« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

吉祥寺美術館、堀田清治展

久々に吉祥寺美術館へ出かけた。例によって予備知識は皆無なのだ(笑)。

相変わらずひっそりとした受付で100円払って展示室へ入る。

Hotta01  

 

 

堀田清治展。「酒場」「物乞い」「背負う人」など戦前の作品群は、ふと気がつくと描かれている武骨な人々はみな裸足だ。どこか社会主義的な香りの漂うメッセージ。

それが戦後、渡欧の影響もあるのかな?「聖母子」などキリスト教を題材にした作品に移行してくる。
そして後年70年代は仏教画になる。それも慈悲あふれる仏さまよりも憤怒に満ちた明王像の色彩がものすごい。

なんだろう?人生の苦しみを慈愛に救いを求めたのち、なにかへの怒りに移っていったのだろうか?そうとしか思えない激しい彩りだった。

そうそう「廃船」という絵、似たのをどこかで見たことがある。これ美術の教科書に載ってなかったかなあ?ゴッホの「ひまわり」のように同じモチーフ何度も描いてるようだし。そのうちのどれかが教科書に載った?

Hotta02  

 

 

常設の浜口陽三展は、前にも書いたけど淡い色彩で表現された球体に引き込まれる。ざくろ、さくらんぼ・・・。

しっかしここは、人がいない。こっそり写メを撮ったりもできるし(笑)。
上野の西洋美術館でパルマ展が始まってるんだけど、有名どころでイタリア関連のが始まるとともかく人出がものすごい。いつ行こうかな~。
人出が多いだけならいいのだけど、なんだか皆さん壁に沿って移動するんだよね(笑)。まあ作品説明のプレートを読むせいもあるんだろうけど、30cmの距離で絵にへばりつくように見ている。デカイ絵は見えないでしょうに。

比べて吉祥寺美術館の静けさよ!展示室を独り占めだよ。壁に沿って移動する障害物もいないし。いすに座ってぼんやり絵を眺められる。できることならここでコーヒーを沸かしたいくらいだ。

| | コメント (0)

2007/06/17

ぐ、ぐ、ぐわしっ!

いま吉祥寺ユザワヤの前の交差点で、信号待ちで横に立ったのが謀図かずおさん。
吉祥寺における遭遇率ナンバーワン芸能人。

………今日も「ぐわしっ!」をかませなかった。

謀図さんはノリいいから、ちゃんと返してくれるから、って誰もが言うんだけど………。

今日もできなかった。

信号待ちで立ち止まってるんだもん。はずしたら気まずいっしょ?

朝9時の謀図さん、今日もいつもの赤と白の横じまシャツだった。

僕は赤金のTシャツにパナマハット。
派手さなら負けないぜぃっ!ガハハ!

ミシマで隣に立った人が言ってたんだけど、高知のホテルでみかけた時も謀図さんは赤白シャツだったそうだ。

すごい。赤白シャツ何枚持ってるんだろう?

心のなかで「……ぐわし」
そおっと指を折り曲げてみた。

| | コメント (2)

黄昏どきに見ぃつけた

昨日、金曜は休みだったので、雨予報ながらカッパを着て三浦のキスに挨拶しに行くつもりだったんだけど、4時に起きてみれば・・・・風。悩むうちに2度寝してしまい、6時に目覚めるとなあんか予報がはずれてイイ天気だけどやはり風も強い。

投げ釣りに風は大敵、断念&停滞と決めたっ。ちょっとたまってたデスクワークなんぞを片付よう。
ちょっとややこしい手紙をやっと書いたりして、疲労もピークに達した脳を生き返らせたのは夕景。

0001_1  

 

 
僕の部屋からは奥多摩から秩父の山並みが見える。富士山も窓から身を乗り出せば真横に。丹沢方面は近くの農家のけやきの巨木に阻まれて見えない。

この時期の日の入りは北に寄って秩父方面に落ちている。

0002_10003_1   

 

 
かわって今日、土曜日の仕事帰り。スムーズにいくと帰りの走りは夕焼けに間に合う。

井の頭公園に「ゆうやけ橋」というのがあるのだけど、樹々に遮られて残念ながら橋から夕焼けは見えない。葉の無い冬期は僕の帰宅時間は真っ暗なのでわからない。

・・・・ので、かわりに池の夕焼け。七井橋のたもとにスワンボートが羽根を休めている。
みんな携帯で撮ってるよ。キレイだかんねえ~。

0004_1  

 

 
まだアートマーケッツの皆さんが少しばかり出店してたので、眺めながらゆっくり走る。

すると夕闇のなかで小さな楽器を操るオジサン発見。手にはアレが。
そう、以前上野に見に行った大道芸人立松正宏さん(自転車でゆく体感アーテイスト)が演奏するのを見てから探していたアレ(立松さんに名前を2度も聞いたのにちゃんと記憶してない)なのだ。
輸入民芸品店で見つけてはいたんだけど音の鳴りがイマイチで買えなかった。
アレはオジサンの手の中でシャンシャンと鳴っている。

0005_1  

 

 
その名は「パチカ」。パチカ・・・パチカ・・・・忘れないようにしよう。他にカリンバやハンドマラカス、南米の民族楽器が並んでいた。オジサンは井の頭には久々に来たんだそうだ。

ラッキー!見つけてよかった。
黄昏どきは「誰そ彼そ」、誰だかよく見えなくなる時分をさすらしい。ゆっくり走ってたのが幸いしたかな。

0006_1  

 

 
ヒモがついてるのが「パチカ」1個だけのが「ガンザ」。「ガンザ」に柄をつければ「マラカス」になる。今度のボサノヴァの夜にはガンザを持って行こうかな?

| | コメント (0)

2007/06/08

洋服屋さんとの相性

洋服屋、ブテイックとでも言えばいいのかな?

こんなことないすか?
店主と趣味がバッチリ合って、そのヒトがそろえてる品だから自分にとってもツボ。そこに行けば服の供給が済んでしまう。

07060801  

 

 
 
僕にとってのそれは、阿佐ヶ谷にあるKANI&CO。
うちの店がまだ野方にあったころ、この店も野方に。すっごいオシャレで気になる店だったんだけど、小さなお店の奥に店主が一人いらっしゃってて、どこか入りづらかった。
勇気を出して扉を開けてから、もう12~3年のお付き合いかな。

07060802  

 

 
 
ここの主力はアメリカの老舗ペンデルトン。あまり知らないでしょう?アメリカ先住民族各種族の伝統的なパターンをデザインに取り入れてる。

↑画像の棚、2段目3段目のブランケットは僕もキャンプなどで愛用してるもの。向こうの壁には店主カニさん愛用のブランケットがかかってる。今2枚残ったブランケットは3割引で25000円になっている。もう1枚買うかどうかで激しく悩んでいる。

07060803  

 

  

↑シャツは100%コットン。鹿革のポーチがかわいい。
アウターもコットンものが多い。僕はバイクに乗ってるせいもあるのか、アウターにふわふわポリなど弱い素材が苦手だ。肌触りが多少ゴワゴワしても、外乱に強くヘビーなものが好き。コットン・革・石・鉄・・(笑)

昔、カニさんが「これウチのお客ではmassiさんしか着ないと思うんだよね」と出したのがベルスタッフのレザーハーフコート。あまりのハードさと価格のハードさに最初2の足を踏んだのだけど、皆さんご存知の通り、今ではすっかり愛用、身体に馴染んで、支払いも終わった(笑)。でもいいもの買ったよ。あれは一生モノ。

07060804  

 

 
 
↑馬の尻尾アクセサリーにレッドウィングもある。
さっき3割引と書いたけど、実はこの店事情で8月に閉店する。その連絡をいただいて今日出かけたというわけだ。カニさんは笑ってるけど、とってもサビシイ。とっても困る。

今日カニさんが出したのは豚革の長めのジャケット。
「これmassiさんくらい身長ないと着れないよ」
って、確かにね。3割引は魅力だよ。でも着こなせるかなあ?

今回の日記は、そう、宣伝です。

在庫分が3割引です。為替の関係で、同じ商品でも来季の価格はかなりあがるのでお買い得。興味ある方、行ってみてください。JR阿佐ヶ谷駅を出たら、若杉通りを早稲田通り方面(北)に15分ほど歩いたとこです。並木が陽射しを遮ってるので、歩いても暑くないです。

ペンデルトンには最初の画像に写ってるけど、インデイアン柄のポーチや小型犬が入れるバッグも。もちろんレデイースもあり。
他にレッドウィングシューズ、リーバイスの中古。馬の尻尾を使ったブレスレットなど。

KANI&CO
03-3339-9002

しかしお店が閉まるというのはサビシイ話だ・・・・・・。

| | コメント (0)

年に1度の(2)

さてさて、その後吉祥寺のヌードルチャフェへ。2周年を迎えて年に1度のパーテイー&イベントにお呼ばれしてるのだ。
チャフェの前に遅れて着くとどこからともなく歓声が響き渡っている。

M08  

 

 
 
↑その源はコヤツラだった。
チャフェ常連若手軍団がすでにゲームで盛り上がっている。
酒飲めないのにこのノリに追いつけるだろうか??

M09

 

 
 
 
 
チャフェのパーテイーでは得手不得手にかかわり無くゲームに参加させられる。僕も対戦。こちとらゲームの名前すらも知らないのだ。

画像を見てわかる方もいるでしょう?このゲームは傍で見てても難しそうでヤだったんだけど、僕は勝ってしまった!

ナゼ勝てたか?
あたった曲が「青い珊瑚礁」だったのだ。対戦相手はこの曲を知らない世代だった。結局年寄りだから勝てたというビミョーな勝因。

M10  

 

 

プロジェクターでやるゲームばかりではなかった。
知力・体力を使うゲームも。おかげで店と井の頭公園の間を走らされたりする。だいたいチャフェの常連はこき使われるのがウレシイ人種ばかりなのだろうか?

数々のゲームを終え、決勝に残った2チーム8名。
カメラを向ければ「イエ~~ッ!」
ノリがいい。シラフは僕一人。疲れたゾー。

| | コメント (3)

2007/06/05

年に1度の(1)

B01_1 
 
 
 
 
 
 
2日は年に1度のクラブの1泊ツーリングだった。
行き先は妙高高原・赤倉温泉。集合地の談合坂SAに続々とグッチが集まり、ワイン3本背負ってくるヒトも・・・。

B02_2  

 

 
 
松本の梓川SAでの昼食。
日頃はコンビニおにぎり2個とインスタント味噌汁とヨーグルトで充分満足してるのに、ツーリングに出るとなぜか過剰摂取に走りがちだ。麺も米もともに諦められないのが原因だろうか?

B03_2   

   

 

僕のシングルギア自転車の先輩、ピストレーサーさん。今日は5速のグッチで参戦。

B04  

 

 
 
宴会で沈没寸前のminoguzziさんを発見!
まだ伊佐美の栓が開いてませんぜ!
宴会は18:30から02:30まで続いた。

B05  

 

 
 
翌朝食は画像手前の細長い皿以外はバイキング。
minoguzziさんが塩辛を山盛りしてくださったので、禁じ手のご飯2膳盛りで迎撃する。前夜飲み過ぎて胃が膨張したらしく、ご飯がするする入ってゼッコーチョー!(笑)

B06  

 

 
 
ホテル前の湧き水は冷たくて美味しかった!
ルマンを置いて記念撮影。

B07  

 

 
 
ちょうど見通しの良い谷に差し掛かったので、先行車を撮影しようとグッチを停めたら眼下に滝を見つけた。ウチのグループは走り始めたら観光とかは眼中にないのかこういった景色を眺める時間はあまり持たない。

B08  

 

 
 
日本の東西から集まった16台。天気にも恵まれて楽しかったなあ。
美味しい酒も飲んで、いろんなお話が聞けて。

今回の走行670km。距離的にもゆとりがあったので疲労感はなかった。

疲労がないからというわけじゃないけれど、この日はこれだけで終わらなかった。

| | コメント (8)

6月

  W01  

 

 

まずは小金井公園の定点。すっかり緑。
これは1日午後の撮影なので陽光がいつもと違っている。

W02  

 

 
 
この日はまずまずの天気だったのだけど、翌日から1泊でツーリングがあるので、小金井公園で日光浴&ランチ&昼酒とした。

W03

 

 
 
 
 
本を読んだりうつらうつらしたりしてるとまわりをブーンという羽音で囲まれる。あたり1面に咲くシロツメクサに無数のミツバチがきてるのだ。のどかだねえ。鋭気を養う。

W04  

 

 

続いて井の頭公園の定点。実は5月31日の撮影。
緑濃く、池に影を落とす。池の浄化作戦がすでに初めっているのだけど、日によっては若干匂う時がある。効果出るまで時間が必要なのだろう。

W05W06  

 
 
 
 
早朝、客を待つスワン。カップルは乗ってはイケナイ。
そして井の頭公園駅のホーム。最近ヒロスエ出演のCFに出た。

W07  

 

 
 
時間があったので七井橋通りを見に行ったら、ミシマ・カフェの看板が新しくなっていた。不覚!気づかなかった。先の階段を降りるとドナテロズ・カフェがある。

W08  

 

 
 
ドナテロズは野良ネコ・捨てネコ救済の拠点になっていてスタッフさん達が頑張っている。通りに面した窓には里親募集の張り紙。

W09  
 
 

 
雨の日は屋根のあるオープンエリアにドナのネコ達が陣取る。僕はここに面したカウンターに座るのが好きだ。勉強orデスクワークがあるときはここへ。
見ているとドナのお客ではないのだけどネコにおやつを持ってくるファンが多い。

W10  
 
 

 
店内には野良たちの世話(エサ・予防接種・避妊治療)のための募金箱や聴導犬育成への募金箱が置かれる。ここは一般のカフェより安いので、差額のつもりで寄付をする。コーヒーとバナナパイで500円しないんだから。

W11  

 

 
 
これは冬に撮った画像。
ドナは実はイタリアンジェラートの店で、400円で3種選べる。何種か選べるってのは実にイタリア的だ。もっともイタリアだとやんなるくらい盛っちゃうのだけど。

向こうにネコが寝ている。ドナはイヌ・ネコ入店自由なので客はそれを承知の上来てくださいという店。入店自由と書いたが野良ネコたちはホントに自由に出入りするらしい(笑)

W12  

 

 
 
看板ネコのパンダ。
外に出たいのだけどドアが閉まっているので客が来るのを待っている。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »