« スモークシンドローム(13) | トップページ | 花見に向けて着々と? »

2007/03/12

土砂降り、突風、快晴、吹雪?

ランナーズハイなんて言葉があるけど、オートバイや自転車に乗っていて雨に降られると、「ずぶ濡れハイ」としか言いようがない躁状態が訪れるときがある。

そりゃあ最初は「濡れたくないなあ」とか「オートバイ汚れるなあ」と雑念がうずまいてるんだけど、ひとたびすっかり濡れてしまうと先のような雑念は解消されて、いつしか楽しくなってくる。
豪雨の中、対向を走ってくるトレーラーがあげる水しぶきを頭からかぶっても「コラー!」とか言いながらどこか愉快だ。

自転車の場合、上半身は夏でも雨で冷えてツライのだけど、足は不思議とよく回る。走りながら「どりゃあ~!」とか叫んでみる。降りが強くなると「ひえ~!」などと言いながら、どこか冒険気分でワクワクする。
夕立の中、他のサイクリストと一緒になると「どこまで?」「○○町まで」「も少しだね」なんて妙に連帯感が芽ばえたりもする(笑)。

C01_2C02_3  

 

 

雨話になっちゃったのは日曜のツーリングが雨スタートだったから。
天気予測が少しづつずれて、出発時間は雨のピークの中だった。中止の打診もあったんだけど、最近は「中止にするのが面倒なので雨天強行」を主張する僕なのである(笑)。

それでも東名を200km走って牧之原に着いたら雨も止んでカッパを脱ぐ事ができた。雨は止んだけど途中から強風にあおられ、牧之原では立っていてもふらつくほどだ。
風は西なので向かい風、カリフォルニアはスクリーンが大きいので苦労する。向かい風の往路は燃費14.5km/l、追い風の復路は燃費15.7km/l。(いずれにせよGUZZIにしては悪い燃費ダ)

C03_3C04_4  

 

 

今日もソバを2杯とカツ丼1杯とその他おやつの過剰摂取。
いつもヒトの写真ばかり撮っていて自分の絵が無かったので、今日は1枚撮ってもらった。なんか僕がまたがるとカリフォルニアがかなり小さく見えるのが新発見だ。(笑)

牧之原では京都のVOLAREさんに大阪のminoguzziさんと合流して、浜松西から東名を離れ、浜北・天竜あたりをぷらっと走ってきた。ゆったり流れる天竜川、暖かい駿河路を楽しんで帰ってきた。走行距離ちょうど600km。

C05C06    

 

 

・・・・・・と、普通なら終わるとこなんだけど、今回はそうはいかなかった。近畿に向けて帰った2台が関が原付近で吹雪に遭ってしまったのだ。まあ関が原の雪はこの時期珍しいことではないんだけど、今年は暖冬だったのでちょいと想定外だった。

岐阜県養老SAに逃げ込んだという一報から1時間半後、わずか36km先の滋賀県多賀SAに到着したと連絡が入った。いつもなら20分かからない距離だよ。夜になって圧雪・融雪が凍結する前に通過した判断はさすが。今朝まで新幹線は徐行してたほどだったから。

だけどお二人さん肩凝っただろうなあ。雪では「ハイ」になるどころじゃないもんね!
多賀まで来れば大丈夫、連絡待ちの関東組もひと安心。メールには雪の積もったGUZZIの画像が添付されていた。

|

« スモークシンドローム(13) | トップページ | 花見に向けて着々と? »

コメント

燃費の悪いのは?

風のせい?

>今日もソバを2杯とカツ丼1杯とその他おやつの過剰摂取

のせい?

投稿: meimei | 2007/03/16 21:29

meimeiさん、お晩です!
まあたしかに燃費は悪いっすね~~。
でもコスト的にはすこぶるリーズナブルですよ!

投稿: massi | 2007/03/18 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スモークシンドローム(13) | トップページ | 花見に向けて着々と? »