« 立ちソバ列伝(1)渋谷/二葉 | トップページ | 落とされた魔人の想い »

2006/08/06

小武川キャンプ

暑いですね!ついに来たかという暑さです。

06080501 06080502

 

 

 

涼を求めて4日金曜、カリフォルニアを停めたのは、まずは中央道長坂IC近くの蕎麦屋「月舎」。八ヶ岳の山裾。木立ちに囲まれていい気持ち。せいろ2枚をつるつるっと。蕎麦湯がまた濃くて旨い。
食後はすぐ近くの三分一湧水へ(なんて読むのだろう?)。なかなかの湧水量。キリキリと冷たい水をガブガブ飲んでタンクにも給水完了!

0608050306080504

 

 

 

山裾を駆け下り国道20号に出て、道の駅白州で地元素材の食料を物色し、すぐそばのシャルマンワインの工場へ!ほんとはサントリーの白州工場も寄りたいとこだけど、いつの日かスコッチ研究会の仲間と来るまで我慢我慢。
そこはブドウ畑に囲まれた小さなワイナリー。自由に見学できる地下蔵を見て、ショップでハーフボトルをゲット。ワイナリーの前の道をそのまま山の方へ走る。

06080505 06080506

 

 

 

精進ケ滝林道は峠部分のみ少しダート。視野が拓けていい感じ。小武川へ降る御座石林道はロードバイクはちょっと注意。さらにフラットで走り易い小武川林道を登りつめると行き止まりが青木鉱泉。鳳凰三山への登山基地でもあるこの宿がキャンプ場を併設している。僕は薬師岳登山道のきわにあるサイトにテント設営。ここだけ拓けていて川にも降りられたからだ。そのかわり人が通るたびに「こんにちわ」「おはようござい」などとやたら挨拶するはめになる。

06080507 06080508

 

 

 

3時に着き、4時半ころからとりあえず酒を飲む。トマトとワインは川で冷やすという定番方式。流してしまうというベタなオチはつかない。シャルマンルージュは軽く爽やかな赤で冷やして旨かった。白州産というソーセージ&いんげん炒めにバッチリ合う。ちなみに焚き木は枝打ちした枝がやたら落ちている。

0608050906080510_1

 

 

 

しいたけもあるぞ。吉祥寺のよく行くお店のピンチョス(スペイン風串焼き)をイメージして焼いてみるものの、傘だけ真っ黒に焼けて半生・・・・う~ん、修行が足りない。
道の駅の隣にあるスーパーで、「こてっちゃん」かと思って手にとったら「こけっちゃん」だった。オイオイ。飯田の会社が作っている鶏の味噌漬けみたいなもの。これは暗くなってからご飯と一緒に。

06080511

 

 

 

夜が明け、6時起床。朝食はキャンプ定番のカレーライスと、忘れちゃいけないエスプレッソ。ただし夕べ酒を飲みながらすることも無く、焚き木を全て燃やしてしまったので、朝から焚き木集めだ。
昨日到着時はかなり人がいたが、多くは日帰り登山組か。青木鉱泉に泊まったであろう人もこの時間は山に行ってしまったか、僕の他に唯一いたキャンプ客も登山の為かもういない。だから大男がナタを持ってウロウロしていても問題なし。

0608051206080513

 

 

 

9時半に全てを終えて出発。そのころ山の上から陽が差して暑くなる。橋の上から撮ったショットは、たぶん右端のピークが薬師岳。たぶんね。
宿のHPによると、途中から鳥居峠方面に抜ける舗装路もできたそうだが、どうせだから再び小武川林道へ降る。国道20号のちょい手前まで続くダートはカリフォルニアでも走り易い。といっても30km/hとかのレベルだけど。
鳳凰三山に抱かれし一夜・・・さあ次はいつ行こう。

06080514_1

 

 

 

この二日間、時を同じくして大阪のminoguzziさんという方が京都の親分という方と伊勢方面を走っていました。このminoguzziさんのブログにリンク張らせていただきました。画像を見ると悪そうな・・・じゃない、強そうな方。実際パワフルにあちこち飛び回ってます。
一度覗いてみてください。

|

« 立ちソバ列伝(1)渋谷/二葉 | トップページ | 落とされた魔人の想い »

コメント

まいど マッシーさん 
ひとりでキャンプツーリングとはしぶい。
しかし 前から気になってましたが
そばというか麺類が大好き
年間300以上は軽くやってますね。
そのうち 麺類ベストシリーズなんて
おねがいしますだ

投稿: minoguzzi | 2006/08/06 10:36

minoguzziさん、どもです。
人類は麺類!ですよね。私は予算の関係もあって(笑)立ちソバがメインフィールドですが。それでも甲乙つけがたし。
そういえば東名阪自動車道下りの御在所SAで食べた伊勢うどんは心に残ってます。濃厚甘辛みたらし団子味でした。

投稿: massi | 2006/08/06 22:42

マッシーさん、こんにちは。

初対面だった平湯CPではインテリジェンスな感じをうけたんですが、焚き木を拾い集めて煮炊きするとは相当なワイルド一面もああったんですね!

また呑りましょう。
次回こそは自慢のエスプレッソご馳走してくださいね。

投稿: 富山の兄弟 | 2006/08/08 21:42

富兄さん!
どうもです~!その節は有難うございました。
エスプはすんませんでした。ストーブのガソリンがからになったので仕舞っちゃいました。次は是非。またお会いしたいですね!

投稿: massi | 2006/08/09 00:58

massiさん>ザ男って感じですね。
平湯ですか良い温泉だったような記憶が。。。
ではまたどこかであいましょう。

投稿: 廃車男 | 2006/08/11 11:48

廃車男さん、どもです。
廃車は無事済みましたか?僕の休みの日にお付き合いしましょうか?
生ビールX2でいいですよん!

投稿: massi | 2006/08/12 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186251/11388235

この記事へのトラックバック一覧です: 小武川キャンプ:

« 立ちソバ列伝(1)渋谷/二葉 | トップページ | 落とされた魔人の想い »