沿って南下。30分後に立川駅南口から500mほどのラ・フレーズ・シュクレに着いた。なんだか今日の移動は30分単位だなあ(笑)

これぞ「男っぷりん」
あの有名な男前豆腐店の製品「ジョニ男」を使ったプリンなのだ。文化放送の「たまなび」という番組から生まれた。7月末でおしまいというので慌てて食べに来たわけ。今日はいくらか燃やしたからプリンの1個くらいは摂取しても大丈夫じゃん!?

食べると豆腐の味がしっかり残っている。でもプリン。

07072704  

 
 
 
食べてたら奥から店長さんが出ていらして「たまちゃんの番組聞きました?」と。
「ええ、昨日今月いっぱいって聞いたから慌てて来たんですよ」と答えると「番組聞いて来てくださった方にはシュークリーム1個サービスです」とシュークリーム贈呈!じゃじゃあああん!

嗚呼、予定摂取量をオーバーしてしまう・・・・・と言いつつ皮がザクッと中はミルキーな爽やかシュークリームでした(当然即完食、店前で立ち食い、笑)。立川を10:20出発。

男っぷりんは1日30個限定。250円07072705 07072706

 
 
 
 
10:50
カロリー過剰摂取と紫外線過剰照射に心を痛めつつ(ウソ)小金井へひた走るのだが、あまり摂取カロリーを燃やせないままに小金井に着いてしまう。

「はけの森美術館」だ。「はけ」というのは国分寺崖線(断層)に沿って点々と湧く湧き水のこと。このラインに沿って野川自転車道も走ってるし、ワサビ田や旨い蕎麦屋も・・・。

中村研一所蔵作品展を見学した。
絵を見ながら心落ち着き、空調が効いてるので汗がひいていく。・・・・てか、汗びっしょりの僕が入ったから展示室の湿度が確実に上がったはずなんだよね。ゴメンナサイ。

07072707  
 
 
 
 
11:20
美術館の横には「美術の森」というのがあり、そこに「オーブン・ミトン」というカフェがあった。
トータル女性15名ほど、男性1名の先着客たち、かしましとはこれのことかというほど話が盛り上がっていたようだったが、入っていった僕を見て一瞬静けさが舞い降りる。スンマセンね。足むき出しで。汗臭くて。

07072708_2  

 
 
 
オーダーしたのはチキンと野菜のマリネ。自家製パンと紅茶がついて1400円。非常にヘルシーな美味しさでよかよか。オクラの入ったマヨネーズがぬるぬると不思議な食感。もしキリキリ冷えた白ワインがあったら、つるっと1本飲んじゃうな。運動あとだし。

07072709  

 
 
 
混みのせいで、料理が出るまですこしばかり時間がかかってしまい、どうしても目に入るのは画像のタルト。

ダメダメ、今日は食べないよ!

このお店はお菓子・ケーキも売ってた。そのうち買いにこよっかな。
キッシュプレート1300円、デザート盛り合わせ1200円など。

12:20ころ店を出て、30分後の12:50家に到着。
4時間ちょいのうろうろ(過剰摂取気味)だった。

| | コメント (0)

2007/07/21

丘の上の蕎麦屋、それとジェラート

今日は釣友meimeiさんがわざわざ休みをとってくれたので、久々に白キス釣りでバトルというとこだったんだけど、僕は皮膚炎のせいでお医者から紫外線止めされている。いや多少はいいんだろうけど海はさすがにヤバそうだ。

07072001  

 
  
 
meimeiさんにゴメンナサイして、以前から行ってみたかった日野の蕎麦屋に向かった。多摩川サイクリング道を西へ走る。
・・・・・えっ?紫外線いいのかって?
いや海ほどじゃないかなって・・・へへへ。

0707200207072003  

 

  
京王線百草園駅の近く、丘を登っていくと妙なペイントをした建物を発見。
それは「もぐさファーム」という小さな牧場。さらによく見るとここで採れたミルクで作るジェラート屋「アルテイジャーノ」が近くにあるというではないか。

やややっ!?帰りに寄らねばなるまい。

07072004  

 
  
 
さらに少し登ったとこに目的の蕎麦屋「むら岡」があった。
あれれ?多摩川を走る自転車乗りがけっこう来る店だそうで、ネットを見ると「激坂が・・・」なんて書いてあったのに、普通にゆるい坂だった????
出発からちょうど1時間、開店直前でまだ客は一人。

07072005  
  

お勧めだという韃靼蕎麦(ダッタン)はくるみ汁につけて食べる。ダッタン蕎麦は本来の蕎麦の香りにほんのり渋みが加わってクセになる味!好み!つけ汁無くてもいい!と言いたいとこだがくるみ汁がこれまた旨かったあ!できることなら何もつけずに1枚、くるみ汁で1枚食べたい。1日限定10食だからそれはムリかな?

