« 続・ il diavolo giallo | トップページ | AGIP燻製缶 »

2006/12/19

富浦よいとこ、よいひと

15日(金)は南房へひとっ走り出かけてきた。5月恒例のスコッチ研究会合宿に加え、ここ数年は12月の富浦参りも欠かせないものになった。

富浦に初めて行ったのは10年以上も前のこと。GWにボートでキスが狙えるということで富浦に注目し、当時の富浦町役場から取り寄せた観光案内マップで最も端っこにあった民宿に白羽の矢を立てた。
宿のおばちゃんは当時60ちょい、たくさんの常連客の世話をバリバリこなしていた。海女でもあり、磯物を取ってきては食べさせてくれた。

そしておじさんは船乗り・釣り好き・油絵好き・カメラ好き。泊り客をダシにしては沖釣りに出ていた。最初に泊まったときの帰り、おばちゃんが駅まで送ってくれたのだが、車中で「家庭を大事にして、道楽ばかりしてたらいかんよ!」となぜか僕らに力説した。おじさんの若きころのの道楽ぶりが偲ばれる(笑)。もっとも数年経つうちにそのセリフは僕に言わなくなってしまった。きっと僕が道楽者の類いだと見定めたからに違いない。

06121501   

 

 
 
内房を南下する観光客は館山を目指し、富浦はその通過点に過ぎない。おかげで宿の前の浜の静かなこと。まるで自分の庭のように過ごせる。釣りして、散歩して、ビール飲んで、夕陽見て・・・・。

すっかり気に入ってしまって宿とのお付き合いが10年近くなったころ、おじさんが長患いの病気でついに寝込んでしまった。バイクとばして見舞いに行き、3人でいろんな海の話をした。

その年の12月におじさんは亡くなってしまった。数ヶ月、頑として病院を拒んで家で痛みと闘ったおじさんをおばちゃんは仕事をなげうって世話した。前は道楽者に苦労させられたって悪口ばかり言ってたのにね。

それから毎年12月になると、民宿も廃業してしまったおばちゃんの元へ行くようになった。ちなみに5月は「客じゃなくて、遊びに来た孫」ということで、グッチ仲間数人と泊まりに行かせてもらっている。

-----------------------------------

06121506_1  

 

 
 
前日の夜更かしが災いして出発は10時前。でも首都高が意外や空いてて箱崎あたりもガンガンいける。ただ途中から小雨が降りだしたので、山間快走ルートは断念して館山道を南下した。

遊びに行くと、育てた野菜や漬物・海草などを大量に準備して待っててくれる。民宿はやめても世話好きなおばちゃんは、昔のお客にも野菜や磯ものを送ったりしているのだ。

06121502_106121503

 

 
 
 
 
磯の解禁を「磯の口があく」と言うらしいのだが、ちょうど口があいたばかりの青海苔を干し、焼き、手でもみ、湯煎した餅にたっぷりまぶして食べさせてくれた。温かい餅をいれると磯の香りがプ~~~~ンとたつ。ん、ん、ん、んまい!
だけどこれ、腰まで冬の海に浸かって採ってんだよね~。

いまは1匹の犬とたくさんの猫と暮らしている。おばちゃんの世話好きにつけ込んで子猫を置いていく人がいるらしい。路上で轢死してしまった小動物を見つけたら、後続車が文句言おうが渋滞しようがお構いなくその場にクルマを止めて遺体を回収すると前に聞いた。

クルマといえば、おばちゃんは頑固なまでのマニュアル派。先日免許書き換えの実車教習にて、「富浦のばあちゃんは運転が図々しすぎるくらいだなあ」と教官からお墨付き?を貰ったそうだ。
一度、裏道の案内に僕等バイクの先導をしてもらったのだが、小雨ふる半山道で国産高級車を軽ワンボックスであおっていた(笑)。凄すぎるよ。

0612150506121504

 

 
 
 
 
3時間ほどして腰をあげる。
この時がつらいんだ。寂しそうにするんだもん。独りに戻るんだからね。
外に出るとシートに猫が乗っかってる。「帰るな」っていうこと?
まバイク乗りの皆さんは猫のバイク好きはよくご存知でしょうけど。

帰り道、馴染みの魚屋で晩飯のネタを買って館山へ。
南房に来たら必ず会いにいく人が、館山水産高校の水族館にも一人いるのだけど、今回は不在だった。
その人の話はいずれまた。

野菜と魚をしこたま積んで重くなったバイクを走らせる。このまま鍋に飛び込めば海鮮鍋のできあがり。往復6時間、滞在3時間半、350kmほどのツーリングでした。

|

« 続・ il diavolo giallo | トップページ | AGIP燻製缶 »

コメント

毎度す 週末が忙しくて まったくバイクにのれましぇん。
ここがお話してた 元民宿のアジトすね
いつか ご一緒したいす
は~ 年賀状書かねば

投稿: minoguzzi | 2006/12/21 20:39

minoguzziさん、お晩です。
このアジトは民宿時代にカレンダー撮影で皆で泊まったこともあるんですよ!
そうですね、そんな時があったら楽しいすね!

僕も年賀状まだです(焦)

投稿: massi | 2006/12/21 21:45

毎度です。
今年も12月は行けずですんません。
でも5月は行きますよ。

富浦のオバちゃんの運転は、うまいです。70歳すぎには思えません。
バイクの先導してもらっても、よいペースで走行してくれるので、
遅く感じません。しかもライン取りはスムーズ。

投稿: サトマサ | 2006/12/23 15:06

サトマサさん、お晩です!
館山水産高の水族館行きましたが、Iさんはお休みでした。残念!

またプチツーリングの機会でもあれば・・・・。

投稿: massi | 2006/12/26 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・ il diavolo giallo | トップページ | AGIP燻製缶 »