« 立ちソバ列伝( 21)秋葉原/田毎 | トップページ | 青雲緑走 »

2007/05/05

スコ研、GW合宿!

GW後半、いかがお過ごしですか?
通常は平日にしか休めない僕も、盆・正月・GWばかりは皆さんと同じように連休なので、スコ研仲間と合宿へいざ出発!

07050301  

 

 
 
3日朝、わりと空いてる首都高を抜けて、館山道の市原SAに8時集合。館山道のおかげで南房へのアプローチが良くなった。7月の初旬に残り1区間も開通するらしい。

スコ研メンバー4人は、今回はわき目もふらず一気に南下した。穏やかな館山湾をバックにパチリ撮影後、船形漁港そばの魚屋さんに寄ってから富浦へ向かった。

0705030307050302  

 

 
 
おばちゃんの「孫あつかい」ということで廃業後もお世話になってる元民宿に、午前中に到着。目の前の船揚場にグッチを停める。それにしてもここに来た途端に心が落ち着く。箱庭のように小さな、静かな入江。

え~と・・・・、心落ち着くと書いたけど・・・・、今回は心はやる面もあった。

07050304  

 

 
 
そう!これこれ!
途中で仕入れてきたアジ・マグロ・ダルマイカ・地タコなどを浜で食べちゃおうというプランなのだ。味付けはシンプルに、上等なオリーブオイルに塩だ。ドライな白ワインが欠かせない。

そんでもって磯からあがったばかりのウニが色を添える。これはバカッと割っただけのをスプーンですくって食べる。内臓も多少混じってしまうのだけど、申し訳ないけど結構なお値段の箱入りウニなんかより美味いと僕は思っている。

07050305  

 

 
 
浜辺パーテイのかたわら、僕は釣りもしてた。他の3人はしないので遊び釣り程度のタックルしか持っていかなかったけど。砂浜からのキスにはちょい早いしね。

でもどうせなら周りが「おおっ!?」と驚くものでもあげたい。
たとえ交通事故でもいいから、ビッグなフィッシュイーターがガバッと食いついてこないものかとせっせと引いていたルアーに飛びついてきたのは、かわいいイイダコ君だった(泣)。

だけどルアーをイイダコが追うかな~?
ひょっとしてのん気に海底散歩していたイイダコ君のそばをルアーが通過して引っ掛けちまっただけなのか?

07050306  

 

 
 
たとえスレだろうが生体反応があったのは嬉しい(志が低いなあ)。
本日たった1尾の釣果の僕に、浜の夕景が優しく微笑む。

07050307  

 

 
 
晩飯はおばちゃんの心づくし。
元海女のおばちゃんだから、海のものばかりだ。
ついでに昼釣ったイイダコも茹でて食べちゃった!

07050308  

 

 
 
晩飯後、スコ研の本来の研究業務を始める。モルト・カルヴァドス・グラッパ・日本酒・ヴィンテージシェリー・チナール・ノチーノ。

スコ研、すなわちスコッチ研究会なのだけど、持ち寄った酒のなかでスコッチウィスキーは1種のみだった。あとは雑多な酒ばかり・・・・。
いろんな酒をかわるがわる飲み比べして、0時にめでたく睡眠に落ちた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

0705030907050310    

 

 

翌日は安房博物館内にある、安房水産高校の実験棟へ。
4年前、1匹の子猫が縁で知り合ったIさんがいる。

Iさんについては実は詳しい肩書きは知らないのだけど、水産高生に教えたり、事務所で貝細工を作っては来館した子供に配ったり、タレントの「さかな君」と縁(教え子?)があったり。

トレードマークはヒゲと船員帽。子猫と貝細工とコーヒーの3点セット。
3点セットのうちの子猫は名を「ネコ」といい(笑)、一方地元女子高生のあいだでは「サバ吉」と呼ばれていて、それはもう可愛がっていたんだけど去年事故で死んじゃった。
安房博物館のパンフレットには「さかな君」が描いたIさんの似顔絵が載っていて、ちゃんとIさんの横に寝る子猫も描かれている。

なんかさみしいね。

07050311  

 

 
 
突然Iさんが妙な粒が入ったボールを持ち出して
「海蛍の実験をやるから見ていきなよ」
と、おっしゃるのでとことこ付いていった。

07050312  

 

 
 
申し込みがあると、こういう実験もみせてくれるらしい。この日は小学生親子連れが2組。

Iさんはややコワモテで、僕等はひそかに「船長」などと呼んでいるのだけど、子供相手にしてるときの目は優しい。

07050313  

 

 
 
海蛍は刺激を与えると蛍光物質を体外に放出するので、数秒間その物質が光る。そうして外敵から身を守っているのだ。この場合の刺激は微量の電気ショック。

子供達は食い入るように見ている。

07050314  

 

 
 
屋外では「アワビレース」をやるというので、ついでにそちらも見に行った。
このアワビは養殖している稚貝。ある程度育ったら放流するのだそうだ。

07050315  

 

 
 
プールの中心にアワビを置いてバケツで覆っておいて、よーいドンで10分後、中心円からもっとも離れたアワビの優勝。1位の予想を当てたら景品もあるらしい。

07050316  

 

・・・・・で結果は??
最初、黒ワカシオホマレと青テトラポッドボーイが盛んに動いて優勝候補かと思われたのだけど、両者とも他の貝の上に乗ってしまい、最初から最後までジイッと動かなかった白アワビーキングが最終的には中心円から遠いとのことで優勝と決まった。

ちっとも動かないのに優勝??(笑)
これは何かの教訓なのか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その後、Uターン渋滞が本格化する前に東京に帰ってきた。
この10年ほど富浦・館山に通ってるけど、いつも何かしら新しいことがあって飽きることはない。

さあ次の合宿は夏、山形・米沢だ。

|

« 立ちソバ列伝( 21)秋葉原/田毎 | トップページ | 青雲緑走 »

コメント

お疲れ様でした。

海辺で食べたウニうまかったです。
潮のタイミングがいいと、獲る⇒食うができるのですね。

投稿: サトマサ | 2007/05/05 09:23

サトマサさん、お疲れ様でした!

いやあ~、なにからなにまで美味かったですね。
ちょうど大潮でしたのでグッタイミングでした。

おばちゃんに感謝です。

投稿: massi | 2007/05/05 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ちソバ列伝( 21)秋葉原/田毎 | トップページ | 青雲緑走 »