« 立ちソバ列伝( 18)鮎沢PA | トップページ | ときどき更新、武蔵野サクラ情報 »

2007/03/03

サクラさくさくざくざくコロッケ

家を出て100kmちょい、因縁の沼津ICを降りて、三島から下田街道をドドーッと南下。湯ヶ島・月ヶ瀬・・・・ゆったりとした温泉宿が建ち並ぶエリアなのだが、今日の作戦に不可欠なコッペパン探しで気が気ではない。

しかし、たかがコッペパンがなかなか無いものだ。メロンパンとアンパンを置く、とあるよろずやで尋ねると、やはりこのあたりに普通のパン屋は無いそうだ。
・・・・んで、つまんない選択、某コンビニへ飛び込んだ。

そしたら拾う神もいる、「熟成味わい厚切りソフト2枚入り89円」というのを見つけた。1枚44.5円の高級食パンであるゾ!
高級食パン?を携えて3kmほど走ったら、目指すマルゼン精肉店に到着。

07030201  

 

 

マルゼン精肉店でイノシシコロッケをゲットした。
しかしこの形に意味はあるのだろうか?謎が謎を呼ぶ。

07030202  

 

 

天城峠の旧道を登りつめ、開通100年を越えた天城トンネルに到着した。家を出てから3時間半、走行180km、コッペパンにだいぶ時間をかけてしまった。旧道はおもに土のダートロード。米国製オートバイに乗る若者が足をバタバタさせながら降りてきてすれ違った。あのポジションでは仕方ないかな。

ほとんどヒトが通らない、静かな静かなトンネルの前でお昼ごはんとなる。さっきのよろずやで買った「天城の水」でコロッケパンを流し込む。「天城の水」はやわらかい。

07030203  

 

 

ループ橋をグルグルと駆け下り河津へ。かなり暖かい。

ソメイヨシノより一足早い河津桜だが、今年は例年よりさらに早い。残念ながら葉も出始めていたのだけど、ピンクが濃い河津桜と黄色い菜の花が見事だった。

07030204  

 

 

各地にある河津桜の原木らしい。
河津をあとにしてさらに南下。下田へ向かう。

07030205  

 

 

下田行きの目的は金目鯛コロッケだ。市街のあちこちに店はあって黄色いのぼりが目印だという。せっかくだから金目鯛の専門店「福正」を探した。

やっとこ見つけた「福正」は金目鯛の味噌漬やら粕漬けやら伊勢海老の干物やら高級食材のオンパレードだったが、今日はすでに高級食パンで散財してしまったのでコロッケのみをゲット!
わかりやすい形状である。ウムム。

07030206  

 

 

チャ~ン♪チャ~ン♪チャ~~~~ン♪
火曜サスペンスで出てきそうな断崖から、竜宮島(ホントの名ですよ)を見下ろしながらキンメパンをいただく。脳内劇場では岩崎宏美が唄っている。

この時点で5時間半ほど経過。「おうちへ帰ろう」

真鶴で買い物をしたいので、覚悟して東伊豆を北上。大型バスも多くてペースはなかなかあがらない。ちょっと背中が痛くなるころようやく真鶴に差し掛かった。

釣りの帰りによく寄る魚屋をのぞいた。いつも言っているけど釣りの帰りに魚屋に寄るのは「やむにやまれぬ事情」があるからだ。突っ込まないのが武士の情け。

07030207  

 

 

いつもより時間が遅かったからかわからないけど、あまり鮮魚が無かったのが残念!そんなわけでアジのほかに初めてマンボウを買ってみた。

マンボウはヒジョーに淡白。魚というよりは貝に近い味わいだ。
タイラギか?それをあっさりさせた感じだった。キモも付いてたんだけどこれまた淡白。淡白さをカバーするのにキモ和えにしたりするもんだけど、身と一緒に口に入れたらキモのほうがどっかに行っちゃったヨ(笑)

トータルちょうど400km、9時間半の旅が終わった。

ソースを持参しなかったのが不覚・・・・。

|

« 立ちソバ列伝( 18)鮎沢PA | トップページ | ときどき更新、武蔵野サクラ情報 »

コメント

コロッケパンとマンボウ。どこで結びつくかな??。そうか、路はつながていました。マンボウどう見ても食べたくなる魚じゃないけど。食べてはみたいね。

投稿: soka-no-susan | 2007/03/04 18:50

soka-no-susan、コメント有難うございます!

マンボウは僕の握りこぶし3つ分の大きさの脂肪の塊りみたいなのがザルに乗ってました。

見たときは一瞬買うのを躊躇したんですが、買ってみてよかったです!

投稿: massi | 2007/03/06 02:35

きんめだいコロッケには
きんめだいが入っているの?
形だけ?

食味は? 
合うのは醤油?ソース?

投稿: meimei | 2007/03/06 10:59

きんめコロッケはクリームコロッケでした。身も入ってるらしいです。

「らしい」ってのが痛いですね(笑)

投稿: massi | 2007/03/07 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ちソバ列伝( 18)鮎沢PA | トップページ | ときどき更新、武蔵野サクラ情報 »