« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/30

立ちソバ列伝( 20)東銀座/歌舞伎そば

立ちソバ列伝(<br />
 20)
再び銀座に戻ってきた。
歌舞伎座の有楽町側にあるのが「歌舞伎そば」だ。幕ノ内弁当を売る店の奥にあるので見落としやすい。

ここは毎朝打つ自家製麺を使う。何食か知らないが売り切れたら店仕舞い。だいたい11:30〜14:30と思っとけばよい。

いつも行列ができていて、席に着くまで一連の流れがあるが、前のヒトに従えばよい。

もりソバ370円。
白い麺はやや柔らかめ。

今のこの時間帯は昼休みのサラリーマンがはけて、歌舞伎座関係者の着物姿が目立つ。

親父さんは激しい動きが特徴。踊るように麺を茹で、湯切り、盛りつけ、かき揚げを揚げる。
おかみさんは振り向きもせずに客のオーダーを後で踊る親父さんに告げる。長年のコンビネーション。

親父さんの激しくも流れるような仕事を見に来てはいかが?

| | コメント (0)

立ちソバ列伝( 19)銀座/みちのくそば

立ちソバ列伝(<br />
 19)
前線が通過して久々に冷たい風が吹く東京、今日はいろいろと用事があり都心へと這い出てきた。

銀座は立ちソバ屋が多い。
そんな中から「みちのくそば」。銀座ウインズの近くにある。松屋の裏、シネパトスの北と言えばわかるかな?

かけ230円、もり260円という安さなので、つまらない立ちソバ屋に見えるけど、ここは自家製生ソバなのだ。
ちなみに蕎麦粉は4割らしい。田舎そばと銘打ってるが甘皮が多い黒いソバだからだろうか。太さはすっきり細い。

ソバは1食づつではなくある程度まとめての茹で置きだけど、回転が早いから問題ない。
ソバや丼のテイクアウトまでやってるので昼どきは戦場と化す。

これより一旦銀座を離れて谷塚へ。銀座でもうひとソバいきたいけど、売り切れまでに戻れるかな?

| | コメント (0)

2007/03/29

☆花見情報☆小金井&井の頭

http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_c2be.html
2008年の情報はこちらを



小金井公園は場所も広く、サクラの直下にこだわらなければ、さらに緑でもいいやという向きにはゆっくり過ごせる。ドッグランとテニスコートの中間にキレイな枝垂れ桃が見ごろなので、その傍も狙い目かも。夜は売店等は閉まってしまうので注意。☆ゴミは家まで持ち帰ろう!☆

井の頭公園は平日ならあぶれず座れそうだけど、歩行者含めて人口密度はやたら多いので覚悟の上で。民家が隣接してるので夜は22時までという決まり。夜になっても七井橋から駅への階段の左右「いせや」「ミシマカフェ」「鳥良」などで各種テイクアウトがあるので便利。ひいき宣伝しちゃうと「ミシマカフェ」ではドリンク類などを始めとしてかなり安い。☆ゴミは家まで持ち帰ろう!☆

-----------------------------------------------
4月7日、朝

07040701  

 

 
 
小金井公園、江戸東京たてもの園前ではいろいろなイベントや出店が出て、10時前から大盛況だ。

07040702  

 

 

ちなみに明日もイベントが予定されている。少し天気が心配だけど。

-----------------------------------------------
4月5日

040601  

 

 
 
雨上がりでまだぬかるみの残る井の頭公園。
それでも朝9時、場所取りのブルーシートでびっしり。

040602040603   

 

 
 
雨が降ったが花はまだ大丈夫。
とはいえ満開から散り始めへと移った。池から神田川へと流れ出す水門には散った花びらが溜まってきた。


-----------------------------------------------
3月29日、朝

07032901  

 

 

小金井公園は一気に咲きそろった感がある。今朝の気温はすでに18度、日中最高気温は25度にせまるという。家族連れが数組、花見を始めている。駐車場では荷下ろしをするグループも多い。

07032902  

 

 

井の頭公園は見事。満開と言ってよい。高気温で一気に咲いた。朝9時なのに人出が多い。いつもの散歩のメンバーに加えてカメラを抱えたヒトが沢山押し寄せている。池の北辺しか見ていないが10組以上の場所取りがいた。
28日夜から人ごみ激しく、自転車の走行はもうできない。それでも地面にはまだまだ余裕があった。本格的に土地争いが厳しくなるのは土曜朝からではなかろうか。

