« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/15

初詣ツーリング

07011401  

 

 
 
今年最初のツーリングは三浦半島の走水神社へ行った。続々と集まるクラブメンバーのなかには、以前触れたツエ突きのお二方も元気に参加されている。なんという回復力!恐るべし!である。

07011402  

 

 
 
横横道路を終点まで走って、あっという間に走水神社に到着した。途中多数のバイクグループがいたので、「さては今年の走りのために皆走水神社に行くのか?」と思いを巡らせていたのだが、ここに来たのは我々だけだった。だよね(笑)。

07011403  

 
 
 
 
やけに暖かい神社の境内には不思議な球体が置かれていた。見ると「奉献 露国機械水雷」とある。
横須賀鎮守府司令長官 男爵 上村彦之丞だって、帰ってから調べたら日本海海戦では第2艦隊司令長官だった人物だ。日付が明治四十三年六月。日本海海戦5年後、横須賀に移ってから奉納したのだろう。さすが横須賀に近いとこんなものもある・・・・。

07011404  

 

 
 
本殿の裏に回ったら、切った崖をくり抜いたお社がある。河童を祀った水神社だそうだ。水への頼み、水への畏れ、怖くて欠かせないものだもんね。釣行時の安全もお祈りした。

07011406  

 

 
 
昼食後は半島南部をグルリと三崎に向かう。
途中、鴨居の浜ではどんと焼きの用意ができていた。そうか、明日は小正月だから。ちょっと見てみたい。餅焼いて食いたい・・・・。嗚呼罰アタリ・・・・。

07011407  

 

 
 
そう、今日は新生ルマンのお披露目だったのだ。変わり果てた・・・・いやいや美しい姿に。
思えば去年の初詣ツーリング、伊豆山神社境内でUターン濡れ鉄板立ちゴケをやらかしてから、壮絶なる後厄の一年が始まったのだった。
ルマンが横腹衝突フロント回り大破、会社ハイエースはトレーラーに追突され大破、40度高熱点滴事件、その他ここにはとても書けない災厄の数々。それでも笑って生きてきたサ(鈍いだけか?笑)。

07011408  

 

 
 
カカと笑いながら走るうちに三崎に到着。
例によってちっこい魚屋へ。以前釣りの帰りに開拓した店だ。釣りの帰りに魚屋に寄る不条理については、皆さんあまり考えないように!

今日は大好きなジンタの干物が売り切れてた!残念!ジンタてのは10cmくらいのちっちゃなアジ。これの干物は頭から丸かじり、香ばしい。
かわりにタカノハダイ、通称タカッパの干物にマグロかまの味醂干しを買った。タカッパって食べるんだ!?ってくらい売ってるの見たことなかった。釣りでも外道でしょ??でも案外美味しかったよ。身が柔らかい。骨がけっこう面倒な点が避けられてる原因なのかな?かまの方はズバリ旨かったすよ。ホジホジしながら、酒に合うなあ。

さあ今年もガンバッテ走ろう!食べよう!

| | コメント (4)

2007/01/08

ポカポカあったかいうどん屋「たかはし」

ひさびさに東久留米の「たかはし」に出かけた。庭、というか畑の中の小路を入っていくと母屋があり、そこで手打ちうどんを食べさせてくれる。

07010801  

 

 
 
広間には石油ストーブが置かれ、いっちゃんあったかいポジションで看板ネコが昼寝している。

07010802  

 

 
 
広い窓から陽射しが入り気持ちイイ。だからここに来るのは冬のほうがいいような気がする。軒先に吊るされた柿や、庭とも畑ともつかない風景を眺めながらゆっくりする。

07010803  

 

 
 
席につくとニャンがあいさつにやって来る。ひとしきり遊んでやると、日なたのベストポジションでまたまた昼寝を始めた。気持ちよさそう~~。

07010804  

 

 
 
武蔵野うどんの定番、肉汁うどん。追加のかき揚げには季節柄みず菜が入っている。
10日、20日、30日には地粉で打ったうどんを限定20食出すそうだ。そういえばケーブルテレビで昔このあたりで作られていた麦を徐々に殖やしているって聞いたなあ~。

07010805  

 

 
 
玄米ごはんも注文した。アワに小豆が入り、赤飯になっている。ポロポロと硬めで、良く噛まないと消化不良になってしまう。

07010806

 

 
 
 
 
看板犬のチャンプ。これぞ日本の犬という面構えだ。その名の通り、このあたりの大将らしい。よその柴犬2頭がかりでようやくチャンプと互角になるそうだ。

07010807

 

 
 
 
 
お隣さんのカンタ(手前)も遊びにきていた。

07010808_1  
 
 
 
 
 
いっぱい走ってたくさん掘って、いいねえ~!

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »