« 武蔵野市立吉祥寺美術館 | トップページ | 立ちソバ列伝( 6)新宿/かめや »

2006/10/15

澱粉地獄、もとい!天国?

今日はモトグッチクラブのツーリングに行ってきた。行き先は伊那・奈良井。秋空が広がり、いいコンデイションである。高速道からは八ヶ岳がくっきりと見えていた。

06101501 

 
 
 
 
大阪からはminoguzziさんも参加。合流調整のために入った中央道原PAで、「ローメン入りおやき」を食べた。予想外にデカイおやきにソース味のローメンが入っていた。思えばこのおやきを皮切りに、次々とせまり来る澱粉食と闘う一日になろうとは、この時は知る由もなかった。

 06101503  06101504

 
 
 
 
 
諏訪から杖突峠を高遠へ。さらに裏道を走り伊那へ。伊那の西側の斜面にある「みはらしファーム」内の蕎麦屋に入った。初めて入る蕎麦屋で、きっと誰でもそうであろうが、ツルっと基本のもりそばで行くか、いやひょっとして汁物も旨いかも?という苦悩。
こういう時は止むを得ず両方注文する(笑)。でもほら、アナタもどうせもりそば大盛りだけじゃ足りないでしょう?「山菜そば」と「もり」を。

 06101505  06101506  

 
 
 
 
 
蕎麦屋の隣には何故かパン屋が・・・・。
僕は既に今日3澱粉摂取してしまったので自粛。そばが足りなかった面々がパンを購入・・・・そしたらパン屋のおばちゃんがサービスだと言いながら「クロワッサン」を僕らに配り始めた!
え~~っ。折角自粛したのに、と言いつつサクサク美味しいクロワッサンもいただいてしまった。

 06101507 06101508

 
 
 
 
「みはらしファーム」を出て、去年開通した権兵衛トンネルをくぐって奈良井宿に見学に行く。今も残る宿場町を散策したが、やがて時間を持て余し、「じゃあ座ろうか」とお茶屋に入った。
土地のものを何かと思うけど、昼食から1時間も経ってないので、軽そうな「そばがき」をチョイス。・・・・・と、待つうちに会話の中で「やっぱ五平餅でしょ」となり「五平餅」も追加注文。「そばがき」の予想外なボリュウムにはたじろいだけども、美味しく完食した。

06101509  
 

 
 
 
その後、塩尻から再び中央道に乗り、帰路につく。途中、大阪に帰るminoguzziさんと別れ、談合坂SAで解散する予定だったが、渋滞発生のため一つ手前の初狩PAで解散とした。
だが。初狩PA。ま、まずい。初狩に寄ったら食べなきゃならないものがあるのだ。それは「富士吉田うどん」前後のSAPAには無いメニューである。
こうなったら仕方が無い。帰宅後は澱粉を口にしないことを誓い、「富士吉田うどん」を食した。これで7澱粉。やった!ラッキーセブンだ!みごとに有終の美を飾るに至ったわけである。
以上は10時から18時までのできごと。

06101510  

 
 
 
 
最後に。奈良井宿で散策中、土産物屋でそばの実の袋が目についた。聞けば炊いたり、雑炊にしたりしやすく皮もむき加工しているのだという。そして「お酒の好きな方は、これを炒ってそば味噌を作るんですよ~」と聞き捨てならないことをおばちゃんが言った。
ぬぬぬ。捨て置けぬ。そういえば先日とある酒屋で、酒瓶を抱いて寝るほど酒好きな飲み友とビンテージ日本酒を仕入れたばかり。ビンテージと言っても1998だ。熟成で色が付き、18度まで上がってる。最古で1989まであったので順に試そうと思っている。この酒にそば味噌、いいじゃん!
購入後、食いしんぼサ○マ○さんが「リゾットにもいいですね」と、これまた気になることを言った。それも試さなきゃ!

|

« 武蔵野市立吉祥寺美術館 | トップページ | 立ちソバ列伝( 6)新宿/かめや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵野市立吉祥寺美術館 | トップページ | 立ちソバ列伝( 6)新宿/かめや »