-----------------------------------------------
3月28日、朝

07032801070328011   

 

 

小金井公園、江戸東京たてもの園前。2~3分咲き?
前日の27日19時ころはいくつかのグループがお花見をしていた。

07032802  

 

 

井の頭公園はもう5分咲き越えか?場所取りが10組ほどに、すでに宴会開始しているアッパレなグループも数組いた。
27日19時ころはもう花見で賑わっていたが、場所取りが必要なほどの混みではない。

-----------------------------------------------
3月26日、朝

07032601  

 

 

小金井公園のサクラはようやくちらほら。

07032602  

 

 

井の頭公園のサクラは2~3分?

| | コメント (0)

2007/03/27

花見受け入れ準備完了

Dvc00001_1  

 

 

今朝9時、井の頭公園には簡易トイレを満載したトラックが2台来ていた。まだサクラは2~3分咲き。すでに21日から花見宴会はフライングして始まっていたけど、本番はこれからということだ。

ゆうべは雨上がりだったので花見は少なかったのかと思いきや、植え込みにはゴミが散乱している。もうこの時期になったら待ったなしなんだろうネ。だけどゴミは持って帰れよ!

Dvc00003_1  

 

 

ちなみに月曜朝だというに場所取りは数組、まあだいぶ暖かいから辛くはないだろうけど。そしてよもやの宴会進行中も1組いた。エライッ!(笑) これぞ酒飲みの鑑か?

野外舞台は、やはりトラブルの元だろうからか、パイロンとロープで立ち入れないようにグルグル巻き。その向こうにはゴミ貯めようの巨大鉄箱だ。カラスが周囲に陣取って、早くも中身の所有権を主張し始めている。

Dvc00004_1Dvc00006  

 

 

さて、大人数でワイワイやるのはそれはそれで楽しいけれど、良い景色か良い音があるのなら静かにボーッと飲むほうが好きだ。

平日に山奥なんかを走ってると、すんごくいい景色や綺麗な山桜を独り占めなんてことがよくある。
それはもう「サイコーッ!」なんだけど、オートバイの時は酒が飲めないのが残念。

「願わくば花のもとにて春死なむ」

この花というのはやはり桜のことなのだろうか?
ソメイヨシノってどこか弱々しい白さで、それに空は晴れてても真っ青ではなく霞がかかっているような………。ぬくい風がそよそよ流れるあわあわとした景色の中で、そんなことを思うのだろうか。

Dvc00010  

 

 

~~寝そべれば花のむこうに淡い雲

とりあえずは花を愛でる気持ち、酒を楽しむひとときがあればそれでいい。

| | コメント (2)

2007/03/23

都心はついに開花宣言

20日、ついに開花宣言が出た。東京が全国のトップを切って・・・・なんてまるで統一地方選挙みたいだ。21日の祝日、あちこちをブラブラしてみた。

000_2  

 

 

まったく咲いていないにもかかわらず、神田川の高井戸近辺ではサクラ祭りの準備が整っていた。昨年はたしか雨で空振りだったんじゃないかな?今年はバッチリ決まるといいね。

002_1001_2  

 

 

小金井公園のサクラの中でも気の早いのがボチボチ咲き始めた。でもほとんどの蕾が硬い緑の球のままなのだ。
サクラは咲いてないけど人出は多い。フリーマーケットも大盛況。

003_1  

 

 

井の頭公園は樹によってはちらほら咲いている程度だが、探さないとわからないレベル。
そんなこととは関わり無く、花見宴会は全開スタートしている。まあこういうのってキッカケさえあればイイんだろうね(笑)。

0031004_1    

 

 

早すぎた花見をカバーするにはコレ!!ヌードルチャフェの焼酎「さくら咲く」。水割りにすると淡いサクラ色に染まるのだ。お湯で割るとまた別の色に・・・・・。

ミシマカフェも本格的に外売りを始めた。ドリンク類はコンビニより安い設定なのがすごい。
花見ピークになると、背広がイマイチ身についていない若手社員が何度も買出しに駆けてくる姿を見かける。

005_1  

 

 

先日結婚した2人からいただいたミニ望遠鏡が西の空を向いている。
走りながら月と明星が見えていたんだけど、家に着くころには春霞に沈んでしまっていた。

| | コメント (0)

