« 下浦海岸釣行 | トップページ | il diavolo giallo »

2006/12/04

果てしなき流れの果てに

という小松左京の小説があった。一時期はまってよく読んだものだ。小松左京はともかく壮大で緻密で………。だけれども時折、ものすごい虚無感を誘う。

単に情報としては理解できる無限とも言うべき宇宙空間の拡がり、連綿と続いてきてまた続くであろう時間。

だがそれは知識として納得しているに過ぎなく、その全てに触れ全てを見て認識できるというわけではない。小松左京の筆は、日常意識しないで済ませている、それら恐ろしいばかりの非現実的な現実を、実体験したかのように読み手に刻み込んでくる。

光も届かない虚空、それを想うと、我が身の矮小さ、己の存在のあっけなさが胸を締め付けるようだ。

いま生きている自分は所詮、膨大な時の流れのうちのほんの一瞬を間借りして息をしてるに過ぎない。
地球の自転をもとに人間が区切った一日という時間の単位も、この世の始まりから終わりまでに比べれば他愛のない瞬間である。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

他愛のない瞬間…………とは言いながら、12月2日という一日は僕にとっては長くてアホ楽しい日であった。

やっと本題だよ。前置き長くてすんません(笑)

06120202  
 

 
 
 
まず昼はヌードルチャフェにて、吉祥寺土曜の昼らしくお洒落にカフェランチでキメよう!と思ったのに、いつしか単なる飲み会の様相を呈し、健全なるファミリーの団欒を尻目にグダグダと酒を飲んでしまった。あ~酒好きの罪深さ!陽の高いうちから飲む旨さ!
オーダーはロコモコ風そばめし。いろいろ乗っかってて楽しめる。ビールとともに昼向きのお勧め一品かな?

06120203  

 
 
 
 
3時ころお開きし、その後東急裏などを荒らし回り、夕からは西荻こけし屋にてツーリングクラブの忘年会。幹事である僕は一番乗り。会場を作って、酔い醒ましに水をチビチビ舐めながら三々五々集まる皆さんを出迎える。

40代の若さで大動脈瘤を患ってしまった方がいたのだが、術後一週間・退院後の外出二度目という状態にかかわらず、杖をついてやってきた。リハビリ兼ねてと言っていたけど、道楽者の鑑と賞するほかない!まさに見上げた根性である(笑)。←本当なら笑い事ではなかったのだけど・・・・。

続いてやって来たのは、ハーレーのエンジンをかけようとして、摩耗であまくなったラチェットが滑り、キックペダルが空転してしまって右足で地球を思い切り蹴飛ばしてしまい、ふくらはぎの肉離れをしてしまった方。本日2本目の杖となる(笑)。←いや笑い事じゃないのだけども・・・・。

杖ついたオッサン(失礼!)が二人もいるツーリングクラブの飲み会って…………。
それにしても我がクラブは健啖家揃い。前年の教訓から食事量も増やしたのにあっという間に空になり、23人女性4人で、コートデュローヌが14~15本空いたようだ。

06120204  

 
 
 
 
忘年会お開きし、数人と吉祥寺に移動してミシマにてながすくじらのカルパッチョを食す。別グループは新宿ヒルトンのバーで飲んだとか・・・・差がついたにゃ~~。(笑)

06120205  

 

 
 
さらに仲間が帰って独りハモニカの山岳居酒屋へ。
ハモニカの女装有名人が隣に座り、初めて親しく話した。そこへ横丁の会長も加わり、楽しき騒擾うなりを上げる。途中でなにやらハリウッドがどうしたこうしたと言っていたが、どっからハリウッド話題が湧いて出たのかさっぱり解らなかった。
・・・・・が後日判明。なにかハモニカ横丁での撮影の打診があったらしい。お~っ!ついに世界に羽ばたくハモニカ横丁。

店を出て、終バス待つバス停に向かううちにも、そこここで知り合いが飲んでるから怖い(笑)。皆終わりなき時を惜しむかのように…………。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
呑んだ翌日の通勤こそは、きちんと自転車に乗るようにしてる。サボるとナマるのは早いからね!

06120207  

 

 
 
で、井の頭公園に来ると露店が皆無!そうか!もう禁止期間に?
以前このブログでも触れた井の頭公園の露店(違法)であるが、来年から芸術性の認められる内容に限り、アートキャストとして登録のうえで活動を認可するという方向に決まった。雑誌にも紹介されているし、ある程度公園の風物として定着しているからであろうか、締め出しという事態にならずに済んだのだが、近隣住民の中には、違法状態の追認じゃないかという声もあり、さらには芸術性の区別や、無認可活動の取り締まりの可否など、未解決問題は多いようだ。

06120208  

 
 
 
 
とはいえ、禁止期間に入ったらあっさり皆居なくなっている。申し込みをして戻ってくるのかな?
ただ一つ、アートマーケッツ事務局らしいテントがあったので、アートキャスト申し込み説明書を頂いた。その時、すぐその場を離れたのでよくわからなかったが、どうやら計画の不備を指摘してるらしい男性がいた。たぶん本質に照らした、きちんとした意見を持たれているのだろう。だがたいがい、動き始めた計画の舵を変えるのは難しい。

想いはさまざま。
が、時間はヒトの想いに関わりなく刻まれていく。
石は転がり始めている。

|

« 下浦海岸釣行 | トップページ | il diavolo giallo »

コメント

こんにちは、はじめまして。『アートマーケッツ』で検索していたら、MASSIさんのブログにたどり着きました。
アートマーケッツは、今日から井の頭公園でスタートしてるはずです。
私もアートマーケッツについて自分のブログに書いていますので、よろしかったらご訪問ください。
いろいろと問題の多い企画です・・・。

投稿: 一寸法師 | 2007/01/13 11:03

一寸法師様、コメント有難うございました。
今朝知らずに公園を通ったら、始まってたので今日からだったと思い出しました。
11月以前に、どうせあれだけ長いこと黙認してたのだから、その間いろんな意見を吸い上げるなりしとけば闇討ち感も少なかったでしょうに。
いよいよ始まって膿も出るでしょうから、うまく軌道修正してもらいたいものです。

投稿: massi | 2007/01/14 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下浦海岸釣行 | トップページ | il diavolo giallo »