« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/25

皆様にお願い(道交法改正試案について)

長くなるので、まず結論部分を先に書かせていただきます。

Bici01  
 
 
 
 

先般、道路交通法改正試案が公表されました。その中に道路の通行区分の明確化という項目があります。内容は、車道通行が原則とされている自転車の歩道走行を、ある条件下で認めていこうというものです。(自転車は車道通行というのはご存知ない方も多いと思いますが)

一見、自転車利用者の安全確保という観点から歓迎すべき法案のようにもみえますが、通行区分の明確化という文言に矛盾する内容であり、もっとも保証されねばならない歩行者の安全が阻害される可能性を含んだ悪法と考えます。

皆様へのお願いというのは、

*「歩道の会」の署名へのご協力(オンライン署名)と、

*「自転車活用推進研究会」の署名へのご協力(署名簿ダウンロード可ですが、お知り合いの方の中で私の足が及べば伺います)

であります。しかしながら皆様さまざまなお考えがおありでしょう。ただ、ご賛同いただけない場合でも、是非、「歩道の会」のホームページはご覧ください。クルマ椅子が安全に通行できるような歩道を。忘れられがちな弱者保護を。

歩道の会
http://hodou.net/index.html

自転車活用推進研究会
http://www.cyclists.jp/

警察庁
http://www.npa.go.jp

道路交通法改正試案
http://www.npa.go.jp/comment/kouki2/20061229.pdf

<私は警察庁にパブリックコメントを提出しましたので、文末に掲載しておきます。>

Bici03  
 
 
 
 
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、この問題を私が知ったのも、実は最近のことなのです。ゆくゆくは全ての自転車を歩道へあげてしまおうという目論見の端緒なのではと問題視する声を聞き、「そんなことをされてはタマラン」「ロードスポーツ車のスポーツ性が失われる」とさまざまな案内者からの情報を調べていたのですが、スポーツ自転車乗りなどよりも、もっと深刻に捉えている人々がいることに気づきました。

恥ずかしながら私にはその視点が欠けていました。

自転車は車道を通行するというのはご存知ですか?車道の左端を走行し、「指定箇所」では歩道を走行してよいということをご存知ですか?スポーツ車もママチャリも女性も老人も変わりはありません。
知らなくても無理はありません。また今更こんなことを読んでも戸惑いを感じられるかもしれません。学校でそのような教育を受けたことないし、現状ほとんどの方が歩道を走行し、うかうか車道にいるとクルマから威嚇されたりするのですから。

Bici02  
 
 
 
 

たしかに今の交通環境では、例えば小学生の自転車が、または幼児を補助イスに乗せたママチャリが車道を走っているのを見たら、「アブナイ」と言ってしまいます。ただそれは、道路整備の不備や他の交通のモラル欠如が大きな要因であって「自転車が危なっかしい」ということとは違います。

「通行区分の明確化」というのは大事なことです。しかしながらそれがなぜ自転車を部分的にせよ歩道へあげることになるのでしょう?混合交通の危険性とは、異なる速度・運動特性を持つ各交通が混在していることにあります(ちなみに交通事故は交差点など、各交通が交錯する場においてもっとも発生するのですが)。ならば歩行者・自転車・自動車をそれぞれの領域内に留めておくことが重要になるはずです。歩道と車道はすでにありますので、自転車道と呼ぶべきエリアが必要なのです。決して「自動車のための車道」だけを聖域化して、「その他」は歩道にまとめておけというものではありません。

もし今回の法改正を皮切りに、「自転車は歩道へ」の流れが推し進められれば、もっとも保護されなければならない交通弱者、つまり歩行者のなかでも身体が弱い方、不自由のある方、特に車椅子を利用されている方など、守られているはずの歩道上でさえ肩身の重い思いをしなければならなくなるやも知れません。

障害の少ない広めな歩道、車道左端に確保された自転車レーン、これら道路インフラを整備していくには苦痛を覚悟しなければならない面があります。簡単に言えば工事費用と、用地確保と、自動車の利用が制限される可能性です。
ただいつかなにかのタイミングを捉えて大鉈を振るわなければ、良い方向へなんて進んでいくはずがありません。地球全体で、日本に於いても国家規模で取り組むべき地球温暖化防止という目標に照らしても、自動車偏重社会から転換すべきなのです。

私はモータリゼーションをまるまる否定するものではありません。その恩恵にもあずかっています。
ただしモラル面は・・・・・。少し話はかわりますが、

交通安全運動が始まると、ニュース映像に小学校などでの安全教育が取り扱われます。「クルマに注意して」「横断歩道を渡りましょう」と。
しかしながら彼ら子供達はどこで死んでるか?今どきいきなり車道に飛び出す子などそうそういません。最近の交通事故ニュースは何を伝えてますでしょうか?彼らは横断歩道で死んでいます。歩道を歩いていたのに死んでいます。登校時、道路の端をきちんと隊列を組んで、下級生は目立つ黄色いものまで身に付けているのに、自動車が突っ込んできて命を奪われる。気をつけろ気をつけろって、彼らに落ち度はあったでしょうか?教育しなければならないのは誰でしょう?

交通弱者ばかりに心の鎧を着させて、バカに重量1トンの凶器を動かす自由を与える。そういったクルマ優先の意識が今回の法改正試案にも表れてるように感じます。
ホントは歩行者・自転車・自動車の交通当事者それぞれが相手を尊重し思いやることができれば法がどうこうなんて必要ならなくなるのですけど。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Bici04  
 
 
 
 
 
 
自転車活用推進研究会の署名にご協力頂ける方はご連絡くださいませ。1月末で一旦集計し、中間報告を出すそうです。その後も署名は続きます。私個人で取りまとめさせていただき、事務局へ送付いたします。自転車活用推進研究会のホームページ上で、その要望の内容をご覧になれます。

画像1はミラノ市内です。
歩道と自転車道と車道が並行し、きちんと隔離されています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

警察庁交通局交通企画課法令係に提出したパブリックコメント

道路交通法改正試案の「3 自転車利用者対策の推進(1)通行区分の明確化」の見直しを強く求めます。

「自転車の歩道通行が言わば無秩序になされている状況」を是正するために、「通行区分の明確化」をする。これは当然のことと考えます。しかしながら本案にて掲げられている方策は、その目的に対して矛盾していると言わざるを得ません。なぜなら本案は自転車の歩道への避難状態を法的に追認しているに過ぎず、歩道上での混乱状態を助長しかねないからです。
交通の中で最も保護されるべき歩行者、とりわけさらなる交通弱者が、より危険に晒されることがあってはなりません。

特に「車道を通行することが危険である場合・・・・例外的に歩道を通行することができる・・・・」と、ありますが、これは道路整備の不備と、自動車運転者による安全運転義務を無視した運転、弱者保護に関する教育の不徹底が危険の原因であり、この残念な現状の是正をこそ法の上で明確にしていくべきであります。
とりあえず例外を認めているようでは、美しき交通社会は現出することはないでしょう。

安全な歩道と自転車レーンの整備促進や、交通マナー向上のために違反者厳罰化などを明確にしたうえで、当然ながら自転車等に対するルール・マナーの徹底も促していくべきです。
このような道路インフラの根本的整備などを手がけるとなると様々な痛みも伴い、自動車の利便性も多少損なわれることが予想されますが、もし、将来に残されていく危険性を知っていながら、また国家規模で取り組むべき地球温暖化防止という目標に照らしてみても、それでも自動車偏重の社会・生活を容認していこうということがあっては民度の低い国家と位置付けられても致し方ありません。

警察庁におかれては、自動車の権利を第一義的に保障するかのようなものではなく、弱者保護の精神に鑑み、交通の中において保護・優遇されるべき順位を再確認し、それにのっとった法整備に尽力くださるよう願っております。

| | コメント (5)

2007/01/19

サングラスと江戸の地酒を・・・

丸3年使い続けたルデイ・プロジェクトの自転車用サングラスがついに壊れた。2004年1月からだからきっかり3年。夜間走行の時はイエローレンズに差し替えたりするので、さすがに毎日使ううちに疲労骨折した。と、いうわけで新しいサングラスを仕入れに草加のちょい手前まで行かねばならない。

しかしまあ、ここんとこ大した風も吹いてなかったのに、今朝は夜明け前からゴミ置き場の空き缶がカラカラと飛んでいくほどの風。「余分に脂肪燃やしてこいよ!」って神様の思し召しかなあ?

07011901  

 

 

グズグズと出足悪く10時に出発。
東京外環道と並んで荒川を渡る幸魂大橋では横風で横っ飛びする。画像の吹流しは真横になっている。コラコラ!「風は沿岸部中心に昼まで」って天気予報はなんだったの?埼玉は沿岸部か?

さて荒川の北岸は自転車道があまり整備されてなくて、何度も堤防の階段をあがったりおりたり手間がかかったけど、それでも横を走る渋滞中の首都高よりは速い(笑)。西新井で北に折れて、お大師様をかすめて走り12時過ぎにはお店に着きそうになった。

昼時にお店に行ったらワルイかな?と、気をきかせて途中蕎麦屋に入った。
そば定食600円という文字を見ながら戸を引くと、何かを食べていたお客2人がこちらを振り向き、シマッタ!というようなびっくりした表情で僕を見つめる。
????
なんてこたない、このお二人は店主夫妻だったのだ。オイオイ昼時だよ?こっちこそシマッタ!って感じだい。

07011902  

 

 

壁に貼られたメニューを見ると居酒屋と見紛うばかりの品揃え。ソバではなくラーメンという文字が見える。そしてそして・・・・ボローニャ風ソーセージ焼き400円・・・・こいつがダントツで気になる。なんだろう?なんだろう?。すごく気になるけどついに頼めなかったよ。「そば定食ください」

そば定食はザルそば&ご飯1膳&冷奴だった。ま、いいんじゃない?脂肪分無し、自転車乗り向けの適度な質素さだよ。もうなににも驚かないよ。

07011903  

 

 

食後、トイレをお借りする。
電話ボックスのような狭い空間の中で独り絶句する僕。はるか下方で便器が口をあけている。懐かしいちっちゃな便器。腰も引けない狭さだし、これでは立って用を足せないよ~~~~(泣)。

仕方なく、しゃがんで小用を済まさせる。
しゃがむ際、お尻が後ろの壁をなでてしまった。
ショボ~ン・・・。

600円をお支払いして笑顔で店をあとにした。いろんなとこに飛び込んで来たけど久々に地雷を踏んだか~?(笑)店の名・場所は秘して誰にも明かさない。

07011904  

 

 

目指すお店、サングラスミュージアムに着いた。
ミュージアムっても見物するとこではない。だけどサングラスの量はスゴイ。スポーツサングラスの専門店だから、そんなのが欲しい方は是非どうぞ。草加のひと駅前の谷塚にある。自転車・登山・野球・ゴルフ・ドライビングetc。店の前には店主さんのバイクXS650と奥様の赤い自転車がいつも置かれている。

07011905  

 

 

たっぷり1時間以上あれこれ試してサングラスを購入。ルデイの最高峰キティウムにした。かけ比べちゃうとどうしてもねえ。顔面にかかるテンションが違った。軽い!
新しいサングラスをかけて14時に店を出発。

またまたお大師様をかすめて、西新井橋から荒川自転車道に入った。こちらは整備されていて走り易い。走り易いわりにちっとも進まないのは北東の強風をモロに正面から受けてるからだ。2倍近くの軽いギアでともかくクルクルと足を回す。ハツカネズミみたいだ。

07011906  

 

 

じわじわ進んで新荒川大橋まで来たとこでチョット寄り道。
橋のすぐそばに23区内唯一の造り酒屋である小山酒造があるのだ。直販部のかわりにそばに小山酒店があって、ここの酒、丸眞正宗が買える。

07011907  

 

 
 
と言っても自転車だからね~。一升瓶というわけにはいかない。300mlを2本てのがいいとこだ。生吟醸と純米を購入。ペダルこぐ足にも力が加わるゾ。

そんなこんなで家に帰ってきたのが16時。走行正味4時間ってとこかな。

07011908  

 

 

今夜のところは丸眞正宗はガマンガマン。
この酒に合わせるアテを作らなきゃネ!

| | コメント (2)

2007/01/15

スモークシンドローム(11)

ある夜、やや混みあうミシマで独り飲んでいたら、隣のカップルの声が聞こえてくる。
「・・・・バル・・・立ち飲み・・・・三鷹台・・・・・」
ん?なになに????
最近立ち飲み屋の新店はホント増えてきた。ウチの店のすぐ裏にも一軒でき、中央線沿線でもよく見る。しかしながら「バル」ってのは聞き逃せないゾ。「バール」ならなお良いのだけど・・・・。

そんなんで、こないだ探索に行ってきたのだ。北口はすぐに住宅街なので南口に絞ってウロウロ。中心を離れ、店が途切れ・・・・。「あれ~?ここらでUターンかな?」というあたりで、控え目な灯りに照らされる地味ぃ~なドアを見つけた。

07011312  

 

 
 
あった。
三鷹バルだって。間口狭い、店内も間口と同じ幅しかない。6~7人立ったらおしまいな感じの袋小路的な店内。白い壁に、落ち着いた色調の内装。
う~ん、こういうの大好きさ!

07011311  

 

 
 
グラスワインを頼むと「今日はこれこれが開いてます」って。どうも酒はスペインのもので統一されてるらしい。スペインで知ってるのはマルケスデリスカルだけ・・・。見栄はって中位のを注文した。マスコンタルってのだったけど、ものの本には載ってなかった。

続いて謎のリキュール。バニラの香りだ。これは調べがついたよ。クアレンタ・イ・トレス、43という意味だと、なるほどイタリア語ならクワランタ・トレだ。
しかし甘いバニラのリキュールを口に入れてしまってもうワインには戻れない(笑)。黒板のメニューをジロジロ見て「オルフォください」、オルフォは一口飲んだら「あ、グラッパだ!」。ものの本によれば、やはりオルフォもワインの搾り滓から作られるらしい。これはめっけもの。

未知の酒を知るのは楽しい。ゲテモノでさえなければ僕は甘~いのもキツイのも、ややこしいリキュールでもなんでも美味しく飲めるので、要は財布との相談だ。
しかし三鷹台はドイツパンに続いてスペインバルか。

07011313  

 

 
 
さらに後日、仕事帰りに自転車で寄ってみた。ノンアルコール飲料の存在もチェック済みだ。
「ミネラルウオーターGAS入りの」と注文したらちゃんとスペイン産が出てきた。やられたあ!(笑)

その日はなんとバスク出身のお客も来ていた。バスク?・・・・・ならばこうだ。「エウスカルテル、オルベア!」。すると大将「インデュライン知ッテマスカ?」だって!そうこなくっちゃ(笑)
まあ、言うほど詳しいわけじゃないんだけどね・・・・・。

次はカキとシェリーだ!

| | コメント (2)

初詣ツーリング

07011401  

 

 
 
今年最初のツーリングは三浦半島の走水神社へ行った。続々と集まるクラブメンバーのなかには、以前触れたツエ突きのお二方も元気に参加されている。なんという回復力!恐るべし!である。

07011402  

 

 
 
横横道路を終点まで走って、あっという間に走水神社に到着した。途中多数のバイクグループがいたので、「さては今年の走りのために皆走水神社に行くのか?」と思いを巡らせていたのだが、ここに来たのは我々だけだった。だよね(笑)。

07011403  

 
 
 
 
やけに暖かい神社の境内には不思議な球体が置かれていた。見ると「奉献 露国機械水雷」とある。
横須賀鎮守府司令長官 男爵 上村彦之丞だって、帰ってから調べたら日本海海戦では第2艦隊司令長官だった人物だ。日付が明治四十三年六月。日本海海戦5年後、横須賀に移ってから奉納したのだろう。さすが横須賀に近いとこんなものもある・・・・。

07011404  

 

 
 
本殿の裏に回ったら、切った崖をくり抜いたお社がある。河童を祀った水神社だそうだ。水への頼み、水への畏れ、怖くて欠かせないものだもんね。釣行時の安全もお祈りした。

07011406  

 

 
 
昼食後は半島南部をグルリと三崎に向かう。
途中、鴨居の浜ではどんと焼きの用意ができていた。そうか、明日は小正月だから。ちょっと見てみたい。餅焼いて食いたい・・・・。嗚呼罰アタリ・・・・。

07011407  

 

 
 
そう、今日は新生ルマンのお披露目だったのだ。変わり果てた・・・・いやいや美しい姿に。
思えば去年の初詣ツーリング、伊豆山神社境内でUターン濡れ鉄板立ちゴケをやらかしてから、壮絶なる後厄の一年が始まったのだった。
ルマンが横腹衝突フロント回り大破、会社ハイエースはトレーラーに追突され大破、40度高熱点滴事件、その他ここにはとても書けない災厄の数々。それでも笑って生きてきたサ(鈍いだけか?笑)。

07011408  

 

 
 
カカと笑いながら走るうちに三崎に到着。
例によってちっこい魚屋へ。以前釣りの帰りに開拓した店だ。釣りの帰りに魚屋に寄る不条理については、皆さんあまり考えないように!