と、せいろも1枚食べた。あれもこれも試しておきたい貧乏性。

0707200607072007   

  
 
  
お腹が落ち着いて壁のお品書きを眺めると、夜に来たくなるメニューの数々。酒も揃ってるみたいだし・・・。

と、その中に「黒蜜かけそばがき」だの「蕎麦入りくずきり」だのも発見!
興味しんしんだけど・・・ジェラートのために我慢してお会計してもらった。

店の外に出るとやけに声のいいウグイスが鳴いている。

ホーー ホケキョ
ケキョケキョケキョ  ホケキョ

ヒリリリリリリリリリ
ホーホーホホホ  ケキョ

ヒキョケヒキョケヒキョケ

ホーー ホケキョ

すごいバリエーションを持っている。
なあんか数分聞き入ってしまった(笑)

07072011  
 

  
 
さて地図を見て百草園経由でジェラート屋に向かうことにする。
そして百草園から少し降りたとこで降るも怖そうな?坂にかかる。対向上り坂の現チャリがこちら側にはらんできた。危ないなあ・・・と思ったら、はらんだんじゃなくって、急坂のせいでジグザグ走行をしていたのだ。(稲城の川九郎以上?)

全体として非常に短い坂。そしてホントにきついのは50mくらいかな?
・・・・次回チャレンジしまっす!

0707200807072009   

 
  
 
ウグイスの丘をあとにして百草園駅前の道に出る。
目指すジェラッテリア「アルテイジャーノ」まであっという間だ。

地元農家から提供されたカボチャで作ったというカボチャジェラートは旨かった。

多摩川サイクリング道を世田谷通りまで下ってそこから北上。
吉祥寺のカフェに寄り道したあとmeimeiさんの家に向かった。

真っ赤に日焼けしてるmeimeiさん。
危ねっ!行かなくて良かった!

が、キスは釣れたらしい。・・・・クソ~~~!

| | コメント (0)

2007/07/20

1920年代の乗り味

丸2年がかりで整備してきた戦前生まれのモトグッチが完成し、今朝ちょいと試し乗りした。

キック3回
ストトトトト♪

ハンドチェンジの3速
2速と3速のレシオが離れていて、3速にレバーをガガガッと押し込むと一瞬間を置いてゆっくり加速を始める。

NEWシリンダーなんで無理はできなかったけど

トン♪…トン♪…トン♪…トン♪

排気音の間隔が長い。2000も回ってないだろうって驚くほどゆっくりした回転なのに、車速は60キロ近く出ている。なんか不思議な感覚だ。フライホイールで走ってる。

スコーン♪スコーン♪○池屋スコーン♪
スコーン♪スコーン♪○池屋スコーン♪

これよりは早く回ってるか(笑)

Sport14  

 
 
 
 
そのうち少し広い島を買ったらこれと同じバイクを手に入れよう。

天気の良い日は島の小山をめぐるゆるやかなワインデイングを50~60キロで流す。

夕方になったら荷台に竿と竹カゴを乗っけて、ヴィッラから船着場にトトトトッと駆け下り、夕餉のサカナを釣らねばならない。

| | コメント (0)

2007/07/18

Una vita dolce

久々に映画観ました。「マルチェッロ・マストロヤンニ、甘い追憶」
亡くなって10年、たくさんのインタビュー映像で構成されていた。

Mm02  

 

 

渋谷のBunkamura、LE CINEMA のロビーにはマルチェッロのサインも飾られている。

Una vita dolce「甘い追憶」?これは単に有名なLa dolce vita「甘い生活」にかけたんだろうね??僕は「甘い生活」はあんまり好きじゃない。「白夜」が好き。それとソフィア・ローレンとの共演作はどれもイイ!(てかセクシーなソフィア・ローレンがイイのか?)・・・・と言っても僕が生まれる前の作品の話なんだけど。

マルチェッロの若いころ、さすがカッコイイ!2枚目なのに口元だけちょっぴりショボンとしてる感じがまたなんともよかです。

多くのイタリア映画でも見かけるんだけど、彼もオトコの下ネタが好きだったらしい。ズルズルなスケベ下ネタじゃなくって。
女性陣は男が言う下ネタってのは元はスケベから来てるんじゃない!?と抗議なさるかも知れない。

いや違うんだよ。何と言うか「漢の下ネタ」??う~んこの感覚、どう表せればよいのだろう?変なこと言っても誤解の溝をえっさかほっさか掘り進めるだけだろうから(笑)。それに単に僕の買いかぶりかも知れない。

60年代当時の監督たちにスタッフたちの古い映像、それと生き残ってる名優たちのインタビュー。
「彼は尊敬すべき素晴らしい才能の・・・」みたいなんじゃなくって、幼馴染でちょっとくせのあるイトコを懐かしんで語るようなあたたかい笑みを皆浮かべてる。

そうか!最初この映画の題名はただ単に「甘い生活」にかけただけと思ってたけど、そばにいた人々は実際にほの甘い記憶を胸に抱いているんだね。

作中、「甘い生活」で描かれた華やかな日々はフェリーニの作った絵空事さ、という証言があった。だけどマルチェッロを取り巻く人々には甘い生活があったのだろう。

そんな思いを決定づけたのはフランス人俳優の回想。
「一緒によく行ったパリのカフェ。女主人は彼が亡くなると彼がいつも座っていた席の後ろに彼の写真を飾った。でも僕はもうあのカフェには行かない。素晴らしき日々は終わったんだ。」

だけどみんなカッコイイなあ。

Mm01  

 

 
フィルモグラフィを追ってみたらマルチェッロ・マストロヤンニ出演作で僕が観たのは21作。日本でかつて1度でも上映されたものでまだ観てないのは・・・・・な、なんと49作!!
もうレンタルビデオ屋では限界だよ。

| | コメント (0)

2007/07/11

欲張り企画、その2

やっとテントに帰り着いた僕は、ヘッドランプの灯りをたよりにキャンプ場中心部へ向かった。そこでコインシャワーで汗を流し、自販機で缶ビールを仕入れる。シャワーと自販機の存在はうれしいぞ!
メイン駐車場の周りには数組のキャンプ客がいるみたいだけど、僕がテントをはったエリアは無人。真っ暗なので危うく迷子になるとこだった。

070801  
 
 
 
 
 
ビールを飲み飲み火をおこし、食事を作る。
食材はなるたけ地元産をそろえた。おじいのレタスに佐久のにじます、地元しいたけにいんげん。ただし味付け牛カルビだけは地元産というわけにはいかなかったけど。

070802070803   
 
 
 
 
 
食事にありつけたのは21時ころ。画像はにじますの塩焼きと炊き込みご飯。
炊き込みご飯は久々に会心のできだった!!火おこしと牛カルビに夢中になって、しばしハンゴウの中身のことを忘れて放置していたのが勝因かな?

23時ころ火も落ちて、白樺のこずえの向こうに丸く切り取ったような星空が見える。いやになるほど無数の星を見てロマンにひたってみようかと思ったのだけど、特別ロマンのネタも無い(泣)。七夕は明日だしもう寝よう。

早く寝たので目覚めも早い。7時に活動開始だ。土曜の朝とあって、静かだったキャンプ場に徐々にクルマもやってきて、金峰山を目指し登る人やロッククライミングの準備をする人などで賑やかになってきた。こちらも朝ご飯を食べて再び足こしらえ。

かすかに足が痛かったりするのだけど、せっかく来たのだし天気もまだ崩れないのでもうひと歩き。

070804070805_1 
 
 

 
大駐車場は展望のひらけたサイトで岩場へのアプローチも良く、夕べも数組泊まっていたらしい。ここは周囲をロッククライミングのポイントに囲まれていて、ベースキャンプのような雰囲気だ。たぶん夜中か早朝に到着したのだろうか、テントもはらずにマットの上で寝る若者が2~3人いる。

僕は一番低い岩峰を目指す。山荘のガイドマップにはハイキングコース的にほのぼのと紹介されてるのだけど、道々に危険をアピールする看板がやたら出ている。たしかに足場はよくない。
てっぺんの岩塊の下で僕は行き詰まった。この先は岩をやるヒト達の世界。

070806070807 

 
 
 
 
まだ誰も登ってくる気配も無く、ここでエスプレッソタイム。
周りの岸壁を見回すとあちこちにアンカーが打ちこんである。

 

 

 

~~~~~~~~~
さてさて、1時間半ほどの歩きののち、まずはテントを撤収してから昼食の準備にかかる。夕べの残りのいんげんをブチこんで、ペンネッテ・アッラ・川上村風である。

またまた薪を集めてパスタを茹で始めたのだけど、火力の維持に夢中になっていたら突然網がグラッと傾いた!倒れたら最後、パスタが湯とともに投げ出されてしまう!!←と、思うより早く反射的に右手で網をつかんでいた。

070808070809  

 
 
 
 
4本の指に網目の跡が残った。

親指はまるで、こけしみたいだ(笑)こちなく割り箸で食べたペンネは、かなり旨かった!
旨ければ、過程については全てオーライである。

愛馬カリフォルニア(馬車馬)も僕の衣食住を満載して頑張ってくれた。

070810_1  
 

 
 
 
翌日曜も栃木方面へツーリングに行ったのだけど、その帰途で異常が発生!さすがの馬車馬も疲れが出たのかちょいヘビーな故障を生じた。日曜には平湯まで走らねばならない。月火水木、4夜連続整備だ。

| | コメント (2)

2007/07/07

欲張り企画、その1

月の第一金土は年に12回の僕の連休。実際にはいろんな行事にくわれてしまうので泊りがけでなにかするチャンスは大事にしたい。

070701070702  

 
 
 
 
今回は長野県川上村に向かった。中央道韮崎ICから北上して信州峠を越える。長野側に入った途端に高原野菜の畑、それも大規模な畑が広がる気持ちのいいルートだ。ちょうどレタス・サニーレタスの収穫時期らしく、巨大な運搬トラクターがあちこちを走っていた。

村のスーパーで食料を買い、ちょうど道の近くで作業をする方を見つけてレタスを1個分けてもらった。かなり高齢のおとうさん、川上のレタスは野球中継のときにCMやってると教えてくれた。何でも地元の娘さんが出演してるそうで。見た方います?

070703070704   

 

 
 
ロッククライミングで有名だという廻目平、ここから大弛峠へ登る川上牧丘林道はロードバイクにはちいとばかしきついガレ道で、以前登った時はルマンのテールレンズが脱落した。

今回は西側にあがって廻目平キャンプ場に入った。家からここまでちょうど200km。入口の金峰山荘でチェックインしたのが12時過ぎ。う~ん、金峰山に登りたいのだけどちょっとゆっくり来過ぎたかな?

全ての準備が終わって時計を見ると13時20分。今日登るか?明日登るか?予測タイム5時間・・・・・。結局明日の天気も見えないし出かけることにした。

070705_1070706_2   
 

 
 
 
約1000mの登り、やけに足に堪えるのだけど何でだろう?バイクで来た分疲労があるの?と悩みつつ、何か獲物を見つけては撮影を理由に何度も足を停める(笑)

やがて原因に気づく。遅発ちを気にしてか無意識にペースが上がっていたのだ。バテる前に気づいてヨカッタ。

070707070708   

 

 
途中、看板の女の子が「ガンバッテ」と励ましてくれた。ハテ?金峰山小屋にはこんなギャルがいるのだろうか?

森林限界を越え、金峰山小屋の前に着いた。当然ギャルは居なかったけど、迎えてくれたのは人懐こい黒ラブちゃん(犬)と小屋番さん?の感じの良いお兄さんだった。

話によれば梅雨の晴れ間の今日の好天はラッキーだったようだ。残り150mほど?ケルンの向こうに頂上そばの五丈石が小さく見える。がんばるぞ~!

070709070710  
 

 

花に気づくのはキツクて下ばかり見てるからか?

小さく見えた五丈石も近づいてみればこの大きさ。霧が流れてきては消えていく。好天とはいっても所詮梅雨なので、近場の山は見えても遠望はきかない。

070711070712   

 

 
出発からちょうど3時間、山頂2599mの岩のかたまりに登ってエスプレッソを沸かす。

しかし日本100名山の一つだから、平日とはいえもっと人がいるかと思ったら、呆れるほどに誰もいない。時間帯も遅いし仕方ないかな?まあお陰で山頂独り占めである。

独り占めはいいとして、なかなかエスプレッソが沸かない。北風が強いせいだ。「おい、123Rは風に強いんじゃなかったか?」とストーブを励ましつつカッパを着込んだ。さぶい。

070713070714   
 

 

こんなとこでも携帯のアンテナが立つからスゴイ。無線が廃るわけだ。

徐々に暗くなっていく中を無事下山し、沢沿いの林道まで戻ってきたところで絶好の薪が落ちている。テントのそばにあまり無かったので「こりゃいいや(嬉)」と道々拾いながら降るうちにケッコウな量になった。

が、そっからが大変。林道にさえ出たらじきにキャンプ場だとばかり思っていたらなかなか到着しないのだ。気が利いてるようでも所詮こんなもの・・・・マヌケである。それでも20分は我慢して持っていたのだがやがて重い枝から放棄を始める(泣)。壷の中のリンゴを握って放さないサルのごとく、ゲットしたモンは手離したくない。

次のコーナーの向こうにキャンプ場があるのではという期待も何度も裏切られたあげく、薪の半分を放棄し、あたりも真っ暗になった19時10分、テントに帰り着いた。

~~~つづく

| | コメント (0)

2007/07/03

闇市って? &スモークシンドローム(14)

先月、天気悪いうちに行っておこうと思って末廣亭に出かけた。
すると「混んでますので2階へ・・・」って。おお~っ!何年も通ってて(年に4回だけど)初めて2階にあがるよ。正月くらいしか開かないと思ってた。なんでも寄席文字の橘左近13回忌追善興行とのこと。寄席文字の実演やら内海桂子・桂小金冶交えた対談(若いヒトはわからんでしょう?)に有名噺家出演など、混むのも納得という内容だった。

Q000  
 
 

 
 
元こぶ平も出た。
噺の途中、歌舞伎の筋から「中村の親子は税金でもめてた」「馬鹿野郎!ウチもじゃないか!」なんてギャグ飛ばしてたけどサ。同じスキャンダルでも浮気がバレたとかなら笑えるけど、脱税はぜんぜん笑えないよ!こちとら少ない税金だけど天引きでかっちり納めてんだ!
「しくじり」と「犯罪」は違いますゼ。坊っちゃん。

Q001  

 

 
その後、吉祥寺ミシマカフェに行ったら店内が真っ赤に染まっている。中華フェアーが始まっていたのだ。このキャンペーンは中国闇市と言うのだそうだ。完全にオーナーT氏の趣味だね。

Q002  

 

 
ではではということで、紹興酒ロックでカンパイ!
つまみも聞きなれないものばかり・・・豚顔??豚ちゃんのお顔にスモークかけて薄く切ったものでコラーゲンたっぷり美容に良いとか。・・・中華腸詰??サラミだね。オイリーで甘くてこれはイケる!

Q003  

 

 
ノッてきたとこで中国ワインに手を出してみる。実は巷の評判は良くない。でもやっぱり試してみないとならないのである。

その名も「長城王子」ダーッ!
ま、まさか日本における王子ブームを当て込んで??いやいやあり得る話ですぞ、これは(笑)。そして評判のお味の方は・・・う~ん、まず薄い。カベルネとメルローのブレンドだというんだけど味も香りも・・・・・いやこれは発展途上ということなんでしょう。ネーミングのセンスも含めて。

やっぱりこの、思わぬモノが口に飛び込んでくるところが闇市なんでしょうなあ。(無理やりな結論)

| | コメント (0)

2007/07/02

7月

東京近郊、やっと梅雨らしい気候になった。
「梅雨なのに雨降らないね~」とか油断しているうちに梅雨寒になって、薄着に慣れた体が変調をきたす・・・・・毎年こんなパターン繰り返してる人いないすか?(←わたくしMassiがまさにそれ)

07070101  

 

 
小金井公園の定点。湿度が高い日々が続いて参る。この樹に囲まれた小道もずっと湿ったままだ。

07070102  

 

 
井の頭公園の定点。雲の反射で露出が・・・・。
どこも同じく湿気てるんだけど、樹の下は不思議と爽やかなのがうれしい。先ごろ始まった池の浄化プログラムがもう効を奏したのかわからないけどこの日はあまり匂わなかった。

0707010307070104  

 

 
朝ちょっと時間に余裕があったので、たまには七井橋の上でレスト。撮影は日曜だったのだけど、天気のせいか人出が少ない。スワンボートは待機中。アートマーケッツも出店前。

07070105  

 

 
橋の真ん中から。
目の前にエサやり自粛の看板が。向こうに見えるハイツは某子役出身・私生活暴露女優もかつて住んでいたという池を見下ろす一等地。あの人、最近吉祥寺ネタでよくテレビに出るなあ。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »