« 年に1度の(2) | トップページ | 黄昏どきに見ぃつけた »

2007/06/08

洋服屋さんとの相性

洋服屋、ブテイックとでも言えばいいのかな?

こんなことないすか?
店主と趣味がバッチリ合って、そのヒトがそろえてる品だから自分にとってもツボ。そこに行けば服の供給が済んでしまう。

07060801  

 

 
 
僕にとってのそれは、阿佐ヶ谷にあるKANI&CO。
うちの店がまだ野方にあったころ、この店も野方に。すっごいオシャレで気になる店だったんだけど、小さなお店の奥に店主が一人いらっしゃってて、どこか入りづらかった。
勇気を出して扉を開けてから、もう12~3年のお付き合いかな。

07060802  

 

 
 
ここの主力はアメリカの老舗ペンデルトン。あまり知らないでしょう?アメリカ先住民族各種族の伝統的なパターンをデザインに取り入れてる。

↑画像の棚、2段目3段目のブランケットは僕もキャンプなどで愛用してるもの。向こうの壁には店主カニさん愛用のブランケットがかかってる。今2枚残ったブランケットは3割引で25000円になっている。もう1枚買うかどうかで激しく悩んでいる。

07060803  

 

  

↑シャツは100%コットン。鹿革のポーチがかわいい。
アウターもコットンものが多い。僕はバイクに乗ってるせいもあるのか、アウターにふわふわポリなど弱い素材が苦手だ。肌触りが多少ゴワゴワしても、外乱に強くヘビーなものが好き。コットン・革・石・鉄・・(笑)

昔、カニさんが「これウチのお客ではmassiさんしか着ないと思うんだよね」と出したのがベルスタッフのレザーハーフコート。あまりのハードさと価格のハードさに最初2の足を踏んだのだけど、皆さんご存知の通り、今ではすっかり愛用、身体に馴染んで、支払いも終わった(笑)。でもいいもの買ったよ。あれは一生モノ。

07060804  

 

 
 
↑馬の尻尾アクセサリーにレッドウィングもある。
さっき3割引と書いたけど、実はこの店事情で8月に閉店する。その連絡をいただいて今日出かけたというわけだ。カニさんは笑ってるけど、とってもサビシイ。とっても困る。

今日カニさんが出したのは豚革の長めのジャケット。
「これmassiさんくらい身長ないと着れないよ」
って、確かにね。3割引は魅力だよ。でも着こなせるかなあ?

今回の日記は、そう、宣伝です。

在庫分が3割引です。為替の関係で、同じ商品でも来季の価格はかなりあがるのでお買い得。興味ある方、行ってみてください。JR阿佐ヶ谷駅を出たら、若杉通りを早稲田通り方面(北)に15分ほど歩いたとこです。並木が陽射しを遮ってるので、歩いても暑くないです。

ペンデルトンには最初の画像に写ってるけど、インデイアン柄のポーチや小型犬が入れるバッグも。もちろんレデイースもあり。
他にレッドウィングシューズ、リーバイスの中古。馬の尻尾を使ったブレスレットなど。

KANI&CO
03-3339-9002

しかしお店が閉まるというのはサビシイ話だ・・・・・・。

|

« 年に1度の(2) | トップページ | 黄昏どきに見ぃつけた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年に1度の(2) | トップページ | 黄昏どきに見ぃつけた »