今日は大好きなジンタの干物が売り切れてた!残念!ジンタてのは10cmくらいのちっちゃなアジ。これの干物は頭から丸かじり、香ばしい。
かわりにタカノハダイ、通称タカッパの干物にマグロかまの味醂干しを買った。タカッパって食べるんだ!?ってくらい売ってるの見たことなかった。釣りでも外道でしょ??でも案外美味しかったよ。身が柔らかい。骨がけっこう面倒な点が避けられてる原因なのかな?かまの方はズバリ旨かったすよ。ホジホジしながら、酒に合うなあ。

さあ今年もガンバッテ走ろう!食べよう!

| | コメント (4)

2007/01/14

久々に見たものX2

どうもここのところ体調がパッせず、昨日も休みだというのに家でグダグダしてしまった。ただ正月を過ぎて明らかに肥大化した胴回りを何とかせねばならないので自転車通勤は休んでいない。それで体調回復が遅いのかな~?でも、朝やや痛いノドも走ってると不思議と痛くなくなるんだよな~。体温上がるからでしょうか?不明。

で、今日も今日とて畑のはるか向こうに見える真っ白な富士山を見ながらのスタート。さすがに気温が下がってきたので陽射しが少ないとなかなかウィンドブレーカーが脱げない。
それでも中間地点の三鷹駅あたりに来るころには、ウィンドブレーカーどころか暑くてジャージの前を開けるくらいまでにはなるのだから冬はウェア管理が難しいね。

吉祥寺通りを渡り、管理事務所脇から井の頭公園へと坂を降りる。池を巡って行くと「オヤ?」ここのとこ週末になると出ていた「アートマーケッツ」関連のテントがいつもと違う場所に立っている。
しかも路上アーテイストの姿がチラホラ見える。11月以来ダ~~!

そう、とうとう始まったのだ。井の頭恩賜公園100年実行委員会によるアートマーケッツが。テントに近寄って「今日からですか?」と声をかけてみると「ハイ」とやや硬めながら声が返ってきた。

さてたまたまこの日、このブログの12月4日の記事に対してコメントを頂いた。書いてくださった一寸法師さんがご自身のブログでいろいろ経過などをまとめてらっしゃるのでこの件に興味をお持ちの方はご覧ください。

僕は、なあなあな不法状態から脱却して、近隣住民・公園利用者に配慮できるルールのもとでとなれば、出展者も堂々と参加できるのだからよかよか・・・・・という考え。
現時点ですでにいろいろあるようだけど、実際に始まったことで手順のおかしさ・制度の不備などが問題点として具体的に出てくるに違いない。良い方向にすり合わせが進むことを祈る。

ただ今朝見たら、中心にでかいテントが据えられ、出展位置も区画され、やはりいかにも管理下という雰囲気は否めなかった。以前を見てるからね(笑)。自然発生的な地域カルチャーの雰囲気が薄れることへの反発があるとすればそれも理解できるなあ。
それでも出展者の発するものが輝いていればいいものできていくと思うのだけど。

そうそう、付け加えておくとこの1月半のインターバルの間、夜間の音出しは相変わらずだった。そういうケアが肝心では?あと花見期や夏の夜の乱痴気騒ぎに本気で取り組んで欲しいな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
公園を抜け神田川へ。
久々にあのパン屋さんへ。10月13日に書いたLittle by Little だ。
あのあと確か2度ほど行ったのだがサツマイモのブリオッシュとかシナモンぼーやとか、なにやら甘系のパンばかりに出会っていた。今日はどうかな?

ブリオッシュは無かった。ホッとした。見たら買っちゃうもんね!
棚の上段に「黒パンオリーブ」というのがあった。持たずとも重たい感じが伝わるようなギッシリした雰囲気だ。今朝は迷わずこれに決定!ジャージの背ポケットにスッポリ入る形も○。

07011301  

 

 
 
会計時、ご主人が「ブログを見た」とのことでビックリ!「私は自転車乗りませんよ」とも(笑)。「あれからあまりいらっしゃらなかったですね」って、そうなんです。このチョッピリの寄り道が、切羽詰った朝の通勤ではなかなかできないんですよね~。ごめんなさい。

07011302  

 

 
 
お待ちかねのお昼、コーンポタージュとヨーグルトと黒パン。美味しかった。中には黒オリーブがいい風味を加えている。酸味が多いというお話だったけど僕にはそれほどではなかった。こうしてパンだけをもくもくと食べて美味しいパンって好きだ。ちなみにこの1本でずっしりおなか一杯になってしまったよ。

黒パンとか聞くと、なんだか「ハイジ」を思い出しちゃう。ハイジは白パンにひどく喜んでたなあ。黒パンも美味しいぞ!ハイジなんて言うと、うん、チーズと一緒に食べてみる?ゴーダ? もっこりしっかりしたチーズが合いそう。

今日は三鷹台のドイツを味わったのだった。
(三鷹台のスペインも見っけてしまった・・・・)

| | コメント (0)

2007/01/11

瀬戸内のかほり・・・・自家製リモンチェッロ

06122300  

 
 
 
 
今冬もKさんのご実家、愛媛中島のミカンが届いた。オマケでレモンも入っているので自家製リモンチェッロに挑戦しているのだが、それも今度で3回目。ちょっとあんばいがわかってきたのか今回はけっこう満足な出来になった。リモンチェッロはナポリの近く、ティレノ海に浮かぶカプリ島が特産のお酒だ。

06122301  

 
 
 
 
5個入っていたので、ストリチナヤ500ml40度一本を用意した。今までは98度のスピリタスを使って、のちに加水していたが、今回は仕上がり500mlで良いだろうという判断。アルコールも35度前後になるだろう。スピリタスが良いのは雑菌対策と浸漬の速さで。

06122302  

 

 
 
レモンは無農薬だが、一応湯で表面を洗ってから皮をむく。包丁を使うと丁寧にやったつもりでもワタが入って苦くなったので、今回は皮むきを使用。極力表面部のみを削り取る。漬ける際に水など混ざらないように。

0612230306122601  

 
 
 
 
漬け込み直後と3日後の比較。3日で既にだいぶ色が出ている。

07010401  
 
 
 
 
 
12日後、皮を引き揚げる。皮は色が抜けてパリッとしてる。

0701040307010404  

 
 
 
 
砂糖150gを加えて攪拌。細かい皮がまだ残っているので、ビンに移しがてら濾過する。

07010405  

 

 
 
完成。やた!
左のビンは去年のもの。色を比べると今年の方がすっきりした黄色だ。香りもよく付いて、嫌な雑味も無い。ウオッカのトンガリをやや感じるけど、少し置いたら馴染むんじゃないだろうか?

実際イタリアののリモンチェッロはもっと透明感に乏しく、黄色ははるかに濃いのだが、味わいはかなり接近してきた・・・・・・ような気がする(笑)。

うまくいったからも一回作りたいなあ。黄色を濃くするにはレモンを増やせば良いのだろうか?何故売ってるヤツは濁ってるんだろう?砂糖を多く加えると濁るのだけど、溶けきれば再び澄んでしまうのだ。

まあいいや、とりあえず目の前のコイツを楽しもう!
冷凍庫に入れてと・・・・・・・・・・・・・・。

| | コメント (0)

2007/01/08

ポカポカあったかいうどん屋「たかはし」

ひさびさに東久留米の「たかはし」に出かけた。庭、というか畑の中の小路を入っていくと母屋があり、そこで手打ちうどんを食べさせてくれる。

07010801  

 

 
 
広間には石油ストーブが置かれ、いっちゃんあったかいポジションで看板ネコが昼寝している。

07010802  

 

 
 
広い窓から陽射しが入り気持ちイイ。だからここに来るのは冬のほうがいいような気がする。軒先に吊るされた柿や、庭とも畑ともつかない風景を眺めながらゆっくりする。

07010803  

 

 
 
席につくとニャンがあいさつにやって来る。ひとしきり遊んでやると、日なたのベストポジションでまたまた昼寝を始めた。気持ちよさそう~~。

07010804  

 

 
 
武蔵野うどんの定番、肉汁うどん。追加のかき揚げには季節柄みず菜が入っている。
10日、20日、30日には地粉で打ったうどんを限定20食出すそうだ。そういえばケーブルテレビで昔このあたりで作られていた麦を徐々に殖やしているって聞いたなあ~。

07010805  

 

 
 
玄米ごはんも注文した。アワに小豆が入り、赤飯になっている。ポロポロと硬めで、良く噛まないと消化不良になってしまう。

07010806

 

 
 
 
 
看板犬のチャンプ。これぞ日本の犬という面構えだ。その名の通り、このあたりの大将らしい。よその柴犬2頭がかりでようやくチャンプと互角になるそうだ。

07010807

 

 
 
 
 
お隣さんのカンタ(手前)も遊びにきていた。

07010808_1  
 
 
 
 
 
いっぱい走ってたくさん掘って、いいねえ~!

| | コメント (0)

2007/01/06

IC免許証ゲット、青いけど……

IC免許証ゲット、青いけど……

ここ10年くらい?、以前ほどには府中試験場に来なくて済むようになった。

スピード違反以外の犯罪には手を染めないように………………………、だがそのスピードによる検挙もめっきり減った。

しじゅう三鷹・立川・錦糸町に呼び出され略式裁判のお世話になった過ぎし日々……。

諸手続き・行政処分の仕組みなどにやたら詳しくなり、ついに180日免停を喰らったときは1年以内に再検挙されるとかなりヤバイので、敢えて短縮講習を受けずに180日間運転を我慢した。

バカみたい!まるで罰金払うためにバイク走らせてるみたいだったもんね!

人生に於いて免許が大事なものになったせいか、賢くなったせいか、免停からは遠のいたけど、減ったのは検挙回数であって違反行為がではない。
 
 
 
 
さあ、これだけ真面目?に走ってるのだから今度こそゴールド免許だろうと期待してたのだが、H15/12/5通行帯違反にて一般との通知を受けた。

……思い出したヨ。湾岸幕張あたりをスッ飛んでたときに背後に迫る赤燈に気付いて左に退避。パトは速度計測できなかったので追い越し車線走行で切符を切られた。
追尾に失敗したら通行区分違反や車間距離不保持で切符を切るのはよくあるパターンだ。クソ〜!
 
 
 
 
「違反者」から「一般」に昇格しただけでもいっか!
3年ぶりの府中試験場。試験場名物?おいでおいでの代書屋群が、ガラーンとたった2軒になっている。

手続きはあっさり終わって講習会場へ。代書屋も廃業するわけだ。

講習では改正道交法の内容を中心に講義。
そう、この3年の間に悲惨な事故多発のせいもあっていろいろ変わった。
飲酒運転、違法駐車、走行中携帯使用、などなど罰則が強化された。

ちなみに走行中にカーナビや携帯を注視したらイケナイのだが、「注視」というのは2秒以上だそうだ。
まあ道順くらいは自分で考えて走らんとボケちゃうよ、きっと(笑)
かくいう僕もたくさんの電話番号を忘れつつある。
 
 
 
1時間の講習が終わり新しい免許証を受け取る。

「おお〜っ!」
交付始まって2日目のICチップ入り免許証ダ!光にかざすと四角いチップが見える。

まず自分で読み取り機に載せ、登録した暗証番号を打ち込み確認すると、顔写真まで含んだデータが表示された。これで偽造を防ごうというわけだ。

もし4年後の12月まで無検挙で済めば、晴れてゴールド免許になる。
一度でいいから地元警察署で講習無しの免許更新てのをやってみたいもんだ。

ムリかな〜〜〜?

| | コメント (3)

2007/01/04

駅伝!~~そして西湘ブラブラ

3日朝8時過ぎ、小田原駅構内の「生そば箱根」で今年一発目の立ちソバを食べた僕は、いくぶん暖かい小田原の街を歩き始めた。箱根駅伝の復路を小田原で観るのがここ数年定例化しているのだ。

ルートに近づくと協賛新聞社が小旗をくれる。市民会館前に陣取って待っていると、警察車輌が行き来し始め、そのうちに交通が途絶える。誰も走らぬ1号線を不必要なまでに飛ばして走り回る白バイがいる。小豆でも撒いてやろうかと・・・・・思わないでもない(笑)。

07010301  

 

 

そのうちに上空ヘリの接近でいよいよだなと身構える。「沿道の皆様、応援をよろしくお願いします」と呼びかける広報車が過ぎてしばしの静寂ののちに、先頭J大ランナーがやって来た!

小旗を振るカサカサと声援の波が選手とともに流れていく。
それから15分ほどの間に最後尾まで全ての選手が駆け抜けていった。ちなみにホンダの3種のエコモデルがこの大会で使われていた。

0701030207010303_2  
 
 
 
 
 
 
そして、テレビには映らないだろうけど、しんがりのあとは必ず自転車集団が走っていく。国道の真ん中を堂々と、ノンストップで箱根から東京まで走れるなんて滅多にないチャンスだからね!来年走ってみようかな?

ところで駅伝を観るきっかけになったのは同行釣友の母校J大(先頭のJ大ではない)が箱根を走るようになったからなのだが、J大は惜しくも11位。昨年に続いてシードには届かなかった。
なお駅伝の公式ウェブサイトでは次の大会へのカウントダウンが始まっている。

0701030407010305  

 
 
 
 
さて、駅伝が行ってしまったあとは国府津か真鶴で釣りとなるのだが、今回は、僕が被った2006最後の災い、会社大掃除による?腰痛、東京駅階段踏み外しで足首痛、そして何故だか?ノド痛、の3痛をいたわって釣りはしないことになった。

それではと、いつも素通りする小田原城へ。ゾウの匂いを嗅ぎ、サルの喧嘩を眺め、お茶屋がサービスで振舞う甘茶をありがたくすすった。

07010306

 
 
 
 
 
 
その後JRで真鶴まで移動して、貴船神社へ行ってみる。真鶴港を見下ろす貴船神社は海を渡る神輿で有名なのだそうだ。

やっとこさ昼までの時間をつぶした。
昼だ!お楽しみはここからだ!
駅前の○浦食堂へ入る。真鶴旧道を走れば必ず前を通り、この店も目に入るかも知れない。が、恐らく気に留めるライダーは少ないだろう。僕はこんなところが大好きだ。

07010307

 
 
 
 
 
 
ここはアジフライが旨い。寒いから熱燗にするかと相当悩んだが、やっぱり熱いフライをザクザクしたら、ゴクゴクプハーであるべきだとビールを飲んだ。

横浜あたりを走る駅伝の中継を観ながらフライと刺身。
ここ数日の運動不足が気になりつつ・・・・。

| | コメント (0)

2007/01/02

1月

年が明けました。今年もよろしくお願いします。

Dscf0001_1   

 

 
 
大晦日、吉祥寺のヌードルチャフェに出かけるとお正月の装飾準備中。年越しソバとのことで、ソバ乾麺を揚げたものを出してくれた。ポリポリポリ、ビールがすすむ。

夜になって、慌しい雰囲気から浮かれモードへ移りつつあるようだ。シャッターの降りたアーケードでは大道芸人の周りに人が集まっている。

Dscf0007  

 

 
 
深夜、ハモニカ横丁某所で少~し早めのお雑煮を食べながらNTVを観ていたが、なんとその番組は時報を流さず、周囲の店々からのカウントダウンの叫び声を聞いて初めて年明けを知る始末だった。な~に、気づかずとも年は勝手に明けるもの(笑)。

***********************************************
Dscf0019Dscf0013   

 

 

東京多摩の元日は高曇り。初日の出を見に出かけた人達はダメだったんじゃないかな?どうだろう?

小金井公園の定点桜は丸ボーズ。落ち葉も枯れ切ってすっかり冬の風景になった。一方、多摩湖自転車道は元日朝というのにランニングする人がいっぱい。ゼッケンを付けてるランナーもいるので、大会があるのだろう。

Dscf0021_1Dscf0022_2  
 
 
 
 
 
井の頭公園の定点も冬の景色。いつもと違うのは、今回は通勤の時間帯より遅いのでボートこぐ人がいること。七井橋もたくさんの人が行き来する。

Dscf0024  

 

 

七井橋を渡る多くの人がやって来るのが井之頭弁財天だ。7~8分の待ち時間の末にお参りするが、どうも神社と混同している人がいるようだ。まあ確かに七福神とは言うけどね。

Dscf0028
 

 
 
 
久しぶりに引いた御籤は吉。いろいろと書いてあったなあ(笑)。

Dscf0033  

 

 

「いせや」「ミシマ」をはじめ、あらかたの店がシャッターを下ろしている七井橋通りだが、「ドナテロズカフェ」は頑張って営業していたので、挨拶がてらに寄ってみた。

Dscf0034

 
 
 
 
 

今年初のドナのジェラートを・・・・・とも思ったのだけど、ちょっと寒い。カボチャ&ブロッコリーのキッシュとバナナパイを昼ご飯代わりに食べた。

かくして吉祥寺スイーツで明けてしまった2007年。
どんな1年になるのだろう???

| | コメント (4)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »