« へいらっしゃい!塩辛できてますぜぃ!ーー店主 | トップページ | 西荻!メローネ! »

2007/02/08

北風に乗せて叩く木琴が熱いのダ

だいぶ前、自転車関連サイト、たしか「東京バイカーズ」だったか見ていたら、BBSに「あのヒトは誰?」風の書き込みがあった。
いわく「ハデなサイクルウェアを着てものすごい荷物を積んで自転車で走ってる」という内容。それに応えて日比谷で見たの新宿で見たの上野で見たの府中で見たのという目撃情報に、大道芸人らしいという情報が寄せられていたのを覚えている。

その後<1>、西新宿近辺で甲州街道を走る「○るしま○レンド」のジャージを発見!いや、この千駄ヶ谷にあるショップのジャージは見れば誰でもピンとくるほどわかりやすいカラーリングなのだ。

その後<2>、日曜の18時ころにウチの店の前をそのヒトが西へ走っていく姿を見て驚く。実はよくここを通っていたらしい。

その後<3>、自転車での帰り道で信号待ちしていて横に止まった自転車をふと見ると、ボトルの水を飲んでいたのはまさにそのヒト。おお~っと思わず声をかけ、ネームカードを頂いた。
自作木琴ザイラ演奏家????んん???

その後<ラスト>、いつも日曜しか見かけなかったので、日曜が仕事の僕はそのヒトの演奏を聴きにいくチャンスはなかろうと思ってたのだけど、実は平日も上野公園などでやってらっしゃることをネット上で知る。
 
 
 
 
さてさて、そんなんで昨日上野公園に行ってきた。
西洋美術館の前を歩いていくと、ポコポコポコポコ・・・・・・風に乗って聞こえてくるぞ。

いました!
体感アーテイスト立松正宏さんだ。

2007020201  

 

 

いつものサイクルジャージで、傍にはメーカーから提供されているという立松スペシャル仕様の愛車KHS。そして細い脚がユラユラ揺れ動く木琴に囲まれている。

2007020202

 

 

 
 
パーカッショニストであり、サイクリストであり、旅人であり、写真家であり、どれが最初か知らないけれど立松さんは自作木琴を自転車に積んでオーストラリアを走ったひとだ。現地でも話題になってマスコミを賑わしたそうだ。
日本では、上野公園・小金井公園などに国立から自転車で出動し、自転車雑誌に旅の紀行を書いたり、写真展を開くなどの活動を展開されている。

2007020203  

 

 

個性的・独創的な楽器と演奏に引き込まれた。素朴な音、好きだなあ。
手作りの楽器群は分解して自転車に積めるように工夫されている。当然軽くしておくことも大事なので、コントで使う‘座ると壊れるイス’のように心もとない感じがまた面白いのだ。
心もとないとは言っても、DIYショップで買った素材とは思えないほど乾いたいい音。他に台湾で拾ったサヤ豆(巨大)や、東南アジアで買った木魚みたいな打楽器(ほんとに魚のカタチなのだ)なども。

2007020204  

 

 

最後は迫力のある1曲。
遠くを列になって歩いていく中学生達がこっちを見てる。手拍子なんかしてさ。呼べば走り出して来そうなほど身体がこっちにノッてきてるのがわかる。

終わってみれば人だかりに囲まれていた。意外にもお歳を召されたご夫婦も何組もいたり。ビデオを回す外人サンもいた。

東京都の「ヘブンアーテイスト」に認定されているので、都のサイトで活動予定表なども見ることができる。

しかし立松さん、あのあと国立まで帰られたんだよな~(笑)。
まあ距離は慣れてらっしゃるだろうけど、あの荷物だと坂は重いし、クルマに気を配ったりしてると結構疲れるもの。ご苦労様です。

|

« へいらっしゃい!塩辛できてますぜぃ!ーー店主 | トップページ | 西荻!メローネ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« へいらっしゃい!塩辛できてますぜぃ!ーー店主 | トップページ | 西荻!メローネ! »