« 立ちソバの続きと、新宿末廣亭 | トップページ | スモーク・シンドローム( 8) »

2006/10/30

立ちソバ列伝(10)立川/奥多摩そば

Oku00  

 
 
 
 
ただいま所用で立川へやってきた。用が済み、さて帰らんと駅に来たら中央線が止まっている。なんでも中野あたりで線路に異常があるらしい。

やれやれ。
だが立ちソバファンはこんな時いささかも慌てない。黙って青梅線のホームに降りていくだけさ(笑)。

061030_104920_ed_m_1  
 
 
 
 
 
立川に来たら「奥多摩そば」。奥多摩そばと言えば、おでんそばである。

煮込まれた分厚く大きなおでん。

近年立ちそばの汁はどこも洗練されて、真っ黒で辛いばかりという昔のイメージとは違う。
そんな中でもここの汁は一段とすっきりしてる。味わい濃くすっきり。なんだかおでんの煮汁みたい(笑)

出先なので確認できないけど。たしか奥多摩そばは地元料亭?が始めたような話を読んだ。
すっきり美味しい汁は、料亭の技なのだろうか?

Oku01  

 
 
 
 
今も経営母体は変わらないのかな?見れば麺箱には某大手チェーンの名が入っている。(もう既に??)
JRあちこちの駅で、駅改築などを機に古くからの立ちソバ店が消え、かわりにチェーン店が入る。
店と味の均一化。地元色が消え、風情が消え、あ〜つまんない。

|

« 立ちソバの続きと、新宿末廣亭 | トップページ | スモーク・シンドローム( 8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ちソバの続きと、新宿末廣亭 | トップページ | スモーク・シンドローム( 8) »