« 花見に向けて着々と? | トップページ | 都心はついに開花宣言 »

2007/03/18

気配はあるのだけれど

01_2  

 

 

16日は珍しく夕刻の井の頭公園を歩いた。朝と夜しか通らない井の頭の黄昏。
ちなみに「たそがれ」というのは「誰そ彼?」、つまり暗くなってきてヒトの判別がつきにくい時間帯を言うと何かの本で読んだ。

02_2  

 

 

2~3日前から花見客向けの看板が出た。「10時まで・・・・」というけれど、過去あまり守られてはいない。おまけにここのとこ「荒れる花見」の取材映像は上野に並んで井の頭が使われるようになってしまった。あの喧騒と酸っぱい夜が戻ってくる。

03_2  

 

 

今日(17日)の帰り道、ついに花見宴会をおっぱじめたグループが出た!もしやとは思っていたものの、この北風、この寒さだよ!?

花見が本格化すると、もう帰り道は自転車に乗って通れない。押して歩いても危なっかしいほどの人手になってしまう。そして翌朝は異様に多いカラスの威嚇声の下で、係りの方々が黙々とゴミを集めている。臨時のゴミ集積所は満タンで酸っぱい匂いをたてていて、収集車がフル稼働だ。

|

« 花見に向けて着々と? | トップページ | 都心はついに開花宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花見に向けて着々と? | トップページ | 都心はついに開花宣言 »