« 洋服屋さんとの相性 | トップページ | ぐ、ぐ、ぐわしっ! »

2007/06/17

黄昏どきに見ぃつけた

昨日、金曜は休みだったので、雨予報ながらカッパを着て三浦のキスに挨拶しに行くつもりだったんだけど、4時に起きてみれば・・・・風。悩むうちに2度寝してしまい、6時に目覚めるとなあんか予報がはずれてイイ天気だけどやはり風も強い。

投げ釣りに風は大敵、断念&停滞と決めたっ。ちょっとたまってたデスクワークなんぞを片付よう。
ちょっとややこしい手紙をやっと書いたりして、疲労もピークに達した脳を生き返らせたのは夕景。

0001_1  

 

 
僕の部屋からは奥多摩から秩父の山並みが見える。富士山も窓から身を乗り出せば真横に。丹沢方面は近くの農家のけやきの巨木に阻まれて見えない。

この時期の日の入りは北に寄って秩父方面に落ちている。

0002_10003_1   

 

 
かわって今日、土曜日の仕事帰り。スムーズにいくと帰りの走りは夕焼けに間に合う。

井の頭公園に「ゆうやけ橋」というのがあるのだけど、樹々に遮られて残念ながら橋から夕焼けは見えない。葉の無い冬期は僕の帰宅時間は真っ暗なのでわからない。

・・・・ので、かわりに池の夕焼け。七井橋のたもとにスワンボートが羽根を休めている。
みんな携帯で撮ってるよ。キレイだかんねえ~。

0004_1  

 

 
まだアートマーケッツの皆さんが少しばかり出店してたので、眺めながらゆっくり走る。

すると夕闇のなかで小さな楽器を操るオジサン発見。手にはアレが。
そう、以前上野に見に行った大道芸人立松正宏さん(自転車でゆく体感アーテイスト)が演奏するのを見てから探していたアレ(立松さんに名前を2度も聞いたのにちゃんと記憶してない)なのだ。
輸入民芸品店で見つけてはいたんだけど音の鳴りがイマイチで買えなかった。
アレはオジサンの手の中でシャンシャンと鳴っている。

0005_1  

 

 
その名は「パチカ」。パチカ・・・パチカ・・・・忘れないようにしよう。他にカリンバやハンドマラカス、南米の民族楽器が並んでいた。オジサンは井の頭には久々に来たんだそうだ。

ラッキー!見つけてよかった。
黄昏どきは「誰そ彼そ」、誰だかよく見えなくなる時分をさすらしい。ゆっくり走ってたのが幸いしたかな。

0006_1  

 

 
ヒモがついてるのが「パチカ」1個だけのが「ガンザ」。「ガンザ」に柄をつければ「マラカス」になる。今度のボサノヴァの夜にはガンザを持って行こうかな?

|

« 洋服屋さんとの相性 | トップページ | ぐ、ぐ、ぐわしっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洋服屋さんとの相性 | トップページ | ぐ、ぐ、ぐわしっ! »