« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/10/23

そば味噌

今日は「雨は降らないでしょう」って予報だったのに、17時ころから小雨が・・・。そんなんで、ピスト車に久々にリアフェンダーを装着しての帰路となった。そして、濡れた吉祥寺を恐る恐る、西京味噌を探しての走りだった。・・・・・なぜなら。

先日のツーリングで、「炊いてよし、炒ってよし、そば味噌にしたら酒のつまみに最高」と、木曽路奈良井宿のおばちゃんにそそのかされて仕入れた蕎麦の実で、そば味噌を作ってみた。用意したのは、
蕎麦の実
西京味噌(ゆず風味)
マルコメ(だし入り京懐石)
長ネギ
みょうが
削り節

**蕎麦は茶色くなるまでフライパンで炒る。
**味噌はゆずを加える手間が省けるので、ゆず風味を買った。ただし、ゆずが強く感じたのと、甘めの西京味噌の味を調整したくて、家にあったマルコメを3:1くらいでブレンドした。次回は6:4でも良さそう。
**刻んだネギ・みょうが・少々の削り節を合わせ味噌に加える。レシピによればネギは水にさらせとあったが、地元直売所の細ネギは甘く、その必要は無い。ホントはさらに大葉が欲しかった。
**冷めた蕎麦の実を適量加え、木製(か竹製)のしゃもじに塗り、焼く。

06102201  

 
 
 
 
いや、これはなかなか旨い!酒にバッチリ、ご飯にも合う。
炒っただけの蕎麦の実も香ばしく、いい。塩&山椒をまぶしても面白そう、砂糖&キナコをまぶしたら菓子になるか?

ただちょっと、蕎麦味噌を焼くのに落とさないようするのが難しく、家庭用ガス台ではじっくり焼けなかった。しゃもじ側まで火が通らず実がごりごりする。

で、アルミホイルに薄く敷いて、オーブントースターで上下から焼いてみた。結果は上々!味噌の水分がプクプク蒸発しながら実を蒸したのか、実の食感がごりごりからほこほこに変化した。全体に火が通り、一段と香ばしい。一般家庭の設備でやるなら、雰囲気をスポイルしてでも、アルミホイル&オーブントースターをお勧めする。

06102202_1  

 

 
 
いや~、いろんな人の話を聞いて、旨いもんに出会うのは嬉しい。
最終的に旨い酒が飲めて、旨いメシが食えるのだからやめられまへんなあ。

ところで今日の酒は、長岡の住乃井酒造の純米吟醸・熟成1998年もの「古韻」18度。ほんのり黄色く色づいた液体には、日本酒本来の香りの他に、異種の風味がある。
「う~ん、どっかで覚えがあるんだけどなあ」
そうだ!中国酒だ。紹興酒ほど濃厚な香りではないけど、茅台酒(マオタイ)、あれに似た香りが鼻を抜けてくる。マオタイはスコッチ研究会米沢合宿で、サ○マ○さんにさんざ飲まされてるので、比較的覚えているつもりだ。面白いなあ。米と麦の違いがあるのに。
ただ、開栓直後は尖った感じだった。飲んでるうちにわかんなくなっちゃったけど(笑)。若いからなのか?そうなると最古酒を試してみたくなる。たしか店にあったのは1989だった。はあ~~。

| | コメント (0)

2006/10/15

澱粉地獄、もとい!天国?

今日はモトグッチクラブのツーリングに行ってきた。行き先は伊那・奈良井。秋空が広がり、いいコンデイションである。高速道からは八ヶ岳がくっきりと見えていた。

06101501 

 
 
 
 
大阪からはminoguzziさんも参加。合流調整のために入った中央道原PAで、「ローメン入りおやき」を食べた。予想外にデカイおやきにソース味のローメンが入っていた。思えばこのおやきを皮切りに、次々とせまり来る澱粉食と闘う一日になろうとは、この時は知る由もなかった。

 06101503  06101504

 
 
 
 
 
諏訪から杖突峠を高遠へ。さらに裏道を走り伊那へ。伊那の西側の斜面にある「みはらしファーム」内の蕎麦屋に入った。初めて入る蕎麦屋で、きっと誰でもそうであろうが、ツルっと基本のもりそばで行くか、いやひょっとして汁物も旨いかも?という苦悩。
こういう時は止むを得ず両方注文する(笑)。でもほら、アナタもどうせもりそば大盛りだけじゃ足りないでしょう?「山菜そば」と「もり」を。

 06101505  06101506  

 
 
 
 
 
蕎麦屋の隣には何故かパン屋が・・・・。
僕は既に今日3澱粉摂取してしまったので自粛。そばが足りなかった面々がパンを購入・・・・そしたらパン屋のおばちゃんがサービスだと言いながら「クロワッサン」を僕らに配り始めた!
え~~っ。折角自粛したのに、と言いつつサクサク美味しいクロワッサンもいただいてしまった。

 06101507 06101508

 
 
 
 
「みはらしファーム」を出て、去年開通した権兵衛トンネルをくぐって奈良井宿に見学に行く。今も残る宿場町を散策したが、やがて時間を持て余し、「じゃあ座ろうか」とお茶屋に入った。
土地のものを何かと思うけど、昼食から1時間も経ってないので、軽そうな「そばがき」をチョイス。・・・・・と、待つうちに会話の中で「やっぱ五平餅でしょ」となり「五平餅」も追加注文。「そばがき」の予想外なボリュウムにはたじろいだけども、美味しく完食した。

06101509  
 

 
 
 
その後、塩尻から再び中央道に乗り、帰路につく。途中、大阪に帰るminoguzziさんと別れ、談合坂SAで解散する予定だったが、渋滞発生のため一つ手前の初狩PAで解散とした。
だが。初狩PA。ま、まずい。初狩に寄ったら食べなきゃならないものがあるのだ。それは「富士吉田うどん」前後のSAPAには無いメニューである。
こうなったら仕方が無い。帰宅後は澱粉を口にしないことを誓い、「富士吉田うどん」を食した。これで7澱粉。やった!ラッキーセブンだ!みごとに有終の美を飾るに至ったわけである。
以上は10時から18時までのできごと。

06101510  

 
 
 
 
最後に。奈良井宿で散策中、土産物屋でそばの実の袋が目についた。聞けば炊いたり、雑炊にしたりしやすく皮もむき加工しているのだという。そして「お酒の好きな方は、これを炒ってそば味噌を作るんですよ~」と聞き捨てならないことをおばちゃんが言った。
ぬぬぬ。捨て置けぬ。そういえば先日とある酒屋で、酒瓶を抱いて寝るほど酒好きな飲み友とビンテージ日本酒を仕入れたばかり。ビンテージと言っても1998だ。熟成で色が付き、18度まで上がってる。最古で1989まであったので順に試そうと思っている。この酒にそば味噌、いいじゃん!
購入後、食いしんぼサ○マ○さんが「リゾットにもいいですね」と、これまた気になることを言った。それも試さなきゃ!

| | コメント (0)

2006/10/10

自転車乗りの聖地、ギザッロへ

MOTO GUZZIのイベントも終わり、レッコを離れようという月曜日。ミラノに帰ってしまう前に行かねばならないとこがある。
それは二股のコモ湖とレッコ湖に挟まれた岬部分の高地、ギザッロ峠にある聖母マリアに捧げられた礼拝堂だ。マドンナ・デル・ギザッロとして世に名高い、自転車の聖地。

 06100901    06100902   

 

 

 
当日朝は雲が多く、下界からの視界は悪かった。ので5年前のバイクツーリングでの写真を使うが、レッコ湖の左岸、あの岩隗の向こうにギザッロはある。湖岸からじかに登ればどれほどの標高差があるのか、山の形からわかってもらえると思う。
礼拝堂はまさに峠の頂点に位置している。横の坂道は自転車レース・オートバイレースの激闘の舞台になってきたそうだ。

 06100903 06100904

 

 

 
礼拝堂横の勝者と敗者の像。敗者無くして勝者は存在し得ない。
礼拝堂に入るとマドンナの脇にパンターニの写真が・・・・・。これは5年前には無かった。2004年2月に去ったイタリアのヒーロー。

 06100905 06100906

 

 

 
近隣に住む信者のマリオ氏に電話して、礼拝堂まで来てもらった。自転車で来るのかとおもったらクルマだったけど(笑)。奥の鉄扉をあけて招き入れてくれた。分厚いノートに記帳し、奥の部屋でお守りなどを見せてもらう。
絵葉書はジーノ・バルターリとファウスト・コッピのもの。あとから気づいたのだがバルターリの葉書にあるサインはナ・ナント肉筆であった!彼が亡くなったのは2000年、まとめてサインしてもらっていたのだろうか?
それとお札に、自転車のフレームに付けるお守り。マドンナが君を守っている、と刻印されている。

 06100907 06100908

 

 

 
コッピにバルターリの自転車。コッピのは49年ツール、バルターリのは48年ツールのもの。モーゼルの有名なタイムトライアル車もチラ見え。こんな感じで往年の名選手の自転車や優勝時のジャージなどが所狭しと飾られている。自宅に飾っておくよりもここに献じて飾られるほうが名誉なのだろう。

 06100909 06100910

 

 

 
外には二人のライヴァルの像が並んでいる。ちなみにマリオ氏に記念写真をお願いした際、彼は「外のバルターリの前で撮るか?」と言った。バルターリのファンだったのだろう。両雄が戦っていたころはマリオ氏も沿道で手を振る小さい子供だったのだろうか?
5年前、何をしているのやら、工事中だった場所は自転車博物館だった。建物は完成していたのだけど、展示物は皆無。まだオープンしてなかったのだろうか?後ろ髪を引かれつつギザッロを後にしたのであった。

06100911

 

 

 
ちなみにイタリアの列車には自転車専用車輌がある。だから例えば、ミラノの家からサイクルウェアで中央駅に走り、そのままホームに入り、自転車はフックにかけてレッコまで電車で行き。そこからギザッロまで走る。なあんてことができるのだ。輪行バッグなんて要らないし、サイクルウェアで駅にいたって変な目で見られない。いいなあ!

| | コメント (2)

2006/10/07

イタリア、食い倒れ、飲み倒れ

帰国以来、謎のノド痛や果てぬ時差ボケに悩まされてきたけど、ようやく回復。自転車通勤も1ヶ月以上途切れているので、腹と尻の丸みが気になる今日この頃・・・・・。

丸みの一因となったイタリアでの飲み喰いの一部をアップします。今回は健啖家サ○マ○氏という相棒を得て、貪欲に摂取を繰り返す日々だったのだ!

 C01_1 C02_2

 

 

 
まずは北部での肉。アンテイパストのブレサオラ。これは牛の生ハム。たいてい塩っぱいので敬遠してきたが今回は当たり!隣は自家製ソーセージ。塩がよく効いていて脂が少なく、まさに保存用のクオリテイ、ギュッと詰まってて美味しかった。

 C03_2  C04_3 

 

 

 

手前、腎臓の○○風(不明)と奥は肝臓のヴェネツイア風。サ○マ○氏と一緒だと「内臓を見たらすべからく喰うべし」となる。脱帽である。おかげで引きずられて様々な経験ができる。東京に戻ってイタメシ屋のスタッフに聞いたら、腎臓は匂いをあまり消さずに食すファンが多いとのこと。この料理はほどよく脱臭できていた。
隣は豚とキノコのニンニクパセリ炒め。いたって平和である。

 P01_1   P02_1 P03_1

 

 

 

中部アドリア海側では魚づくしだった。4人前で上図のようなアンテイパストが6~7皿は並ぶ。そしてもちろんプリモもセコンドも・・・・。この店は漁師兄弟が営んでいるので、本当に新鮮、調理はシンプルで美味かった。白魚やシャコは考えを改めさせられる美味さ。残念ながら画像に無いオリーブの料理も真似してみたい。

 P04_1 P05_1

 

 

 

上の店で他のお客が全員牛乳を飲んでいると思っていたら、ドルチェだった。飲むレモンシャーベット。ちなみに昼にはパニーニで済ますこともあった。バカにできない美味さで、ワインも進む。

 B02_1 B03_1

 

 

 

バール通いも実に楽しい。朝食前に必ず近くのバールに行った。しかも5m四方なんて小さいとこがいい。客はワンブロック分と言えるくらいの狭い地域の固定客。だから知らない人間は目立つけど、迷わずアイサツしてきっかけがあれば話も弾む。
夜も必ずサ○マ○氏とバールに出かけた。ワンドリンク300円で切り上げられるのは吉祥寺の立ち飲みカフェに通じるね。右のバリスタには知らぬ酒を教わった。
あとカウンターに盛り上がる砂糖に注目!砂糖はダバダバと入れるべし!

X01  

 

 

ミラノ最終日の昼食、何故だか僕に白ワインを飲ませた店主。MOTO GUZZI 乗りだと言うと、中庭へ連れていかれて「どうだ」といわんばかりに見せられたのが、このガレット。だけどボロボロじゃん!

(MOTO GUZZI 関係については別の、さらにオープンな場にアップしています。URLは記しませんが探せばすぐに見つかります。)

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »