« ワイン・パーテイ | トップページ | 立ちソバ列伝(7)明大前/高幡そば »

2006/10/23

そば味噌

今日は「雨は降らないでしょう」って予報だったのに、17時ころから小雨が・・・。そんなんで、ピスト車に久々にリアフェンダーを装着しての帰路となった。そして、濡れた吉祥寺を恐る恐る、西京味噌を探しての走りだった。・・・・・なぜなら。

先日のツーリングで、「炊いてよし、炒ってよし、そば味噌にしたら酒のつまみに最高」と、木曽路奈良井宿のおばちゃんにそそのかされて仕入れた蕎麦の実で、そば味噌を作ってみた。用意したのは、
蕎麦の実
西京味噌(ゆず風味)
マルコメ(だし入り京懐石)
長ネギ
みょうが
削り節

**蕎麦は茶色くなるまでフライパンで炒る。
**味噌はゆずを加える手間が省けるので、ゆず風味を買った。ただし、ゆずが強く感じたのと、甘めの西京味噌の味を調整したくて、家にあったマルコメを3:1くらいでブレンドした。次回は6:4でも良さそう。
**刻んだネギ・みょうが・少々の削り節を合わせ味噌に加える。レシピによればネギは水にさらせとあったが、地元直売所の細ネギは甘く、その必要は無い。ホントはさらに大葉が欲しかった。
**冷めた蕎麦の実を適量加え、木製(か竹製)のしゃもじに塗り、焼く。

06102201  

 
 
 
 
いや、これはなかなか旨い!酒にバッチリ、ご飯にも合う。
炒っただけの蕎麦の実も香ばしく、いい。塩&山椒をまぶしても面白そう、砂糖&キナコをまぶしたら菓子になるか?

ただちょっと、蕎麦味噌を焼くのに落とさないようするのが難しく、家庭用ガス台ではじっくり焼けなかった。しゃもじ側まで火が通らず実がごりごりする。

で、アルミホイルに薄く敷いて、オーブントースターで上下から焼いてみた。結果は上々!味噌の水分がプクプク蒸発しながら実を蒸したのか、実の食感がごりごりからほこほこに変化した。全体に火が通り、一段と香ばしい。一般家庭の設備でやるなら、雰囲気をスポイルしてでも、アルミホイル&オーブントースターをお勧めする。

06102202_1  

 

 
 
いや~、いろんな人の話を聞いて、旨いもんに出会うのは嬉しい。
最終的に旨い酒が飲めて、旨いメシが食えるのだからやめられまへんなあ。

ところで今日の酒は、長岡の住乃井酒造の純米吟醸・熟成1998年もの「古韻」18度。ほんのり黄色く色づいた液体には、日本酒本来の香りの他に、異種の風味がある。
「う~ん、どっかで覚えがあるんだけどなあ」
そうだ!中国酒だ。紹興酒ほど濃厚な香りではないけど、茅台酒(マオタイ)、あれに似た香りが鼻を抜けてくる。マオタイはスコッチ研究会米沢合宿で、サ○マ○さんにさんざ飲まされてるので、比較的覚えているつもりだ。面白いなあ。米と麦の違いがあるのに。
ただ、開栓直後は尖った感じだった。飲んでるうちにわかんなくなっちゃったけど(笑)。若いからなのか?そうなると最古酒を試してみたくなる。たしか店にあったのは1989だった。はあ~~。

|

« ワイン・パーテイ | トップページ | 立ちソバ列伝(7)明大前/高幡そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイン・パーテイ | トップページ | 立ちソバ列伝(7)明大前/高幡そば »