2007/03/18

気配はあるのだけれど

01_2  

 

 

16日は珍しく夕刻の井の頭公園を歩いた。朝と夜しか通らない井の頭の黄昏。
ちなみに「たそがれ」というのは「誰そ彼?」、つまり暗くなってきてヒトの判別がつきにくい時間帯を言うと何かの本で読んだ。

02_2  

 

 

2~3日前から花見客向けの看板が出た。「10時まで・・・・」というけれど、過去あまり守られてはいない。おまけにここのとこ「荒れる花見」の取材映像は上野に並んで井の頭が使われるようになってしまった。あの喧騒と酸っぱい夜が戻ってくる。

03_2  

 

 

今日(17日)の帰り道、ついに花見宴会をおっぱじめたグループが出た!もしやとは思っていたものの、この北風、この寒さだよ!?

花見が本格化すると、もう帰り道は自転車に乗って通れない。押して歩いても危なっかしいほどの人手になってしまう。そして翌朝は異様に多いカラスの威嚇声の下で、係りの方々が黙々とゴミを集めている。臨時のゴミ集積所は満タンで酸っぱい匂いをたてていて、収集車がフル稼働だ。

| | コメント (0)

2007/03/14

花見に向けて着々と?

井の頭公園近況。
暖冬だなんて言っていたが日曜は寒風吹き込んであちこちで雪が降った。月曜朝、自転車に乗ろうとカバーをはずそうとしたら日曜の雨が溜まって凍っていた。これがこの冬初の氷だった。

01  

 

 
 
今朝(火曜)も気温は低かったけど、陽を浴びたら暖かい。しかし朝は南風、帰りは強い北風、なぜに狙いすましたように向かい風が吹くんだろう?・・・・僕の逆風人生・・・・・。

それはさておき、井の頭の池には「えさをあげないで」という看板が立った。今朝はえさやりのヒトは居なかった。花見の時期をどう乗り越えるかだね。

02  

 

 
 
「おこわの米八」の脇の階段下に舗装通路をつくり始めたようだ。この階段はスロープが付いているので、この下に通路ができれば自転車ぞくには有難いのだけど、土の地面が少し減るのでビミョーな気持ち。

03  

 

 

七井橋のそばのお茶屋が朝から営業を始めた。通常は土日しか朝からやってないのに、花見シーズン到来ってことだ。通りしなにチラっと花見だんご(桃緑白の3色)が見えたので、季節感を味わうために買おうかと思ったのだけど、2本で?00円・・・・・・・なんか買えなかった。しょぼい。

04  

 

 

最後はひょうたん橋。ここからの池の風景が毎月撮影の定点地点。僕がここを通る時間帯にいつもそばのトイレの掃除をしてる係りの方がいらっしゃる。あいさつをするといっつも大きな声で返事してくださる元気な方だ。

サクラ情報はここのサクラを撮影している。(3/7の項を)

| | コメント (0)

2007/03/12

土砂降り、突風、快晴、吹雪?

ランナーズハイなんて言葉があるけど、オートバイや自転車に乗っていて雨に降られると、「ずぶ濡れハイ」としか言いようがない躁状態が訪れるときがある。

そりゃあ最初は「濡れたくないなあ」とか「オートバイ汚れるなあ」と雑念がうずまいてるんだけど、ひとたびすっかり濡れてしまうと先のような雑念は解消されて、いつしか楽しくなってくる。
豪雨の中、対向を走ってくるトレーラーがあげる水しぶきを頭からかぶっても「コラー!」とか言いながらどこか愉快だ。

自転車の場合、上半身は夏でも雨で冷えてツライのだけど、足は不思議とよく回る。走りながら「どりゃあ~!」とか叫んでみる。降りが強くなると「ひえ~!」などと言いながら、どこか冒険気分でワクワクする。
夕立の中、他のサイクリストと一緒になると「どこまで?」「○○町まで」「も少しだね」なんて妙に連帯感が芽ばえたりもする(笑)。

C01_2C02_3  

 

 

雨話になっちゃったのは日曜のツーリングが雨スタートだったから。
天気予測が少しづつずれて、出発時間は雨のピークの中だった。中止の打診もあったんだけど、最近は「中止にするのが面倒なので雨天強行」を主張する僕なのである(笑)。

それでも東名を200km走って牧之原に着いたら雨も止んでカッパを脱ぐ事ができた。雨は止んだけど途中から強風にあおられ、牧之原では立っていてもふらつくほどだ。
風は西なので向かい風、カリフォルニアはスクリーンが大きいので苦労する。向かい風の往路は燃費14.5km/l、追い風の復路は燃費15.7km/l。(いずれにせよGUZZIにしては悪い燃費ダ)

C03_3C04_4  

 

 

今日もソバを2杯とカツ丼1杯とその他おやつの過剰摂取。
いつもヒトの写真ばかり撮っていて自分の絵が無かったので、今日は1枚撮ってもらった。なんか僕がまたがるとカリフォルニアがかなり小さく見えるのが新発見だ。(笑)

牧之原では京都のVOLAREさんに大阪のminoguzziさんと合流して、浜松西から東名を離れ、浜北・天竜あたりをぷらっと走ってきた。ゆったり流れる天竜川、暖かい駿河路を楽しんで帰ってきた。走行距離ちょうど600km。

C05C06    

 

 

・・・・・・と、普通なら終わるとこなんだけど、今回はそうはいかなかった。近畿に向けて帰った2台が関が原付近で吹雪に遭ってしまったのだ。まあ関が原の雪はこの時期珍しいことではないんだけど、今年は暖冬だったのでちょいと想定外だった。

岐阜県養老SAに逃げ込んだという一報から1時間半後、わずか36km先の滋賀県多賀SAに到着したと連絡が入った。いつもなら20分かからない距離だよ。夜になって圧雪・融雪が凍結する前に通過した判断はさすが。今朝まで新幹線は徐行してたほどだったから。

だけどお二人さん肩凝っただろうなあ。雪では「ハイ」になるどころじゃないもんね!
多賀まで来れば大丈夫、連絡待ちの関東組もひと安心。メールには雪の積もったGUZZIの画像が添付されていた。

| | コメント (2)

2007/03/09

スモークシンドローム(13)

ある夜のこと、自転車で家に着いて携帯をのぞくと、ヌードルチャフェの店長さんから「結婚します」と連絡が入っていた。「はあ~~っ!?」その晩は連絡を受けて皆が集まり、一晩中大変な騒ぎになったそうな。

一方、僕のアタマの中には一枚のタイルが思い出されていた。
三鷹台のスペインバルで見かけたスペインタイル製の飾り。たしかあれは開店の際に友人からプレゼントされたものだと聞いた・・・・フムフム、そうか・・・・。

かくして僕らのタイル作戦が始動したのだった。

チャフェ常連からの結婚祝いにスペインタイル工房ミラソルにコンタクトをとってタイル製作を依頼。
以後、お店のロゴやメニューの写真などやり取りしながらデザインを詰めていく。

と、同時に、折角のプレゼントだから自分達でもなにか形に残したいと、メインのタイルプレートに添えるミニタイルを作らせてもらうようお願いした。

***スペインタイル体験教室***
=================

2月のとある雨の日、グループ9名から選抜された3名がミラソルの練馬教室へ。一発勝負なのだ。責任重大である。

001  

 

 

素材は7.5cm角のタイルだ。それが1人1枚渡される。まずはスケッチからカーボン紙を使ってタイルに下絵を写す。

002  

 

 

続いて下絵に沿ってマンガン水溶液で枠線を書いていく。水分はタイルにすぐしみ込むのでマンガンの線が表面に残る。線と線が近すぎると次の作業が初心者にはとても難しいものになってしまう。

003  

 

 

釉薬を選ぶ。ちなみにこの色見本は焼かれたものである。

004  

 

 

タイルに釉薬を載せていく。釉薬の粉末を水に溶いた液を筆で塗る。実はこれこそが大変な作業だったのダ(笑)
ある程度大胆に筆をおろしてもマンガンの線が堰き止めてくれるが、度を過ぎるとはみ出る。慣れないとそこが怖くてチマチマと水溶液を塗りたくなるが、それでは進まない。

005  

 

 

画像でわかりにくいが色付けはいく度もの塗り重ねなのだ。水分がタイルにしみて釉薬がこんもり層を重ねていく。それが焼きあがると熔けて厚みのあるものができあがる。
ちなみにマンガンの線を越えたままだと焼いたとき釉薬が熔けて流れ出してしまう。また線をまたいで隣の色とブリッジしたら色が混じってしまうのだ。

006  

 

 

完成したタイルはご覧の通り。焼く前と焼いたあとのこの色の違い!時間に余裕があれば背景も塗りたかったがそれはとんでもないこと。本来体験教室は2時間見当なのだが、僕らは休憩無しで5時間かかった。どれだけ大変か知らずに企画&デザイン先行だったからね(笑)

でも先生は主旨を理解してくださって、内心「無謀な」と思われただろうけど、時間を割いてくださった。有難うございました!!

007  

 

 

結婚式当日、披露宴にて無事プレゼント。
上の鉄枠に入っているのがお願いしていたタイルだ。線の細さ、細かさ、グラデーションなどなど、自分が体験しているだけにその素晴らしさに「ほえ~~~~っ」と感心してしまう。

下の僕らが作ったタイルも・・・・・・
やあカワイイんじゃない?

| | コメント (0)

2007/03/07

ときどき更新、武蔵野サクラ情報

今年の1回目の開花予想が発表されました。東京都心は20日だとか?満開予想が28日。28日というのは例年の開花日なのだ。あちらのお座敷で、こちらのお座敷で、花見の打ち合わせが始まったようだけど、さて我が武蔵野のサクラはいつ咲くのかな~?。

=============================================
3月21日、夕

00001  

 

 
 
小金井公園の定点蕾がついに開花した。他にもちらほら開いたのが見える。だけど大半は固い緑の蕾なので、お花見まではほど遠い。

00003  

 

 

井の頭の方は変化無し。だけどブランコ前の桜が1本、いくつか花を咲かせていた。
花の有無に関係なく花見はスタートしている。


---------------------------------------------
3月20日、朝

今日はついに東京で開花宣言が出た。全国のトップを切っての開花だ。

Dvc00004

Dvc00003  

 
 
 
 
小金井公園の定点蕾はだいぶ伸びたが開花には遠い。が、高い枝に1輪咲いているのを発見した。

Dvc00001  

 

 
 
井の頭公園の定点蕾にも変化は乏しい。こちらでも池に張り出た枝に1輪だけ咲いていた。

---------------------------------------------
3月18日、朝

冷たい北風が続くここ数日。
小金井も井の頭もあまり蕾に大きな変化が訪れない。サクラは咲かないのに夕べと今晩と、花見宴会を決行したグループが点在。

01_302_3  

 

 

僕は井の頭の開花を19日と読んでたんだけど、どうやら咲きそうもない。一応明日は公園を一周して気まぐれな蕾を探すつもりだ。

03_3  

 

 

・・・・・が、今朝は神田川沿い、久我山駅近くでこんなサクラを見つけた!!
蕾が伸びて咲く態勢に入っている。


---------------------------------------------

3月17日、朝

昼は穏やかだったけど、夕方から強い北風が吹き始めた。おかげでグッと冷えてきている。一段と開花が遅れてしまうかも知れない。

00koga  

 

 

小金井公園の定点サクラ。画像の蕾はやや伸びたけど、他の蕾は固く緑色の球状態。

00ino  

 

 

井の頭の定点サクラ。あまり進歩がない。でも油断は禁物だ。なるべく毎日撮影を続けるつもり。


---------------------------------------------
3月16日、夕

夕べは・・・・と言っても日付変わった16日の深夜ころ、雪がカサカサと肩に当たって落ちていった。最初は「この音なんだろう?」と思っていたのだけど、じき雪だと気がついた。
明けて16日朝に雪が観測されて、メデタク東京の初雪となった。

Koga  

 

 

小金井公園のサクラは、開花に向けて順調。・・・・と言ってもごく一部の蕾なんだけど。
平日夕方の小金井公園はあまり来ないのだけど、散歩のヒトが多くてゆったりイイ感じだ。多いと言ってもお盆に米粒をパラッと撒いた程度の密度でホッとする。

Ino  

 

 
 
井の頭公園の定点サクラは蕾全体がまんべんなく膨らんでいる。昨日とそれほど変化は無いのだけど、いつ咲くかわからないので、要注意だ。
気象庁は都心の開花を23日としたけど井の頭は果たして19日に咲くだろうか?

---------------------------------------------

3月14日、朝

今日は気象庁から開花予想の訂正があった。なんでもコンピューターへの入力ミスがあったらしい。東京都心の開花予想は23日だという。この訂正で、各地の桜祭り実行委員会や観光業者などがてんやわんやしたらしい。

どっちにせよ予想は予想にしか過ぎないのに・・・・。気象庁の陳謝会見は哀れな気もするが、むしろ単純ミスが情けない。

Dvc00014  

 

 

さて予想は遅くずれたが、小金井公園の定点サクラにかなり進んだ蕾を見つけた!濃いピンクの先端がほころんでいる。この蕾以外はほぼ昨日と変わらない状態だ。

Dvc00013  

 

 

井の頭の定点サクラもよく探したらこんな蕾があった。小金井に負けてる感じだけど、他の蕾もそこそこにふくらんでいるので全体としてはやはりこっちが早そうだ。

この状態からどれくらいかかるか判らないけど、井の頭の開花予想は19日としておこう!ちょいと早すぎるかな(笑)???

---------------------------------------------

3月13日、朝

開花までは蕾の接写のほうがよさそうなので、接写にチェンジ。

0003130100031302  
 
 
 
 
 
寒気が戻ってきて日曜午後から寒くなったけど、井の頭の蕾は先が割れてきた。小金井公園の蕾も井の頭を追って緑色が見えてきたがまだ固くしまった感じだ。

---------------------------------------------

3月7日、朝

昨夜から北風が入って気温は平年並みに落ちた。

K02  

 

 
 
小金井サクラはここのとこの暖かさで井の頭サクラに追いついた気配だ。

000307I02  

 

 
 
井の頭サクラも蕾の先に緑が見えてきた。ちなみに三鷹台あたりで咲いたサクラがあるとミニ情報もはいったが、まだ見つけられない。

---------------------------------------------

3月1日、朝

暖かい冬、今日からサクラの蕾ウオッチング!

K01_1

 
 

 

 
小金井公園の定点サクラ。撮影のアングルが難しい・・・。

I01

 

 
 
 
 
井の頭公園の定点サクラ。小金井より膨らみが早いゾ。

| | コメント (0)

2007/03/03

サクラさくさくざくざくコロッケ

家を出て100kmちょい、因縁の沼津ICを降りて、三島から下田街道をドドーッと南下。湯ヶ島・月ヶ瀬・・・・ゆったりとした温泉宿が建ち並ぶエリアなのだが、今日の作戦に不可欠なコッペパン探しで気が気ではない。

しかし、たかがコッペパンがなかなか無いものだ。メロンパンとアンパンを置く、とあるよろずやで尋ねると、やはりこのあたりに普通のパン屋は無いそうだ。
・・・・んで、つまんない選択、某コンビニへ飛び込んだ。

そしたら拾う神もいる、「熟成味わい厚切りソフト2枚入り89円」というのを見つけた。1枚44.5円の高級食パンであるゾ!
高級食パン?を携えて3kmほど走ったら、目指すマルゼン精肉店に到着。

07030201  

 

 

マルゼン精肉店でイノシシコロッケをゲットした。
しかしこの形に意味はあるのだろうか?謎が謎を呼ぶ。

07030202  

 

 

天城峠の旧道を登りつめ、開通100年を越えた天城トンネルに到着した。家を出てから3時間半、走行180km、コッペパンにだいぶ時間をかけてしまった。旧道はおもに土のダートロード。米国製オートバイに乗る若者が足をバタバタさせながら降りてきてすれ違った。あのポジションでは仕方ないかな。

ほとんどヒトが通らない、静かな静かなトンネルの前でお昼ごはんとなる。さっきのよろずやで買った「天城の水」でコロッケパンを流し込む。「天城の水」はやわらかい。

07030203  

 

 

ループ橋をグルグルと駆け下り河津へ。かなり暖かい。

ソメイヨシノより一足早い河津桜だが、今年は例年よりさらに早い。残念ながら葉も出始めていたのだけど、ピンクが濃い河津桜と黄色い菜の花が見事だった。

07030204  

 

 

各地にある河津桜の原木らしい。
河津をあとにしてさらに南下。下田へ向かう。

07030205  

 

 

下田行きの目的は金目鯛コロッケだ。市街のあちこちに店はあって黄色いのぼりが目印だという。せっかくだから金目鯛の専門店「福正」を探した。

やっとこ見つけた「福正」は金目鯛の味噌漬やら粕漬けやら伊勢海老の干物やら高級食材のオンパレードだったが、今日はすでに高級食パンで散財してしまったのでコロッケのみをゲット!
わかりやすい形状である。ウムム。

07030206  

 

 

チャ~ン♪チャ~ン♪チャ~~~~ン♪
火曜サスペンスで出てきそうな断崖から、竜宮島(ホントの名ですよ)を見下ろしながらキンメパンをいただく。脳内劇場では岩崎宏美が唄っている。

この時点で5時間半ほど経過。「おうちへ帰ろう」

真鶴で買い物をしたいので、覚悟して東伊豆を北上。大型バスも多くてペースはなかなかあがらない。ちょっと背中が痛くなるころようやく真鶴に差し掛かった。

釣りの帰りによく寄る魚屋をのぞいた。いつも言っているけど釣りの帰りに魚屋に寄るのは「やむにやまれぬ事情」があるからだ。突っ込まないのが武士の情け。

07030207  

 

 

いつもより時間が遅かったからかわからないけど、あまり鮮魚が無かったのが残念!そんなわけでアジのほかに初めてマンボウを買ってみた。

マンボウはヒジョーに淡白。魚というよりは貝に近い味わいだ。
タイラギか?それをあっさりさせた感じだった。キモも付いてたんだけどこれまた淡白。淡白さをカバーするのにキモ和えにしたりするもんだけど、身と一緒に口に入れたらキモのほうがどっかに行っちゃったヨ(笑)

トータルちょうど400km、9時間半の旅が終わった。

ソースを持参しなかったのが不覚・・・・。

| | コメント (4)

2007/03/02

立ちソバ列伝( 18)鮎沢PA

立ちソバ列伝(<br />
 18)
御殿場・小山地方は御厨と呼ばれ、昔から麺作りが盛んだった。
石臼引きの蕎麦粉に富士山の涌き水をたっぷり練り込み練り上げた…………

これは東名道鮎沢PAの食堂にある説明書きの受け売りである。
以前から鮎沢のソバは手づくり感漂うよい印象だった!記憶違いがなければやや黒っぽいソバだったんじゃないかな?

東名のパンフに「御厨そば」と、今までは無かったメニューがあったので今回久々に寄ってみた。

御厨ソバ、400円。山菜が載っている。
なあんだほかのパーキングと変わらない冷凍麺じゃん!………と思ったけど、ん?そうでもないか?よい歯ざわりだ。次回もりそばにチャレンジだ!

| | コメント (0)

2007/03/01

3月

東京で降雪の正式観測が無いままに3月になってしまった。もっとも3月は断続的にやって来る低気圧と寒気がバランスして雪になるパターンが多いと思うんだけど。

観光会社は「花めぐりバスツアー」などで企画と開花のタイミングが狂いそうでやきもきしているらしい。吉祥寺周辺でもすでに花見の日程を決定したグループも現れ始めた。さあ、その読みは当たるかな?

07030101  

 

 

小金井公園の定点桜。つぼみ径は2mm強ほど。
ちなみに小金井公園内は少し前から通路の整備を順次すすめていて走りやすくなってきた。自転車族には有難いかぎりだ。

07030102  

 

 

井の頭公園の定点。こちらのほうが小金井よりもつぼみの膨らみが大きいように見える。わずかでも気温差があるのかな?
とうとうこの冬、池の結氷は見られなかった。

07030103_2  

 

 

今日から鳥・魚への餌やり自粛のキャンペーンが始まった。東京吉祥寺ライオンズクラブ、井の頭かんさつ会、がリードしている。
池の浄化が目標。動物は自然状態で生きていけるように。

自治体では湧き水復活のための対策にかかっているそうだが、餌やり自粛は利用者がこころがける取り組みだ。「自粛」という単語を採用したのは見事というほかない。「禁止」と上から言われると、理があろうがなかろうが反発して頑張ってしまうヒトがいるからね。

4日(日)午後からは大々的にキャンペーンをアピールする。
また、ちょいと予算が必要だが水質改善の特効処方のことも漏れ伺った。カンパ集めがあれば協力したい。

07030104  

 

 

神田川、久我山付近。
「2月」のときに触れた梅はとうに満開を過ぎてしまった。
川の上に枝を伸ばしている桜がこれからの主役になるだろう。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »